「映画館にて観賞」アウトレイジ shallowwhiteさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「アウトレイジ」 > レビュー > shallowwhiteさんのレビュー
メニュー

アウトレイジ

劇場公開日 2010年6月12日
全114件中、19件目を表示
  •  
映画レビューを書く

映画館にて観賞

ひたすら屍を重ねていく愚劣な争いを、北野武自身の極道愛を抑えた一歩突き放した目線で描いている。

娯楽作としての面白さは満載。これだけの恫喝、罵詈雑言、理不尽、死屍累々となると否が応でも画面に支配されてしまう。
台詞もヴァイオレンスも、此処ぞというところでパンチが効いている。
小日向文世の表裏定かならぬ鵺振りも中々深い。

アフリカの小国絡みのエピソードは流石に馬鹿馬鹿しいし、北村総一朗扮する会長が何故部下同士を争わせたか意味が分からない(組織の弱体化しか招いていない)など作りは雑だが。

それにしても、北野武のヒエラルキー愛が滲み出ている。凄まじく豪華な縦関係。

shallowwhite
さん / 2017年10月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報