「グッときます・・・が」今度は愛妻家 ドリル番長さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「今度は愛妻家」 > レビュー > ドリル番長さんのレビュー
メニュー

今度は愛妻家

劇場公開日 2010年1月16日
全45件中、20件目を表示
  •  
映画レビューを書く

グッときます・・・が

だいたいの粗筋は他の方のコメントを見て下さい。感想だけ述べます。
物語の終盤、実はさくらは・・・という場面を見て「ああ、そういうことか!・・・あれ?どういうこと??」と思ってしまいました。前半部分がトヨエツの脳内イメージを多分に織り交ぜて撮っているのは分かるのですが、作り込み過ぎてたがために、若干辻褄があってない気がしてきてもう一つのめり込めませんでした。
水川あさみの蘭子も、性格・振る舞いが「なんで?」という感じで、イマイチ感情移入できませんでした。
マイナスばかり書きましたが、薬師丸ひろ子はイイ!!そこそこの歳だと思いますが(失礼!)非常にかわいい!石橋連司もいいカマッっぷりでした。濱田岳もいい役者ですね。
トヨエツは・・・今回は哀川翔っぽかったです。決して悪くはないです。単純に見た目です。

ドリル番長
さん / 2010年2月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報