息もできないのレビュー・感想・評価

メニュー

息もできない

劇場公開日 2010年3月20日
52件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

韓流で一番好き!

巨額をかけたワケでもなく、隣国との休戦状況を扱ってるワケでもない。

でも面白い!、泣ける!!

邦画界の敗北だよ、完全に。

ヒロ
ヒロさん / 2019年4月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

重苦しい家族関係が運命的に繋がっていく。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 サンフンの父親は殺人罪で出所したばかり。妹を包丁で刺してしまい、母親は家を飛び出し車にはねられて死んだようだ。異母姉と甥ヒョンインとは口は悪いが仲良くしている。とにかくすぐに殴る蹴るの暴力男で口も汚いサンフンではあったが、道端で唾を吐いたところ、唾が女子高生ハン・ヨニ(キム・コッピ)のネクタイにかかってしまう。口喧嘩が始まるが、鬱陶しく感じたサンフンが思わず彼女を殴ってしまうという、最悪の出会い。「このチンピラ訴えてやる」とか「高校生は勉強してろ」とかで罵り合う2人だったが、何故だか仲良くなっていく。

 ヨニの家では、ベトナム帰りの父親が精神を病んでいて、母親が亡くなってからは世話をするのも大変な状況。弟のヨンジェは遊んでばかりで金遣いが激しい。そんなヨンジェが友人を介して取り立て屋の仕事をするようになるのだ。サンフンにはその関係すらわからず、手下として働かせるようになる。この時点で、この2人が終盤の展開に大きく絡んでくることは予想がつくのだ。

 新人の弟分でさえ、平気で殴るサンフン。これに我慢が出来なくなったヨンジェが金槌で彼をめった打ちにして殺してしまうのだ。終盤の怒涛の展開。甥のヒョンインの学芸会のために社長のマンシクとヨニを友達として引き合わせ、そしてヤクザな商売から足を洗おうと決心した直後の出来事だったのだ。

 明らかに低予算の映画ではあるが、親子の血は切ることができないやるせなさを見事に表現した作品。

kossykossy
kossykossyさん / 2019年2月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クソ野郎×クソ野郎=ヤクザと女子高生

あのツバの掛け合いが、二人にとって運命の出会いだったとは…。
世間は狭くて、実に切ない…。

この映画に出てくる人はみんな悲しい境遇の人たち。
今ある現状の中でしか生きられない不幸な人生を歩み、そのイライラを身近な家族にぶつけている。
当てつけられる人間はひたすら苦しくなるばかり。
不幸の無限ループに陥ってしまったら、簡単には抜けだせなくなってしまうのでしょう。

誰を攻めて良いのか、どうしたら自分の気持ちが収まるのか、解決できないモヤモヤした思いが、とぐろを巻いて自分を責めてくるのがもどかしい。

高校生の女の子とヤクザの叔父さん。
普通に生活していれば、けっして知り合うことなどなかった二人が出会ってしまったのも、育ってきた環境が似ていたからなのかもしれませんね。
偶然という名の必然がもしあるのだとしたら、この映画がまさにそんな感じだと思いました。

普通に生活できることって、すごく恵まれているのかも…。

それにしても、シバヤマって何回聞いたことか…。
クソ野郎、クソ野郎、クソ野郎。
まさか、こんな汚いハングル語を覚える事になるとは、皮肉ですね(笑)

ガーコ
ガーコさん / 2018年10月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生理的に受け付けない作品

酒たばこポイ捨て暴力DV唾未成年、殺人傷害自殺未遂、言葉づかい、金、キレる演出演技等々、どんなにハートフルでお涙ちょうだい的なお話でも、生理的に受け付けない先品。
暴力の連鎖の表現には納得できないし、暴力殺人殺人未遂がたくさん起こっている中、警察沙汰という要素は無視している、全くリアリティを感じない。どんなに自分が韓国に疎くても、こんな酷い話が韓国社会の裏側などとは思えなかったし、思いたくもなかった。
最後まで悲惨すぎて、個人的にはいやーな作品。でも、泣いたし、最後まで凝視していた。でも、見て良かったとは思わない?

SH
SHさん / 2018年10月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

暴力の無限ループ、切ない。

韓国の映画を見るのは実はこれが初めて。

隣国なのに韓国の文化についてあまり明るくない私の解釈がどこまで正しいのかは不明だが、登場人物たちの心の闇、その中でもがき苦しんで生きている主人公やヒロインの行き場のない感情に、切なさを感じた。

その感情の激しい描写が痛いほど伝わり、本当に息もできないような映画だった。

きゃな
きゃなさん / 2018年8月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

逃れられない現実

狂気に満ち溢れた粗野で暴れん坊なサンフンよりも女子高生のヨニの方が逞しく強く人生を歩んでいる。

膝枕をされて泣きじゃくるサンフンを包み込む優しさで寄り添うヨニが泣くのを我慢しながら泣いている。

お互いの過去を打ち明けている訳ではないのに理解しているような同じ時間を共有する二人。

複雑に絡み合う人間関係にそれぞれの思いが交わり合いそうで脱線してしまう不器用な生き方。

二人のキャスト陣以外も絶妙なバランスで無駄が一切感じられないし主要人物それぞれに感情移入できる人物描写が素晴らしい。

サンフンの最後は悲しいが彼の周りは順調に動き始めてハッピーエンドかと思いきやヨニの厳しい現実は変わらずエンディングロールが流れても観ている側は息もできない余韻が残る。

万年 東一
万年 東一さん / 2018年6月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

切ない

現実がツラくて生きている価値も見出だせず暴力に走る。けど不器用で誰かに頼りたいけどそれがうまく出来ない。そんな二人が徐々に引かれあって大切な存在や許す心をもち、やっと幸せになれるかと思ったのに…

まこと
まことさん / 2018年5月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

役者の壮絶な演技。目力の強さ。

役者の壮絶な演技。目力の強さ。

jyouehara
jyoueharaさん / 2017年11月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

胸が痛くなる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

見ていて心臓が痛くなる映画でした。

こねこ
こねこさん / 2017年10月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

命ある限り生きるしかない。

家族への憤りを感じながら生きるサンフンとヨニ。自分たちの手で決められない運命のコマは思いもよらない方向に歩みを進めていく。

お互いにいい方向の影響を与え合える訳ではないけれど、なんでか惹かれ合う感じ。すごく人間臭い作品でした。
手で覆って目を瞑りたくなるシーンもあるし、ホッとできて、たまにニヤッとしてしまうセリフもある。
こんなに幸の得られない作品、なんで観てしまったんだろう。だけど、きっと必要としてしまう時が来る気がする。そんな韓国映画でした。

ゆき
ゆきさん / 2017年10月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心えぐられる

映画のディテールが素晴らしいとか挙げればキリがないのだけれど、アレコレ言う前に映画自体に引きずり込まれる映画はそうそう有るもんじゃないけどこの映画は正にその一本

ʍʀₛₕₐₘₑₗₑₛₛ
ʍʀₛₕₐₘₑₗₑₛₛさん / 2016年9月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

切なくて反吐が出る ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

サンフン役があまりにもハマってる。他の役者もピッタリだと思う。

最初から最後まで陰鬱だし主人公のサンフンの生き様には決して共感も出来ないのだが何故か涙が出てくる。

たぶん僕にとって今まで観てきた映画の中で三本の指に入るであろう名シーンは、河原での膝枕のシーン。
サンフンの泣き方、泣き声、その後、一緒に泣くシーンは胸を打たれた。

とにかく韓国映画はどうしても日本映画と比べてしまうのだが、ラスト付近のサンフンがハンマーでボコボコにされた後のアップのカットはそのリアリティも相まって日本の映画では絶対に観られないカットだろうと思った。

いやはや深いため息の出る映画でした。

amott
amottさん / 2016年9月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

すごい! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

すごい引き込まれる、素晴らしい作品。設定や雰囲気がとても好き。今のところ韓国映画No.1。

ラストの、主人公がいない楽しそうな焼肉の場面は切ない。

ローランド山
ローランド山さん / 2016年5月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動した

心に大きな傷をおった2人は徐々に惹かれていく。

結構暴力場面があって目を伏せたくなるんだけど

最後は必ず号泣でした~!

感動する映画の一本です!

mami
mamiさん / 2016年4月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

しばらまー

主人公の不器用な生き方がとても切なく、感動した。主人公と子分でもある彼女の弟がお互いに彼女との関係を知らないのが切ないストーリー。結構暴力描写と暴言が多いのは仕方無いね。

マサル
マサルさん / 2015年12月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

容赦ない負の連鎖

韓国ノワールのレベルの高さに改めて感服です。

主人公の底知れぬ魅力に完全に持ってかれました。一つ一つのシーンで心から震えたり嬉しかったり悲しかったり。

2度と観たくない作品ですが忘れられない一本になりそうです。

アリンコ
アリンコさん / 2015年12月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

息もできない、本当に。

家族に悩まされる二人の男女
特に男の方は暴力でしか自分を示せないような男
ふたりは家族じゃなく他人同士だから
ああやって寄り添えたのだと思う

最後のハンマーでの暴力シーンは
本当に息もできないほど、
目を背けるほど嫌だった

この映画はずっと見たいなあと思ってて
たまたま見る機会があったから見た
やっぱり先に色々見聞きしてたし、
期待感も高まりすぎてたからこの点数に
なってしまったけれど
本当はもっといいと思えるもの。

JYARI
JYARIさん / 2015年11月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

台詞の半分以上は「クソ野郎」 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

字幕の台詞の半分以上は「クソ野郎」
ヤン・イクチュンが辰吉丈一郎にみえてしゃあない。でも(でもっておかしいけど)初めての長編作で製作・監督・脚本・編集・主演と1人5役やってこの出来は素晴らしい!

家庭内暴力、負の連鎖、愛情の表現の仕方が分からない主人公。
実はサンフンがヨニの母親の死に関係していたり、ヨニの弟がサンフンとヨニの関係を知らずに同じ組で仕事していたり130分もあるのにこの辺の伏線をまるで広げずに話が進んでいくところが潔い(ま、しっかりエンディングに繋がって哀しさを誘うわけやねんけど)。
ちょっと気軽にみる映画、ではない。

個人的下書き
個人的下書きさん / 2015年10月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

“それでも暴力の連鎖は止まらない” ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

“それでも暴力の連鎖は止まらない”

ここに最低の男が居る。
何かにつけて暴力で自分の存在を示す。

ここに悩める少女が居る。
どうにもならない現実に絶望している。

この2人が出会う。
男は悲しい過去の記憶から脱却しようとして、暴力的になってしまった。
少女は、そんな男の底辺に潜む優しさに惹かれたのか、男の一方的な誘いにしばしば応じる。
まるで傷付いた2羽の鳥が、お互いの傷を舐め合う様に。
映画は一見恋愛映画の様な体裁を装うが、本質的な物は全く違う。

「高校生か?」

主人公の男は時々そのセリフを吐く。
なぜなら、男は暴力に対しての“或る踏ん切り”を高校生の時に感じたから。
実はその時、或る人物を悲しみの底に突き落としていた事を本人は知らない。

幸せな家庭に憧れる2人。
男は恥ずかしがり屋の性格故に、自分だけでは無く姉の幸せも同時に企む。
少女はやっと見つけた生きがいに喜々としていた。
崩壊した家庭が、少しずつだが新しく再生しかけて動き出したその時…。そんな幸せな空気を、切り裂く様に鉄槌が振り下ろされる。まるで“あの時”の様に。
それを行う人物は“あの時”の家族の人間。
お互いの存在を対照的に捉え、更なる悲劇へと向かわせる。まるでシェークスピア悲劇を見ている様だった。何と言う恐ろしい作劇術か。

凄い監督が現れたものだ!

(2010年4月22日シネマライズ UP theater )

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年4月3日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

息もできない感じ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

冷徹な借金取りの男が男勝りな女子高生と出会いお互いが置かれている辛く苦しい現在過去から少しずつ解放されて行く姿を描く純愛ストーリー。母と妹の死の原因を作った父親に対して強い憎しみを持っているサンフン(ヤンイクチュン)は女子高生のヨニと知り合う。二人はそれぞれの境遇から逃避するかのようにお互い惹かれ合う。
ヨニと出会って優しさを引き出されたサンフンだったがヨニの弟であるヨンジェがサンフンの部下になり運命が変わる。
漢江でのヨニのひざにサンフンが頭を載せるシーンは涙が流れた。
サンフンは愛を知り亡くなることになったが死の時期としては幸せな最中だったからよかったのかもしれない。
なかなか良い映画でした。

ミツマメ
ミツマメさん / 2014年12月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

52件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報