GOEMON インタビュー: 江口洋介 インタビュー

ホーム > 作品情報 > 映画「GOEMON」 > インタビュー > 江口洋介 インタビュー
メニュー

GOEMON

劇場公開日 2009年5月1日
2009年4月27日更新

CASSHERN」の紀里谷和明監督が、同作以来5年ぶりに送り出す監督第2作は、オリジナル長編「GOEMON」。あの天下の大泥棒、石川五右衛門を主人公に、虚実織り交ぜた戦国時代の中で、紀里谷監督独特の豪華絢爛な映像とともに繰り広げられるドラマとアクションに圧倒される1作だ。本作でタイトルロールの石川五右衛門を演じた江口洋介にインタビューを敢行。撮影現場の様子やキャラクターを築き上げていく過程での苦労を明かしてくれた。(取材・文:編集部)

江口洋介 インタビュー
「全ての常識を取払い、発想も新しくしていかないと出来なかった」

かつてない苦労とともに五右衛門を熱演した江口洋介 かつてない苦労とともに五右衛門を熱演した江口洋介

石川五右衛門は実在した人物とはいえ、謎多き人物でもある。しかも、本作では紀里谷監督の独自の解釈も加えられている。そんな五右衛門を演じる江口も、当初は本作の独特な世界観に戸惑いを覚えたようだ。

これまでにない石川五右衛門像を体現 これまでにない石川五右衛門像を体現 [拡大画像]

「五右衛門といったら、基本的に歌舞伎とか、『浜の真砂は尽きるとも、世に盗人の種は尽きまじ』っていう辞世の句で有名な大泥棒っていうイメージくらいしかもってなかった。五右衛門が描かれた映画もいくつか見ましたが、今回は単なる時代劇じゃなくて、中世ヨーロッパや近未来な要素も入ってるし、衣装合わせの時も、監督が金髪にしてみてとか、赤いコンタクト入れてみてとか言うので、これは今までの五右衛門とはちょっと違うぞと。イメージとかけ離れすぎて難しいなと感じました」

その違和感は、撮影が始まってもしばらくは残っていたという。

「監督が抱くある種の妄想みたいなイメージの連続の中に、自分がどう入っていくかというのが困難でした。撮影が始まってからも、ずっとグリーンバックでやってるから、最初の1~2週間くらいは全体像が見えず、自分がどういう男を演じているのかつかめないところがあって、監督と顔をつき合わせてもう一度ディスカッションしながら作り上げていきました」

既成概念を打ち破る本作の撮影はまさに体当たり 既成概念を打ち破る本作の撮影はまさに体当たり [拡大画像]

撮影はセットが組まれている部分もあるが、グリーンバックが基本でロケは皆無。そんな状況での撮影が、「一番困難でした」と江口は振り返る。

「何万人という大衆にお金をばらまくシーンだって、誰もいないから感じが出ないなって(笑)。撮影の前半はよく困ってました。モチベーションを上げていくために、五右衛門がどういう心情でここにいるのかということを徹底的に話し合ったり、あるいは遊んだり。極端な話、最後は酒まで飲んでやったところもあります。“こうあらなければいけない”っていう全ての常識を取払い、発想もどんどん新しくしていかないと出来なかった」

そう語る江口からは、紀里谷監督の世界観の中でいかにもがき苦しみ、あがいた上で、五右衛門というキャラクターを築き上げていったかが伝わってくる。

作品にかける熱い思いを語ってくれた 作品にかける熱い思いを語ってくれた [拡大画像]

「実はカメラアングルは全部決まっていて、撮影前には脚本のほか、完全な分厚い絵コンテ台本に、プレビズ(※プレビジュアライゼーション=事前に作られたテスト映像のようなもの)で2時間のアニメーションまで準備されてたんです。その緻密な論理に対して、こちらはどれだけ野生的に、ワイルドに、計算外のことをぶつけられるかが、映画にとっての成功につながるんじゃないかと。監督もそう思っていたと思いますし、観客に『CGはすごいんだけどね……』って言われたら負けだと、役者はみんな思っていたと思います。だから、キャラクターひとりひとりに納得いくまで熱くぶつかっていったし、周りになにもない中で撮影だからこそ、芝居もいつもよりか何割増でやっていきました。映像がスゴイから、その中でどうリアルでいるか。役者はみんな悩んでいたんじゃないかと思います」

これまでにない体験に苦労しながらも、だらこそ完成した映画には自負をもって熱く語ってくれた江口。観客には、その“エネルギー”をぜひ感じてほしいと語った。

「戦国時代の話ではありますけど、現代でも世界ではどこかしらで戦争があって、そうした戦いで血を流し、被害を受けているのは関係ない一般人です。そうしたところでも、ただの戦国時代を切り取った話ではなく、どの国でも場所でも人種でも、伝わる映画になっていると思いますし、何も血を流すことだけが戦いじゃないですけど、みんながもがいて生きていく中で、成功するためには何かと戦わなくちゃいけない。熱いエネルギーがボーン!っと出てくる映画ですから、ぜひその“エネルギー”を感じてほしいですね」

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

色と形と動きが紡ぐ物語に酔う瞬間に、何度も出会える
映画評論

「GOEMON」の桃山時代はバロックである。歪んだ真珠を意味するこの語で呼ばれる美術様式は、それまでの均整と調和を目指すルネサンス様式に対して、変化と過剰を尊ぶ。激烈にして装飾過多。狩野派よりも琳派。この映画の意匠がバロック様式なのは...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

GOEMON[Blu-ray/ブルーレイ] GOEMON[DVD] GOEMON Ultimate BOX[DVD] GOEMON Ultimate BOX[Blu-ray/ブルーレイ]
GOEMON[Blu-ray/ブルーレイ] GOEMON[DVD] GOEMON Ultimate BOX[DVD] GOEMON Ultimate BOX[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2009年10月9日 最安価格: ¥5,122 発売日:2009年10月9日 最安価格: ¥4,093 発売日:2009年10月9日 最安価格: ¥6,982 発売日:2009年10月9日 最安価格: ¥6,580
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全80件)
  • 戦国物のフリをしたSF映画 まるで昔の中国みたいな世界観です(;´∀`) 三国志っぽいw 日本のCG技術をふんだんに押し込めており この当時にしては頑張ってますよね。 ハリウッドの足元にも及ばないけどw かなり映像とし... ...続きを読む

    ▼・ᴥ・▼ marron ▼・ᴥ・▼ marronさん  2018年4月20日 11:54  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 五右衛門の肉体美 豪華な俳優陣で、なかなかおもしろかった。 この映画の秀吉は、憎たらしくえげつなかった。 ...続きを読む

    やっちゃん やっちゃんさん  2017年10月2日 20:07  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 美しい映像美 全ての映像表現がとても綺麗な作品です。 視点やカメラワークがとても独特で見方によってはちょっと 酔うかもしれませんが慣れればしっくりみれます。 ...続きを読む

    kikki_tk kikki_tkさん  2017年8月24日 13:52  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 来る 岡田准一&小松菜奈が初タッグ 中島哲也監督は怖い人?
  • インタビュー 斬、 池松壮亮&蒼井優“塚本晋也監督は真のインディペンデント作家”
  • インタビュー 鈴木家の嘘 「“家族”を改めて考えた」岸部一徳、野尻克己監督デビュー作で息子を亡くした父親を繊細に体現
インタビューの一覧を見る
Jobnavi