ダウト あるカトリック学校で 特集: オスカー候補俳優たちの迫真の演技を、動画でチェック

ホーム > 作品情報 > 映画「ダウト あるカトリック学校で」 > 特集 > オスカー候補俳優たちの迫真の演技を、動画でチェック
メニュー

ダウト あるカトリック学校で

劇場公開日 2009年3月7日
2009年3月5日更新

今年の第81回アカデミー賞で5部門にノミネートされた「ダウト/あるカトリック学校で」。受賞こそ逃したものの、注目なのはメリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ビオラ・デイビス……主要な登場人物を演じた4人全員がノミネートされたこと。今回は主演女優のストリープと、助演女優のアダムス、デイビスの2人がそれぞれ激しい舌戦を繰り広げる場面を動画で配信。その迫真の演技を確認してほしい。さらに、ジョン・パトリック・シャンティ監督のインタビュー動画もお届けする。

オスカー候補俳優たちの迫真の演技を、動画でチェック!

俳優たちの高い演技力が、疑惑と信念がぶつかり合う心理劇を支えた 俳優たちの高い演技力が、疑惑と信念がぶつかり合う心理劇を支えた

本作は1964年のアメリカ、ニューヨークのあるカトリック教会学校が舞台。厳格なシスター・アロイシス(メリル・ストリープ)が、進歩的な考えを持つフリン神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)が、校内で唯一の黒人少年の生徒と“不適切な関係”にあるのではないかとの“疑惑”を抱いたことから始まる。その疑惑をめぐり2人は激しく対立し、純真な新任シスターのジェイムズ(エイミー・アダムス)や、疑惑を抱かれた黒人生徒の母親(ビオラ・デイビス)をも巻き込んでいく。

■本編動画1

確たる証拠もなく神父を疑い続けるシスター・アロイシスに、普段はおとなしいシスター・ジェイムズが感情をぶつけるシーン。




■本編動画2

フリン神父と黒人生徒の親密な関係を疑うアロイシスが、生徒の母親であるミラー夫人に疑惑をぶつける。それに対してミラー夫人が自身の思いを吐露するシーン。ビオラ・デイビスは、主な出演シーンはわずか10分程度という短さにも関わらず、アカデミー賞にノミネートされた。




「ダウト あるカトリック学校で」の特集

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ゼロ年代を覆う暗雲を払いのけようとする寓話
映画評論

時代設定はアメリカにとっての転換点、1964年。それは、前年に若き大統領を暗殺によって失い、絶望感に満ち、公民権運動の拡大によりチェンジを求めつつも、旧来の意識が根強く残っていた時代でもある。しかし、神学校を舞台に研ぎ澄まされた言葉の...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す