脳内ニューヨークのレビュー・感想・評価

脳内ニューヨーク

劇場公開日 2009年11月14日
21件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

観る前はコメディだと思いこんでたけど、難解な映画でした。 頭の中の...

観る前はコメディだと思いこんでたけど、難解な映画でした。

頭の中の人生と現実の生活のどちらが真実で、どちらを希望しているのか。

でも、そのどちらの世界もお互いを包含していて、マトリョーシカみたいに重なったり。

最後の女性は何者、前半のCMに出てたけど、そのシーンが虚構か現実なのかも分からない。

よくわからなかったけど、奇才が作った映画っていう感じと映像の薄い深緑的な雰囲気はいいです。

tsucchi1989
tsucchi1989さん / 2017年8月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

頭が痛くなる映画(褒め言葉)

すごく好きな映画の一つ。
舞台監督の主人公が、ニューヨークそのものを舞台に描こうとする物語。
日常ニューヨークで起こったこと、見かけた人物などをどんどん舞台に反映していく。
ついには主人公役の俳優まで用意して、主人公が作った作り物のニューヨークの中で作り物のニューヨークを作る主人公役の俳優という非常にややこしい物が出来上がる。とても頭が痛い展開。
この混乱が心地良い。レンタル屋に行くとコメディコーナーに置いてあることが多いが全くもってコメディでは無いです。

ねじまき
ねじまきさん / 2016年2月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

お脳の中身拝見します。

ハゲでおデブなのに、なぜかサマンサ・モートンやミシェル・ウィリアムズにモテモテな
フィリップ・シーモア・ホフマンが自分の人生を舞台化しようとし
NYの街とソックリな舞台装置を巨大なドームの中に作るという途方もない話。
劇中劇につぐ劇中劇で、メタりまくり、途中でわけがわからなくなりますが、
とにかく切迫感がすさまじく、息がつまりそうでした。
おそらく、もっと若い時に見たら理解できなかったと思います。
脚本家の初監督作品だからか、時系列の混乱とちぐはぐなつながりは
好みがわかれそうですね。
しかし、まさにそれこそが不条理な人生そのものでは?

83点。

neonrg
neonrgさん / 2016年1月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どうもKaufmanは好きになれない

「マルコヴィッチの穴」、「エターナル・サンシャイン」は比較的わかりやすくて好きなのだが、「アダプテーション」ももう何がしたいのか全然わからなくて、僕にとってKaufmanとJonzeは当たり外れが大きい。これは外れとまではいかなくても全然魅力がわからない。入れ子構造になっていくというところは面白い。

ちかし
ちかしさん / 2016年1月23日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

受け止められる人、受け止められない人

この映画はストーリーを追いかけようとしてはいけない。起承転結も整合性も現実と妄想の堺も気にせず、ただただ、演技とセリフを追いかけていけばいい。
前半の主人公が苦悩し悩むプロットは見ていて辛い。でも舞台を作り始めてからは、主人公の(監督と脚本家の)脳内から作品への発露が起きる。後は演技とセリフを受け止め、そこで自分にわき起こる感情を1つ1つ積み上げていけば、最後に何かが心に残るはず。もう一度観ればまた別の何かが残るかもしれない。
この作品は、各所のレビューを見ても賛否両論が激しい印象を受ける。作家系の人のほうが内容を受け止めやすいと思うので、それが原因なのかも。

佐ぶ
佐ぶさん / 2015年6月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予感的中・・・

嫌な予感がしてたんです… でも観てみたんです… そして予感は的中なのです…
これは残念ながら映画として成立してるとは思えなかったですよ。不自然さを際立たせた脚本や演出は意図的なもので、その不自然さ自体が表したいことなのでしょうけども、それによって得られたものはほとんどなかったように思います。後半に各役者に語らせている内容が伝えたいことなのだとしたら、こんな演出は必要ないし、そもそも語らせる必要さえなかったように感じてしまいました。
あまり、こういう感じの映画が流行ってほしくないなぁ…

チャーリー
チャーリーさん / 2014年2月4日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

紡がれる人生の糸

噂に聞くチャーリー・カウフマンの世界観を初めて体感した。
第一印象は、エンディングの技量の高さだ。
一見すれば脈絡の無い映像群を1つに集約し、前向きなメッセージを残し締めくくる。
この映画のあらすじを語れと言われたらそれはとても難しいことだ。
しかし、観終えた後には映画を観たという感覚が残る。
それは、このエンディングの巧みさ、脚本技術の上手さがあるからだ。

"人生"を大局に捉えるその主観でも客観でも無い視点は理由は分からずとも自然と引き込まれていく。
"人生は誕生"、"人生は成長"、"人生は苦難"、"人生は喜び"、そして"人生は死"。
紡ぎ出される個人個人の人生の欠片はやがて溶け合い1つに還る。
例外は無いのだと作品は語る。

全ての人間の"不偏"というテーマに対して敢えて演劇のセットや摩天楼、人工の産物で挑んだところにカウフマンの挑戦を感じる。

keita
keitaさん / 2012年4月16日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ビデオ屋でなぜかコメディ扱いのこの作品

Synecdoche, New York

エターナル・サンシャインのCharlie Kaufman初監督作品×Spike Jonze制作

きっとこれは好き嫌いがはっきりわかれる映画だと思う

頭の中がこんがらかってしまってうまく言葉で言い表せない
あれこれ語るよりは見てもらってそれぞれで考えてほしい

ただちょっといまのわたしには難しすぎたみたい
もう少し大人になったらもう1度みてみたい映画

― この世界にはたくさんの人がいて、その誰一人もエキストラではなく 
  それぞれの人生の主役だ

―誰もわたしの悲劇に耳を貸さないのは 
  みんなも悲劇のなかにいるから

lovefoxx
lovefoxxさん / 2012年3月2日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

監督の自己満足の世界観。

いわゆる映画通、知的単館系の好きな方なら高評価なんだろうが・・・

はっきり言って映像化された世界観は監督の脳内で完結されており、第三者として(観客として)観た場合は完全に取り残される。
これは、私がアホだからか?

時折差し込まれる映像はシュールではあるが、映画的な面白さがあるかといわれれば、無い。
「マルコヴィッチの穴」のほうが数十倍、映画としては魅力があった。

この作品は、なんだか映画通を気取る方々が「なんか良い映画ない?」って聞かれたときに気取った感じで「脳内ニューヨーク」って答えそうな作品だ。薦めた張本人たちも理解してない。
薦められた方々も、ちっとも面白くないのに「良かったよ」なんて気取って答える映画。
そんなのは、はっきり言って偽善だ、欺瞞だ、最低だ。

出演陣は豪華布陣だけど、個人的にはアウト。

久しぶりに地雷を踏みました。

マロピ
マロピさん / 2011年5月31日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

現実と虚構、メビウスの輪

理解できたかと聞かれると困るけど、どうにも好きな感じでした。

主人公ケイデンは、表側のしんどい現実と裏側の現実にそっくりな虚構を、メビウスの輪みたいにくっつけ取り込まれてしまったのかも知れません。
表も裏も人々に踏み荒らされ繋ぎ目が曖昧になり、でも時々は純粋な現実が突きつけられ、それはすぐさま虚構の世界ににじんで…。
静かに混沌が広がって、裏側だけになったのでしょうか。
ある種の芸術家の頭の中って、こんななのでしょうか。

おおげさだけど、映像化不可能と言われる類の文学がいきなり脚本として現れ、才能の結集でフィルムにその姿を残したんだと思いました。
中毒性がありそうな危険な気配、気をつけないと。

グッドラック
グッドラックさん / 2011年2月13日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白いわね、女なんて面倒なのに ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「脳内ニューヨーク」
(チャーリー・カウフマン監督)から。
正直、映画自体は、よくわからなかった。(汗)
最後まで、何を伝えたかったのかすら・・。
ストーリーと関係ないけれど、面白いシーンはあった。
主人公は、妻と子どもに別れを告げられ、
精神的に参っていたのはわかるけれど、
「女になれれば楽なのになぁ・・」的なことを口にする。
それを聞いていた、ある女性。(役柄も忘れたけど)
「女に?」と訊き直す。
「向いているかもしれない」と弱気になっている。
そこに、変わったものをみる目で呟く台詞。
「面白いわね、女なんて面倒なのに」
このフレーズが面白くてメモをした。
「女は弱いもの・楽に生きている」と決め付けて、
男は、よくこんな台詞を使うけれど、大間違いらしい。
こんな面倒な生き物「女」なんて、やだやだ・・
そんな嘆きが聞こえてきそうだが。(笑)
でも、不思議なことに、生まれ変わるとしたら、
「男になりたい」と思う女性は少ないらしい。
女なんて面倒だけど、男はもっと面倒みたいだな、と
どこかで気付いているようだ。
それにしても、よくわからなかった・・ふぅ~。

shimo
shimoさん / 2010年11月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

理解しようとする方が難題かも。。。

フィリップ・シーモア・ホフマンに期待しつつ、観てみましたが、思ったより難解な作り。。。
単純に考えれば、そうでもないストーリーだけど、深く入り込んでみる、というより、半分絵画を観るような感覚で、流しながら観るといいかも、です。
もやっと感は残りますが、秋にちょうど良いかもw

pekouran
pekouranさん / 2010年10月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

混沌と深い闇、そして救い

見終わった直後の感想は
複雑・寂しい・悲しい・・だったが
しばらくして、じんわりと気持ちが温かくなっていくのを感じる

この映画は筋を追う事には、あまり意味が無いのかもしれない。

いつかは死が訪れるという恐怖
愛する人と別れなければならない悲しさ
人生が徒労の連続と知る空しさ
求めても得られない苦しさ

そして、無常観・・

心の奥底にかかえている闇が露わにされていき
収拾がつかなくなってきたところに、
チャーリー・カウフマンからのメッセージが
仏陀の対機説法のように様々な言葉で届けられる

ゆがんで見えなくなってしまった自分の心と対峙したくなった時に
またこの映画を見たくなるのかもしれない

ミア
ミアさん / 2010年9月29日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

頭がぐるぐるぐる…「カウフマンの穴」にこそ入ってみたい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

『マルコヴィッチの穴」の脚本家カウフマンの監督デビュー作!ということで期待大だったのですが…
ちょっと期待しすぎたかなあ、と。

いえ、もちろん、決してつまらないというわけではありません。
むしろ、マルコヴィッチやエターナル・サンシャインで描かれていた、
人間の脳の中で展開される大妄想大会の純度がMAXまで高まって面白いのですが、
「ついていくのに疲れた…」という感じです。

主人公は劇作家で演出家のコタード。
マッカーサー・フェロー賞で得た莫大な賞金を元に、
彼は前代未聞の演劇プロジェクトを思いつきます。
それは、NYの巨大は倉庫にNYの街を再現し、
そこで、自分自身の生活を細部まで演劇化するというもの。

とはいえ、コタード自身が舞台に立つわけではないので、
コタードの生活を演じる役者がいて、その役者に演出しているコタードを演じる役者もいる…

そして、この舞台がいったいどこから始まって、どこで終わればいいのか、コタード自身にもわからなくなり、
やがてリアルな生活そのものが虚構の舞台に飲み込まれていき、
気づけば上演されないまま、みんな年老いて…

と、こう思い出して書いているだけで、頭がぐるぐるぐる。
ほんとに悪い夢に入り込んでしまったような、、、

笑いとしてはかなりダークですが、その分、チャーリー・カウフマンのねじくれきった感性(←いちおう誉め言葉)と
頭のよさをいやと言うほど堪能できます。

こんなストーリーを考えつく「カウフマンの穴」にこそ、入ってみたいですよ、、

めぐ吉
めぐ吉さん / 2010年1月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

絶妙のバランス感覚

チャーリー・カウフマンとスパイク・ジョーンズ。そしてフィリップ・シーモア・ホフマンが出ていて、面白くないわけがないでしょ。と思ってみたら、案の定、ずっぽりつぼにはまりました。

メインストーリーの発想もすごいけど、それよりも演出にうなりました。途中、意味もなく出てくるギミック。意図的に混乱させるような時間軸。劇中、ちりばめられたアートな映像。そんなシュールなディテールに反して、死生観を描写しつつ、最後は愛だなんていう古臭い使い古されたメッセージ。そのバランス感覚がすばらしかった。

見る人を選ぶかもしれないけど、マルコビッチの穴が好きで、デビッド・リンチを愛する人なら幸せになれる映画です。5000円

dobuboba
dobubobaさん / 2009年12月17日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

要集中力!

なんと説明していいのやら。。。

とっても複雑で、集中力を要する映画です。
でもその分、見終わった後に残るのはものすごい充実感でした。

体調も悪く、妻に別れをつきつけられ、
想いを寄せる女性ともうまくいかない演出家のケイデン。
ある日、「天才賞」こと「マッカーサー・フェロー賞」を受賞したケイデンは
その賞金を注いで自分の人生を表現しはじめるが。。。

人は皆生きながら「自分を演じて」いたりするものなのではないかと
思うのですが
それを目の前で突きつけられるものだから、どっちがなにで、
なにがどっちで。。。とにかく状況についていくのがすごく大変!!

なにが現実?なにが夢?なにがつくり話?

どんどんこんがらがっていく現実と物語。

誰もが抱えている、自分の「エゴ」やさみしさとの対峙、
思い通りにいかない人生、それをごまかす言い聞かせや開き直り

「真実」はどこにあるのか、考えれば考えるほど遠ざかる。。。

私は
迷路に迷い込んだような
だけどそれは心の奥の奥にある気持ちを引き出されているような
不思議な感覚に陥りました

決してわかりやすい作品ではないので、賛否両論とは思いますが、
個人的にはとっても満足した作品でした。

救いのあるエンドロールが、とてもいい。
そのセンスも含め、チャーリ・カウフマンには脱帽です。

いろんな意味で、余裕のあるときでないと
結構見るのがしんどいかもしれません。

macaron
macaronさん / 2009年12月16日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

リーフレットの絵柄にだまされないで^^;

なんで涙か出たんだろう
どうしてだか、よくわからない
でも、涙が止まらないんですけど・・・

〈 みんなそれぞれ人生の主役。エキストラは誰もいない 〉

実は、とんでもない勘違いをしていまして、
リーフレットから出る雰囲気、主人公男優の
表情からコメディーかと思っていたんです。

ところが、鑑賞しながら、
なんだか、気配がおかしいな、と気づきまして、
そうすると、今度はストーリーが複雑すぎて、わかりにくくなる。

“カオス”
この言葉がパッと頭に浮かぶほど、
超難解な知恵の輪のように入り組んだお話でした。

チャーリー・カウフマン監督
『マルコヴィッチの穴』(99)で注目を集め、
『エターナル・サンシャイン』(04)ではアカデミー賞脚本賞受賞。
その作風を知っていれば、コメディーだなんて的外れな勘違いをするわけがない(苦笑)

今作が初監督作になります。

複雑と、先ほどから書いていますが、
序盤は、それよりも先に、主人公旦那さん
ケイデンの自己中心的性格にイライラし通しでした。

やってはいけないので我慢しましたが、
前の座席を蹴り上げたくなるくらい怒り心頭。

ところが、
中盤以降、そんなケイデンに、同調し始めるんです。
先ほどのイライラは、何処に行ってしまったのか戸惑い始めます。

ケイデン。
ふとしたキッカケで、
自分だけが苦しいわけではなく、
他の人も苦しんでいることに気づかされる。
自分の痛みだけでなく、他人の痛みにも気を配れるようになる。

「許しを請いなさい」
終盤、病床に臥している娘が
父親のケイデンに投げかける。
このセリフ、娘だけのものではない。
作品を観ているお客様も同じ思いを抱いている。

「許してくれ」
ケイデンが、この言葉を発したとき、
娘だけでなく、お客様も救われるんですよ、きっと。

場面の詳細はネタバレになるので伏せますが、
それまでのケイデンであれば絶対に謝罪はしないような場面なんです。
だからこそ、お客様は、ケイデンの変化に気づき、嫌悪が同情(同調)へと変わって行くのです。

ケイデンの頬を静かに流れ落ちる涙。
彼は自分の人生を主人公として生き抜いた。
彼は幸福な人生だと思いながら逝ったにちがいない。

☆彡     ☆彡

もう一度、言います。
コメディーではありません。
私のようにリーフレットにだまされないで下さい(苦笑)

「観るたびに発見する。
 観客には2度見てほしい」監督の言葉です。

たしかに、鑑賞直後は
「なにこれ、むずかしすぎ」と
チンプンカンプンだったのですが、
時間が経つにつれ、かなり良質な
作品だったんじゃないか。ジワジワと
脳内に染みわたってきているのです。

出演俳優も
観るたびに新たな発見をしている位ですから、
お客様も、観る人によって、解釈やツボが、
バラバラに、大きく異なるような気がします。

と、ウンウン頭を捻らせてレビューを書いていたら、
脳内が活性化された気がします。おあとがよろしいようで(苦笑)

septaka
septakaさん / 2009年11月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感覚で楽しむ

2008年、世界の各映画賞に23部門にノミネートされ、8部門で受賞した話題作品。
カウフマンと言えば、『マルコビッチの穴』や『アダプテーション』などのスパイク・ジョーンズ監督作品でおなじみの、
妄想力が特徴的な脚本でおなじみですが、この映画も一度の鑑賞では頭をかしげてしまうほど複雑な内容です。
「エターナル・サンシャイン」をイメージして切ないストーリーかとおもいきや、逆に厳しい!
現実のケイデンの人生と、芝居の中でのケイデンの人生、それが複雑に絡み合う重層的な脚本が印象的なのですが
一歩踏み込んだ、異常とも言えるストーリーが展開します。
自分自身の人生を自分自身で演出しているうちに、自分が演出しているのか自分が演出されているのかが分らなくなってくる
のです。映画の途中まではストーリーは理解できましたが、後半は何が現実で、何が空想なのかと頭が混乱してきます。
エンディングは衝撃なですので、鑑賞後にもう一度改めて鑑賞したいと思った作品です。
繰り返し見る事によって理解が深まるタイプの作品ではないでしょうか?

kokko
kokkoさん / 2009年11月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

私はダメだった

好きな人は好きなんだろうけど、私には理解できない世界だった。
凡人にはわからない?
キャストは魅力的なんだけど・・・残念。

ぷらねっと
ぷらねっとさん / 2009年10月27日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちまたで評判だしライナーでそそられた

『マルコヴィッチの穴』好きで
『エターナルサンシャイン』好きな私は
ライナーでそそられた。
チャーリーのファンタジックな罠に
ハマりたくなってしまっている。
予告を見ても、試写会にいった人たちにも
表現が難しいけれど面白かったなどといわれ
ラジオを聴いてた時にも、ふかわりょうの
ロケットマンショーでも「好きな人は好き」と
あえて皆、作品との出会う楽しみをとっておいてくれる風…。
余計にそそられ見たくなる‥見たい、うん。

たばさばさ。
たばさばさ。さん / 2009年10月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

21件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi