闇の子供たち インタビュー: 阪本順治監督が語る人身売買、臓器密売の闇(2)

ホーム > 作品情報 > 映画「闇の子供たち」 > インタビュー > 阪本順治監督が語る人身売買、臓器密売の闇(2)
メニュー

闇の子供たち

劇場公開日 2008年8月2日
2008年7月30日更新

阪本順治監督インタビュー

前のページから続く

息子を助けたい父親(佐藤)とタイの子供を助けたいNGOの音羽(宮崎)が衝突 息子を助けたい父親(佐藤)とタイの子供を助けたいNGOの音羽(宮崎)が衝突 [拡大画像]

闇の核心に迫れば迫るほど苦悶する南部の一方で、息子の命を助けたい一心でタイでの臓器移植手術に臨む日本人夫婦(佐藤浩市、鈴木砂羽)も登場。タイ人の子供の命をとるか、日本人の子供の命をとるか、どちらにも転べない状況が浮かび上がってくる。

「彼ら夫婦が行うことを犯罪として断罪するという方向には、僕自身はもっていけませんでした。それで、彼らの葛藤みたいなものをそのまま表してみたんです。あとは見た人がその葛藤をどう受け取るかっていう判断ですよね。臓器売買に関しては、カンパが集まって、海外で手術をするっていう日本人の子供の美談しか聞かないじゃないですか。それにどうして子供はお金を集めて海外でしか手術しないんだろうって長い間思っていたんです。映画では極端な描き方でしたが、この問題は皆が何かおかしいということを分かっていながら、陰に追いやってきたわけです」

「なぜ、この映画が必要なのか」をタイの子役たちに詳しく説明したという 「なぜ、この映画が必要なのか」を
タイの子役たちに詳しく説明したという
[拡大画像]

KT」と同様に海外での撮影を敢行した本作だが、デリケートなテーマを扱っているだけに俳優たちとはかなりのディスカッションを重ねたという。

「日本の俳優とはもちろん、タイの人ともかなり突っ込んで話し合いました。当然タイの俳優たちは、この映画で扱うような酷い事実や、何でこの映画が作られなければならないかということを知っていて参加しているわけです。だから、どう表現するかということはよく話し合いましたね。日本の俳優もタイの俳優も納得して『全部分かった』という返答がないと、撮影には入らない現場でした」

街で見かける日本の子供たちに対しての視線が、この映画を通過したことによって変わったという阪本監督。「子供たちが虐待によって受ける傷は一生消えない」と強調する。

子供たちが虐待によって受ける傷は一生消えない 子供たちが虐待によって受ける傷は一生消えない [拡大画像]

「結局、世の中どこで起こっていることも、大人同士が戦って、お互いに血を流して、傷つけあっているわけだけど、子供だけは絶対に大人の暴力から守らないといけない。それは子供のときに傷つけられると、もう“普通”がどういう状態か分からなくなるし、自分がどう“普通”と違うかも分からなくなってしまうからなんです。だから、NGOは基本的に子供たちを救うことは出来ても、全員のケアはしきれないわけです。子供らしさを取り戻してあげようと思っても、ある種受け取る側の自尊心を含めて、子供なりの根っこがないと、いくら話しかけてケアしても、元には戻れないんです。これは大人の女性がレイプされて傷ついてトラウマになるのとはまったく違っていて、子供たちが受けた傷はトラウマにさえならないんですよ」

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

見ることだけでは完結しない深刻な社会派ドラマ
映画評論

阪本順治監督は守備範囲がひろい。彼の作品は、監督デビュー作「どついたるねん」に始まる男のドラマ、「魂萌え!」のような女性ドラマ、「KT」や「亡国のイージス」などの社会派ドラマに大別できるが、どれも瀬戸際にいる人間を描いて見ごたえがある...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

闇の子供たち[Blu-ray/ブルーレイ] 闇の子供たち プレミアム・エディション[DVD] コンフィデンスマンJP Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] ひとつ屋根の下 コンプリートBlu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ]
闇の子供たち[Blu-ray/ブルーレイ] 闇の子供たち プレミアム・エディション[DVD] コンフィデンスマンJP Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] ひとつ屋根の下 コンプリートBlu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2009年2月25日 最安価格: ¥6,480 発売日:2009年2月25日 最安価格: ¥4,568 発売日:2018年9月19日 最安価格: ¥18,796 発売日:2015年3月18日 最安価格: ¥25,371
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全29件)
  • 言葉にならない きっとリアルなことなのだと思う。売る人間、買う人間、そして売られた人間がいる。一つだけ言えるのは、幼い子どもに罪がある可能性は極めて低い。映画を観ている自分は完全に「人ごと」だが、身を切られるこ... ...続きを読む

    rbhy rbhyさん  2017年10月18日 23:50  評価:-
    このレビューに共感した/0人
  • これが現実。。? ネタバレ! ...続きを読む

    じぶ じぶさん  2017年6月7日 14:07  評価:2.0
    このレビューに共感した/1
  • 宮崎あおいファンは観ない方がいい。 宮崎あおいファンは観ない方がいい。 今回の役の、人の気持ちを考えない、自分の言いたいことだけをいうばかな女っぷりに、いらりとするから。 闇に生きる子供たちを目の前にして、 NGOの人は、目の前の... ...続きを読む

    うえあおい うえあおいさん  2016年7月1日 19:17  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

インタビューの一覧を見る
Jobnavi