コントロール : 映画評論・批評

メニュー

コントロール

劇場公開日 2008年3月15日
2008年3月4日更新 2008年3月15日よりシネマライズほかにてロードショー

当時のある種の人々の生きる態度が顕れている

画像1 (C) Northsee Limited 2007

ジョイ・ディビジョンのアルバムを初めて聴いたのは、20歳の頃だ。イギリスでの大反響の余波が日本に届いた70年代末のこと。しかしその「余波」はあまりに小さく、だからこうやって彼らの物語が映画になり日本公開される日が来ることなど、想像することさえなかった。何しろ時代はバブルの前夜。彼らのダークで重くエキセントリックな音楽が受け入れられる要素は、日本にはなかったのだ。

だからほとんどの日本人は、複雑な思いにとらわれることなくただ単にひとりの才能あるミュージシャンの苦悩と絶望の物語として、この映画を受け取ることになるはずだ。ニュートラルな視線で彼らの姿を見ることが出来る多くの人の僥倖を、喜びたい。あの単調だがアグレッシブなリズム、生きることについてのひたむきな歌詞、そして主人公イアン・カーティスの痙攣的な踊りなどを、まっさらな目と耳で受け取る幸福。

もちろんこの映画は「フィクション」だからジョイ・ディビジョンという実在のバンドにこだわる必要はないのだが、しかし、この映画のあの痙攣的な踊りを見たとき、ああまさにあの姿を当時の私は彼らの音から聞き取っていたのだと感じた。あれこそが70年代末から80年代初頭にかけてのある種の人々の生きる態度だった。そんな当時への思いを、この映画は思い起こさせてくれた。

樋口泰人

関連コンテンツ

インタビュー

初監督に挑んだアントン・コービン&主演サム・ライリーに聞く
インタビュー

U2、デビッド・ボウイ、ビョークなど名だたるアーティストの写真やミュージックビデオを手がけてきたアントン・コービンの初監督作「コントロール」。伝説のロックバンド、ジョイ・ディヴィジョンのボーカル、イアン・カーティスの激しくも哀しい人生...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全8件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報