ブルーノ : 映画評論・批評

メニュー

ブルーノ

劇場公開日 2010年3月20日
2010年3月23日更新 2010年3月20日より新宿バルト9ほかにてロードショー

すべてにおいて「やりすぎる」という初志を完璧に貫いてみせる

サシャ・バロン・コーエンの笑いは独創的だが過激で、危険だ。観客は笑いながらも、つねに居心地の悪い、嫌〜な感覚を味わうことになる。その毒性がたまらないのだが、下劣極まりない! 不適切! 差別を助長する愚作! えげつない! などと怒る人もいる。いや、ごもっとも。だって彼は、あえてそう言われるような映画作りをしているのだから。しかも、すべてにおいて「やりすぎる」という初志を完璧に貫いてみせるのである。

ボラット」ではカザフスタンのTVレポーターとしてアメリカ中を引っかき回し、リアルな反応を笑い飛ばした彼が、今回なりきるのはオーストリアから来たゲイのファッション・レポーター。「セレブになる!」ため、とんでもない秘策を繰り出していく。

局部を露出して踊らせるのは序の口。レバノンのテロリストに「誘拐して」と頼みに行き、ビン・ラディンについて「ホームレスのサンタみたい」と暴言。イスラエル原理主義のメッカをゲイ・ファッションで闊歩する。SEXビデオを撮ろうと、パンツを脱いで政治家に迫る。セレブの人道的行為をおちょくり、果てはバリバリに保守的な南部の格闘場で、男同士の愛の営みを繰り広げる……。

命がけの悪ふざけと挑発の中に、世界の抱える変な世相や価値観、潜在意識をこれでもかとあぶり出してのける、まさに笑いのテロリスト。「ここまでやるとは」と呆れながらも、ここまでやれば賞賛したくなるし、うっかり「素敵」なんて付け加えたくもなるのだ。

若林ゆり

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全5件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi