「共感できないしリアリティ無いし非日常でもない」セックス・アンド・ザ・シティ shoz_さんの映画レビュー(感想・評価)

セックス・アンド・ザ・シティ

劇場公開日 2008年8月23日
全46件中、10件目を表示
  •  
映画レビューを書く

共感できないしリアリティ無いし非日常でもない

ニューヨークは当然ながら実在する街だし、VOGUE もロスの絶倫イケメンも不倫おじさんもゲイもブルックリン橋も現実だ。サラジェシカパーカー演じるキャリーみたいな女性も、それに共感する女子達もそう。
この映画は反吐が出るほど現実で、それでも女4人、愛があれば笑って過ごせるよね!みたいな底抜けの明るさがうざい。
キャリーの助手を務めあげて寿退社なルイーズ以外全員ゴミだし、特にシャーロットは彼女だけやたらまともっぽい描き方されてるけど「このバカで不幸な3人の女たちと比較した時の私よ」みたいな感じが余計にクソ。

ブルックリン橋には行きたい

shoz_
さん / 2016年11月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報