パラノイドパーク : 映画評論・批評

パラノイドパーク

劇場公開日 2008年4月12日
2008年3月25日更新 2008年4月12日よりシネセゾン渋谷ほかにてロードショー

私たちが生きているのはこのような危険な場所なのだ

画像1 (C)2007mk2

舞台となるのはオレゴン州ポートランド。シアトルよりちょっと南、カナダまで車で5時間くらいの位置にある。したがって映画に映る町の風景は、冬でもないのにどこか寒々しく、土地の抱える憂鬱がダイレクトに伝わってくる。どんよりと空を覆う冷たい雲の下、人々は何を思って生きているのだろう?

ガス・バン・サントがこの町を拠点に映画作りを始めてからずいぶん時間がたつ。彼の作品にはいつも、この寒さが常に貼りついている。報われない人生を生きざるを得ない厳しさとともにある寒さと言ったらいいか。主人公である高校生たちの表情にも、あらかじめその厳しさを知らされて成長してきた者の陰りが刻印されていて、物語は町で起こった殺人事件の謎を巡って展開するのだが、彼らの陰りを見ていると、町中の人全員が犯人ではないかと思えてくる。

もちろん事件の秘密ははっきりと明かされるわけだが、その見事なまでのあっけなさもまた、彼らの抱える厳しさへと直結する。人はこのようにあっけなく死ぬ。高校生たちの若々しさとあっけない死が同居する。目の前の現実と未来への不安とが作り出す人間的な時間の流れを見事に切断する野生が否応なく人々の上に降りかかる、と言ったらいいか。私たちが生きているのはこのような危険な場所なのだ。映画はこうやって、忘れていた何かを思い出させてくれる。

樋口泰人

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全6件)
  • アレックスは不可抗力で人を殺してしまう。 芸術性がほんとにいい、主... アレックスは不可抗力で人を殺してしまう。 芸術性がほんとにいい、主人公の頭の中がそのままこの映画。 あとは主人公が冷徹で、満たされない感じがいい、不条理的な。 終着点にはもやもやがあるかも... ...続きを読む

    tsucchi1989 tsucchi1989さん  2017年8月9日 22:38  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 感性はそれぞれ 何かしら後悔する想いを知る人間なら、 この映画の理解も少し可能かもしれません 罪を犯そうとして犯すわけでは無く。 犯した罪は消せるわけも 許されることも無く。 貧困層 中流階級 の交わるスケ... ...続きを読む

    しょうご しょうごさん  2015年9月17日 05:02  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 美しいほどに、ガスらしい映画 ガス・ヴァン・サントにしか撮れない、違和感のない日常的風景。クリストファー・ドイルの複雑でリズムあるカメラワーク。そして、どこからともなく流れるイーサン・ローズの音楽。どの場面を切り取っても、美... ...続きを読む

    Mr.POTATO Mr.POTATOさん  2009年2月13日 04:37  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • search サーチ search サーチ ついに成功作が現れた、PCモニター上だけで展開する緊迫スリラー!!
  • ガンジスに還る ガンジスに還る インド流〈人生の終い方〉を確かな映画術で感性豊かな家族物語に昇華させた20代監督
  • ライ麦畑で出会ったら ライ麦畑で出会ったら 伝説のサリンジャーを探し出した高校生の、ほろ苦くも優しい青春グラフィティ
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi