アイアンマン : 映画評論・批評

メニュー

アイアンマン

劇場公開日 2008年9月27日
2008年9月16日更新 2008年9月27日より日劇3ほかにてロードショー

大人のエンターテインメントとしてほぼ完璧

画像1 (C) 2008 MVLFFLLC. TM & (C) 2008 Marvel Entertainment.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

べトナム戦争の頃に描かれた善悪二元論の原作コミックの舞台を、現代中東に置き換え、いくら非情なテロリストを登場させても、正義の名の下にアメリカが行ってきた事実が暴かれた今となっては、成立しないのではないかと思っていた。しかし、練られた脚本と自堕落なダウニー・Jr.のキャラが相俟って、意外な、時のヒーローが飛び出した。

若き発明家にして軍需産業のトップが、アフガンで武装勢力に襲撃され囚われる。捕虜生活の間にパワードスーツを造り上げ、命からがら大脱走。敵への復讐心が芽ばえ、テロとの戦いに邁進するのではない。自社の兵器で同胞が殺される現実を目の当たりにした若社長は、「無責任なシステムの一部」であることを自覚し、兵器製造の中止を宣言する。そして個人的に正義を実践していくのだが、本当の敵の正体は、経済のために戦争さえも捏造されるアメリカの裏側を射抜くような存在なのだ。

とはいえ、「ダークナイト」のような深刻さはなく、コメディセンスとエロスもしたたかで、秘書パルトロウとは唇すら交わさない粋なロマンス。大人のエンターテインメントとしてほぼ完璧で、メカのバージョンアップのプロセスではSF少年の目を釘付けにし、「トランスフォーマー」以上にロボットアニメ世代のツボを刺激する正統派バトルも用意する。バットマンの装備がヘビーな武具だとすれば、こちらはガチな兵器だが、人型ウェポンの活躍は、スーパーヒーローの存在を信じる心を十分に甦らせてくれる。

清水節

関連コンテンツ

インタビュー

ただ今絶好調!ロバート・ダウニー・Jr.インタビュー
インタビュー

今年のサマーシーズンの幕開けとともに爆発的なヒットを記録し、全米で本年度2位となる約3億1800万ドルを稼ぎ出した「アイアンマン」。本作で主人公トニー・スターク=アイアンマンを演じ、再びハリウッドのトップスターに返り咲いたロバート・ダ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全151件)
  • 今さらやけど 今さらやけど鑑賞。 色々つっこみどころありながらも楽しめる作品。 ...続きを読む

    walkindude walkindudeさん  2019年4月22日 20:00  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • アベンジャーズへと続く基盤 個人評価:3.8 marvel第1作目の本作。 アベンジャーズへと向かう世界観の基盤をしっかり描く事が出来ている。 ストーリー展開も良く、アイアンマンの描写も迫力あり気持ちいい。 私はmarve... ...続きを読む

    カメ カメさん  2019年4月5日 20:11  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • アベンジャーズ最終章を前に数年振りに再鑑賞。 アベンジャーズ始動第1弾。 やはり1作目のアイアンマンが創られるところ、完成後と全体的にワクワクして面白い。 死にかけてからのトニー・スタークもまだそれほど嫌じゃない。 ...続きを読む

    ☆ユウ☆ ☆ユウ☆さん  2019年4月5日 19:35  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報