「.」屋敷女 瀬雨伊府 琴さんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「屋敷女」 > レビュー > 瀬雨伊府 琴さんのレビュー
メニュー

屋敷女

劇場公開日 2008年6月21日
全11件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

. ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

自宅にて鑑賞。仏産、原題"À L'intérieur"。一方的で憶えの無い気味の悪いストーカーを扱った望月峯太郎の漫画を捩って附けたのかもしれないが、よく判らない邦題。血みどろの不気味なタイトル・コールから始まる通り、中盤以降は出て来る人がばたばた死んで行く。激しい点滅シーンも有る上、ゴア描写として一番の見せ場だった筈の箇所は(アンレイテッド版以外)黒く塗り潰されてしまっており、とても人にはお薦め出来無いが、サバイバル・スリラーとしてサスペンスの盛り上げ方を愉しむ作品なのかもしれない。40/100点。

・想定内で意外性の少ないありきたりの物語だが、ブレーカーを直しに行った警官が起き上がる箇所がよく判らない……腰紐で繋がれた儘、死亡した青年はどうなってたのだろう──ここのみスーパー・ナチュラルなのかもしれないが、その割に物理的な攻撃であっさり撃沈してしまい、激しい違和感を憶える。孰れにしろ、このシーンであり得る物語から、安全圏へと距離を感じてしまい、興醒めしてしまう。

・一番佳かったのはTVを点け乍ら、ソファでうたた寝している背後の闇に……と云うシーン(この前の女性警官が室内で事情を聴いているシーンで、背後の廊下に女の侵入を思わせる姿がチラッと横切り奥へと消える)。このテイストで全篇貫けば、きっと全く違ったものになったのだろうが、恐らくそれは作り手の撮りたかったものではなかったのだろう。

・警官達がA.パラディ演じる“サラ”宅を訪ねて来る際、昼間帰宅時には蔦で見えなかった玄関入口ドアの左上に"666"と云う番地(家屋番号)が認められる。尚、撮影は進行と同じ順序で行われたらしい。

・鑑賞日:2016年3月13日(日)

瀬雨伊府 琴
さん / 2019年4月29日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報