「てめぇこのヤロー、バカヤロー」アウトレイジ cocoまるさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「アウトレイジ」 > レビュー > cocoまるさんのレビュー
メニュー

アウトレイジ

劇場公開日 2010年6月12日
全110件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

てめぇこのヤロー、バカヤロー

文章にするとギャグにしか見えないけど迫力満載。

最終章の大杉漣さんを観たくて1から観始めたアウトレイジ。
任侠映画にはまったく興味がなく1度も観たことがなかったくせにこれはハマってしまった。
1からビヨンドを観てまた1を見直しました。

全員悪人。。
悪人だけどどこか愛着の湧くキャラ達ばかり故に残虐な殺し方をされると胸が痛む。
ただ拳銃で打たれるのと残虐な殺し方をされる違いは一体なんだったのか。
にしても水野の殺され方は衝撃だった..

大友さんは非道かつ残虐性が酷いけどヤクザそのもののイメージで人情は人一倍あり応援したくなるキャラ

cocoまる
さん / 2018年6月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi