「史実を理解して、の作品でした。」桜田門外ノ変 とくさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

桜田門外ノ変

劇場公開日 2010年10月16日
全26件中、24件目を表示
  •  
映画レビューを書く

史実を理解して、の作品でした。

試写会にて

国営放送の『天障院篤姫』で、
幕末に興味を持った自分です。
その時の印象で『桜田門外ノ変』を覚えていたため、
歴史ほぼ無知状態で、
この作品を観た事を、少し後悔しました。

それゆえか、主点の出来事よりも
関(大沢たかお)の愛人「いの」(中村ゆり)の最期と、
関の家族の長谷川京子と加藤清史郎事が印象に残ってしまいました。
しかし、清史郎くんの存在や涙は無敵です。
ほんの少しなのに、グッと来ました。

関鉄之介が逃亡中に「いつまで逃げ回らなくてはいけないのか」
という言葉が、とても悲しく聞こえました。

ちょっと観てみようか?
なんて気軽な作品ではありません。
自分の無知という点から、良し悪しは判定出来ず。

とく
さん / 2010年10月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報