「やっぱりドム&ブライアン」ワイルド・スピード MAX マロピさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ワイルド・スピード MAX

劇場公開日 2009年10月9日
全53件中、37件目を表示
  •  
映画レビューを書く

やっぱりドム&ブライアン

評価は過去のシリーズを全て観た上での評価。
やはり1作目から観ていくと、ドミニクとブライアンへの思い入れはひとしお。

そして、この作品はドムがあまりにもかっこいい。

これは冒頭のシーンからラストシーンのニヒルな微笑まで、全てがドム祭り!!

ヴィン・ディーゼルは、良い役をもらったなあ。
彼以外ではこの役は無理でしょう。
僕の中ではドム=ヴィンさんです、はい。

クルマバンザイな映画には変らないのだが、今回のMAXはストーリーが熱い。
ドラマ部分に力を入れてきたのが解り、目頭が熱くなります。

最初から最後まで楽しめた、これぞエンターテインメントというべき作品です。

マロピ
さん / 2010年10月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報