山桜

劇場公開日:

山桜

解説

江戸時代後期。嫁ぎ先で辛い日々を送っていた野江は、叔母の墓参りからの帰り道にある山桜の下で、かつて彼女に縁談を申し込んだ武士・弥一郎に出会う。彼が自分を気にかけてくれていたことを知り元気づけられる野江。しかし半年後、弥一郎が思わぬ事件を起こす。時代小説の巨匠・藤沢周平の短編を「地下鉄(メトロ)に乗って」の篠原哲雄監督が映画化。田中麗奈と東山紀之が主演を務め、檀ふみ、村井国夫、富司純子ら実力派が脇を固める。

2008年製作/99分/日本
配給:東京テアトル
劇場公開日:2008年5月31日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)「山桜」製作委員会

映画レビュー

3.0厳しい年貢と正義感と田園の美しい作品

2023年10月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

無事2人が結ばれますように。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
jiemom

4.5泣ける殺陣

2023年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

幸せ

地味ながら秀作。
正直、東の出ているものは
たいして面白かった試しないのだが
この作品は別格。

東の凛としてすゞやかなたたずまい、
ダンスで鍛えた軽やかで流れるような殺陣。
美しい!の一言!
役にピッタリであります。

殿中で抜刀して切腹の沙汰になった忠臣蔵の時代に、
地方とはいえ殿中で刃傷沙汰おこしてただですむわけは無く。
それを覚悟の上の
殺陣は悲しく美しく。
殺陣で目頭にキタのは初めてかも知れません。

田中麗奈さんも好演。
出戻りのわりには若いかな?とも思うがその昔は初婚が早いからアリアリ。

意外なことにこの映画は母性愛の話でもある。
田中麗奈、東、のはいうにおよばず。
再婚相手の母でさえ、わが子の小物さを知りつつ、格上でいけ好かない嫁であっても息子が好きな嫁ならば、と思っていたのであろう。
できた母ではないが母の愛には違いない。

居場所はずっと昔からここにあったのだ、と
悟るもその先にはどんな運命があるのだろうか。
ラストにかぶって流れる歌詞も意味深で
良くも悪くも解釈できる。

けっして押し付けがましくなく染み入る映画でした。
藤沢作品はいいねえ…。

加えて細やかな描き方で
当時の人々の暮らしを浮き上がらせてくれました。
たとえば足袋は汚れるから
いいとこの家じゃないと家の中で履きません。
板張りで汚れて何度もあらうと駄目になるからです。

てろんとした絹の『柔らかもの』と呼ぶ着物は
張りのある織物より格上で、上品とされてる着物。
それを質に持っていきますね。
きっと実家が嫁ぐ時に持たせたものなのでしょう。

そんなところからもいろいろ読み取れる、
演出にしびれました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
こまめぞう

3.5自分の居場所が見つかってよかったですね、野江さん。

2022年5月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

知的

幸せ

藤沢周平を意識したのは、映画「たそがれ清兵衛」からだが、それから7〜8冊小説も読んだ。大好きになった。でも、やはり氏の作品は剣客が主人公のイメージが強かったが、こんな女の人が主人公の作品もあったのだと驚いた。心打たれたので、原作も読んでみた。映画は、原作の雰囲気を壊さず温かい作品に仕上がっていた。前から感じていたことだが、藤沢周平は女心がわかる人だ。出戻りのつらさや、実家への気遣いなど丁寧に描かれていて、好感を持った。そして、凛とした女性の佇まいがすてきだった。全てが解決して終わる訳ではないのに、なぜかほのぼのとした気持ちになれて、見終わって幸せな気分になれた。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
瑞

2.5うーん…あらすじは好きだけれど

2021年10月31日
Androidアプリから投稿

幸せ

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
雨音
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る