劇場公開日 2009年1月24日

誰も守ってくれないのレビュー・感想・評価

3.328
12%
43%
33%
11%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全28件中、1~20件目を表示

3.5問題提起、知らない現実

2019年12月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

事件には加害者と被害者が存在する。
それらが天涯孤独でない限り、加害者家族と被害者家族が存在し、ともすれば親戚縁者をも巻き込む。
そんな相関関係の中で加害者家族の保護という考えた事もないテーマがこの映画だ。
確かにこの視点は興味深い。

ニュースを見て視聴者となった我々は加害者家族含めて悪とみなす。加害者を生み出す素地が家庭にあると決めつけるからだ。
感情論で言えば、加害者側に情状酌量の余地は無い。
その反面、人権という憲法に保障されている権利を遵守するために警察機関が率先して保護をするという矛盾がもどかしい。

私個人的な意見ではあるが、犯罪において被害者側より加害者側が何故にそこまで擁護されるのかと疑問だらけな現実に嫌気はさしている。
非人道的な事件を犯した者に、年齢問わず人権は剥奪されてもいいと思う。問答無用なのだ。

さてこの映画。
10年前の作品で既にネット炎上が盛り込まれる。
そんな先進的なマスゴミからテレビや週刊誌のマスゴミがリアルに描かれて興味深い。
前半圧倒的なスピード感でドラマが進み一気に引き込まれる。
惜しい事に、最後が締まらない⤵️

佐藤浩一さんはこういう重い主人公にピッタリだ。
また、当時16歳の志田未来ちゃんはとてもこの歳とは思えない演技力。
今だに一線で活躍できている片鱗が充分に見る事が出来る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ツアステ侍

3.5殺人事件の被疑者家族として言われのない社会的制裁を受ける15歳の少...

2019年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

殺人事件の被疑者家族として言われのない社会的制裁を受ける15歳の少女(志田未来)と、彼女の保護を命じられた中年刑事(佐藤浩市)の逃避行をドキュメンタリータッチで描いた社会派サスペンスドラマ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

4.0「お茶漬けにしてやってください」「筋子が凍ってるな」

kossyさん
2019年9月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館、TV地上波

 背筋が凍る・・・なんども飛び出す勝浦刑事(佐藤浩市)と三島刑事(松田龍平)のやりとり。1月24日に放送された連動ドラマ『誰も守れない』を事前に見ておくと、“シャブ漬け”という言葉につい噴いてしまいましたが、三島の自虐的とも言える性格など彼らの性格、迷コンビぶりが楽しめる。その上、「背筋が凍る」という言葉の重みも過剰で執拗なマスコミ取材のいやらしさ、それに情報過多のネット社会の存在が被害者家族をおびやかす顛末を象徴していたかと思う。

 事件の4ヶ月前を描いたTVドラマ『誰も守れない』では被害者家族の許へ検察庁の被害者相談室の支援員が即日訪れるのですが、この映画では加害者家族を守るために区役所職員や教育委員会までが家族宅へ駆けつけてくるのだ。なぜ区役所?などと首を傾げていると、いきなり離婚届と婚姻届の判を捺させ、容疑者家族の姓を変えてしまうという荒療治を施してしまう・・・驚きだ。

 勝浦目線で追いつつも、やがて困惑しっぱなしの加害者の妹沙織(志田未来)目線へと見方も変わり、家族が犯罪を犯すことが周りに与える影響の凄まじさにのめり込んでしまうこと間違いなし。『手紙』という映画も加害者家族を扱っていましたが、同じ殺人事件であっても貧しさからくる古風な事件でした。その点、今作では直情的(状況は説明されてない)な現代的な犯行。発達した情報社会の中にあって、身につまされる内容だ。

 それにしても佐々木蔵之介(佐々木とはいえ、だいまじんではない)が演ずる新聞記者はとても怖い。自身の息子が不登校になったということもあって、犯罪を憎みすぎ。たしかに被害者遺族の気持ちを考えてみると糾弾したくなるのもわかりますが、その標的が犯人の妹というのも・・・頭がおかしいだろ!人間はなぜか弱い者を攻撃したくなることの表れなのでしょうけど、執拗なカーチェイスをやってのけるパパラッチのようなマスコミにしても、それこそ背筋が凍るぞ。

 その新聞記者が言い放った「家族は死んで償え!」という言葉にしろ、TVドラマでの「犯罪が起こらない限り捜査できない」といった印象に残る言葉も多い。3年前の事件の被害者であるペンション経営者夫婦(柳葉敏郎、石田ゆり子)の悲しさも目の当たりにし、しきりに反省する勝浦。沙織には他人の痛みをわかれば人として成長できる、これからは家族を守れと説くシーンもいい。。殺人犯人の家族という事実は一生ついてまわるのだが、彼女の人生は何度も壁を乗り越えなきゃならないんだろうなぁ。

 なんとなくダルデンヌ兄弟の映画を参考にしたんじゃないかと思えるセミ・ドキュメンタリー手法。君塚監督は『マイティ・ハート』を参考にしたと述べていたので、ウィンターボトムだったんですね。

※TVM「誰も守れない」感想

 学校の教師が生徒たちにシャブを売っている・・・ひどい世の中。そんな物騒な中でも勝浦刑事と三島刑事(松田)のコンビが笑わせてくれる。

 襲われ入院した尾上社長(山本圭)の意識が回復。おぼろげながら、犯人が「家族も覚悟しろ」と言い残したことが蘇ってきたため、警察は家族の保護も検討する。命ぜられた勝浦は「泳がせて犯人逮捕」を主張したが医師を保護することになった。しばらくすると、ネットの書き込みにより、会社の黒い情報が浮かび上がってきた。しかし、厳重な警護に怖気づいたのか、今度もまた娘の借金地獄というデマの書き込みが・・・

 保護3日目。単独で怪しい患者(成宮)を尾行中、暴漢に殴られ拉致される三島・・・シャブ漬けにされ放り出されてしまう。患者情報の提供を拒み続けてきた医師だったが、三島のこともあって漸く怪しい人物について語り、逮捕される。

 しかし、実行犯は携帯の裏サイトで「復讐を5万円で請け負う」などと非道なことをしていたのだ。誹謗中傷や裏サイトの存在。ネット社会の悪を暴くような内容もあるのだけど、むしろ映画のための序章のような扱い。勝浦が妻と別居中で娘にプレゼントを買おうとしていることや、三島が捕えた犯人の同棲相手と付き合おうとして振られるとか・・・

 それにしても、守るとは言っても「事件が起こってからでないと捜査できない」現実。交通事故にしたって、死人が出ないと改善されないこともあるし・・・

〈どちらも2009年1月鑑賞〉

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

2.0何を守るのか

2019年9月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

Fテレビらしい作りの映画。偏見の塊。
「ネット=悪」としたかった描き方。それこそが「悪」。
ネットにイヤな目でもあったのかなw
ネットで晒されたらもう逃げられないぞ、って脅し。
でも逃げるって何から?
マスコミ?ネットおたく?
何が言いたいの?何から「守れ」ないの?

主演の佐藤さんも刑事としてブレブレで無神経。
先ずは志田を母親に合わせるべきでしょ。
そして何故被害者宅に逃げ込む?おかしくない?
そら佐藤さんの「顔も見たくない」わさ。

志田追いかけるマスコミの執拗さとか、
(ハイエースでクラウンには追いつけない)
佐々木蔵之介のネットで情報拾ってる記者とか、
(あ、これも雑誌記者への偏見か?)
ワイドショーのコメンテーターとか、
(ファミレスでワイドショー流れないし)
最後は完全に「ネット=悪」としての見事な描写。
最後のおたく?あんなかっこうしたヤツいるか?

オチも浅くて、何が解決してるのかぼんやりして終了。
みんな笑顔なら解決じゃねーよ。ざけんな。

いろいろ熱くさせてくれた分つまらなくはなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
クリストフ

2.5惜しい

ぱんださん
2016年10月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

知的

題材も俳優も文句なしなのに、俳優のよさが引き出されきれていない気がする。俳優たちの個性が強いためか、登場人物の誰もが中途半端な展開でもったいない。佐藤浩一さんの心の病と今回の事件との関連がいまひとつピンと来ない。松田龍平さんだけが役どころも個性もハマっていた。沙織の彼氏の声の高さで星2つ消えた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぱんだ

3.5容疑者家族のその後

2016年7月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミント✩

3.5家族はお互いに守りあわなければならない

casiopeaさん
2015年3月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

あっという間の2時間だった。一人の殺人犯のために苦悩する家族。それも加害者家族を取り上げて映画にするといった考えは素晴らしい脚本である。いつも被害者家族を中心に描かれる場合が多いがこの映画は違う。マスコミ、ネットオタクの異常な行動、まさに現実にあってもおかしくない描写、震え上がりました。「どんなに辛くても嫌であっても家族はお互いに守りあわなければならない、それが生きるということ」とても当たり前だけどなかなかできないことだ、と考えさせられた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
casiopea

5.0引き込まれました。ホラー映画より怖い

2014年11月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shinya_ohtani

2.0期待

がいさん
2014年10月6日
iPhoneアプリから投稿

悲しい

しないで観たが意外と良かった松田龍平。この役がよく似合っている。珍しく人間味がある演技って言うか。しかし犯罪は被害者も加害者もどちらも周りみんなに影響が出る。罪を犯したヤツはそれを理解して欲しい。理解した上、罪を償ってもらいたい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
がい

5.0もやもやするのが、いい映画の証拠。

cpcpbawさん
2014年9月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
cpcpbaw

3.5煮えきらないテーマに考えされられる。

2014年9月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

刑事(佐藤浩市)と女子中学生(志田未来)の想いが交錯するなかストーリーが進む。現代のインターネットでの情報の流出の問題や、顔が見えないインターネットならではの、痛みを感じず、まるでゲームでもしているかのような行き過ぎたイタズラに振り回される。その辺りを色濃く反映した物語。

苦汁を飲まされ続けるがじっと我慢をし、それが運命だと言わんばかりに、命令に逆らえない刑事、佐藤。志田は、兄が人殺しをし、兄が逮捕された日に母親が自殺をしてしまう。父は、兄を勉強という檻に閉じ込め、志田はそんな父のことを嫌っている。というかなり暗く重いかせを背負わされ、更には恋人にまで裏切られるストーリーは、観ている側にも重苦しさを感じさせる。

その中で、凡人の刑事とのやり取りはなにか爽快感に欠ける。が、これがリアリティなのだとも思う。スカッとはしないが、どこか現実味を帯びているストーリーは、社会にひと石を投じるのにはちょうど良いと感じた。

警察が容疑者の家族を保護することに対する考え、対応がたんたんと、中立で描かれ、何が良い、悪いの話ではない。

ラスト、志田との心の繋がりが佐藤の明るい未来を暗示させるような終わり方は好感が持てる。

欲を言えば、柳葉敏郎と石田ゆり子の夫婦をもう少し丁寧に観たかった。過去、佐藤が関わった事件で我が子を亡くし、警察や容疑者、そしてその家族に対する熾烈な感情が描かれている。だが、少ないシーンでの表現になっており、怒ったり、悟ったように冷静になったり、許したり、とちょっとせわしない感じを受けた。良い芝居なのだが、そこは今回のテーマを真正面にとらえるため、深堀するわけにはいかないのだろう。都合上必要だからせわしなく踊ってもらったのかもしれないが、じっくりと見たかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りんごえん

2.5テレビ屋が作った映画

77さん
2011年10月1日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

志田ちゃんの演技が見たくて鑑賞。
役者もいい、題材もいい、なのにどこかチープな仕上がりに。
もっと深みが出るテーマな気がするのにそこに踏み込んだのに結局上辺をすくっただけのような。
テレビ局制作じゃないパターンを見てみたいなあと思ったもったいない作品でした。
あと音楽が頭からしばらく離れなくなりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
77

3.5やや過激に作りすぎている

2010年1月29日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
わたぼう

5.0鑑賞した夜、夢にまで出てくるほどの衝撃

septakaさん
2010年1月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

幸せ

感動しました。落涙もしました。が、靄が晴れない。
鑑賞日の夜、夢にまで、出てくるくらい、衝撃をうけた。
ホラー映画以外で、その日に見た映画が夢に出てくるなんてなかったのですが。。。

この作品も幾つか情報を知った上で鑑賞しました。
①『踊る大捜査線』取材の時に、こんなこともあるんです、とリサーチして映画化
②順撮り
③佐藤さん、志田さん。撮影中は意識して距離をおいていた
④ちょっと変わった撮影方法をとった。本当の表情が欲しくて、
 志田さん、一部、本番待ちのときとか、素のときの表情を使った
⑤その他、ストーリーに関するエピソード(ネタバレになるので伏せます)

期待度MAX、期待するポイントも絞られているのに、
ここまで、心が響いたのですから、秀作に間違いはないです。
が、エンドロール中から、客電点灯しても、靄がはれない。
作品に圧倒されてるから訳わかんない。だから、すぐに帰らず、
しばらく劇場のロビーで気持ちの整理をしていました+靄の理由を知りたくて。

〈 犯人は戻ってきても、息子は戻ってこない 〉

靄の理由、行きついた先は、ここかと。

佐藤さん、志田さん、ともに一区切りをつけ、
とりあえず、ハッピーエンドのようなかたちで、二人の気持ちに踏ん切りはつきます。

でも、志田さんの家族に殺された少女は、もう家族のもとには戻ってこないんです。
その、被害者の心を、柳葉さん・石田さんご夫妻に代弁させたのでしょうが、それは、
やはり、あくまで代弁であって、本当の被害者家族にとっては、なにも解決していない。

ストーリー構成としては、しょうがないのでしょうが、
加害者・被害者がいるなか、どうしても一個人、人間としての倫理観で、
加害者だけが救われて、被害者の救いに、なにも触れられていないのが納得できない。

エンドロール中、どうして涙が出るのか、わけわかんないのに、泣き続けてたんです。
今ならわかるんです、被害者の家族がいたたまれなくて、涙が止まらなかったんですね。

音楽もいいです。
そして、やはり佐藤さん、志田さんありきの作品です。

オープニングで、音楽と映像にやられて、早々に泣いてましたからね。
これから、志田さんに、哀しい出来事が起こるのに、こんな満面の笑顔で、
哀しい哀しすぎるって。オープニングで、いきなり泣いてた奴、私だけだと思います(苦笑)。

監督、主役の佐藤さんを6ヶ月待って、撮影。
え~、主役の佐藤さん待ちをしていらっしゃる監督さんが、多数いるそうです。

心に傷を抱えてるのに、家族も守れないのに、他人を守る、
それも被害者でなく、加害者の家族を守る刑事。月並みな言葉で、
大変申し訳ないのですが“すごい”。これしか、みつかりません。

志田さん。彼女なしでも、この作品は成立しません。

★彡     ★彡

映像が揺れてて観にくいんだよ、とか
インターネットへの書き込みはやりすぎかな、とか
『ブラッディ・マンディ』に似たシーンあったなとか、
『リリィシュシュのすべて』に似たシーンあったなとか、
佐藤さんが、柳葉さんのところに、志田さんを連れて行くのはどうよとか、
こちらも、突っ込みどころはあるのですが、これはドキュメンタリーではなく、
映画なのですから、着眼点のよさと、役者さんの素晴らしい演技に免じて、
許してあげてください(“減点法”でなく、“加点法”でみてあげてください)。

夢にまで出てくるような、衝撃の体験をありがとうございました。

◆      ◆

【 補記 ~ネタバレ?かもしれないので、未見の人は飛ばして下さい~ 】

①映画を終え、ストーリーをもう一度さかのぼってみると、
 志田さんが、あそこまで責められるのも、しょうがないかなと。
 だって冒頭のシーンと終盤のシーン、リンクさせると、彼女も“○○”を
 ついているわけですよね。でも、想像したくもないけど、自分も身内なら、
 志田さんと同じ行動をするだろうな。

②志田さんと冨浦くんの関係
 フジテレビドラマ『わたしたちの教科書』では、
 冨浦くんがイジメで志田さんを自殺に追い込む。
 そして、今作では・・・。これも、なにかのめぐりあわせなのかなぁ(苦笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
septaka

5.0誰も守ってくれない

2009年8月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
youjikun38

4.5ギバちゃんいい味出してる

2009年5月28日
鑑賞方法:映画館

悲しい

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
「余命」
「誰も守ってくれない」

と候補がある中、

やっぱり、三国連太郎の息子が出てるので、
「少年メリケンサック」とのギャップをより楽しむ為に

「誰も守ってくれない」に決定

先日、同じような配役で前振りのドラマもやってましたね。

で、WMC大宮に行ったんですが、時間が会わない為、急いで、WMC浦和美園に移動

ストーリーは、未成年の兄が幼女殺人の犯人として逮捕され、家族はバラバラに、妹は刑事に保護されるというお話です。

考えさせられますよ。もし、家族が犯罪犯したらね~

例によって、ネタバラシになるので内容はそんなに書きませんが、
予想通り、落ちをつけるのがむずかしかったようです。ちょっとよわい。一生続くんだから落ちのつけようがないものね。

インターネットの掲示板とかを悪者にしています。おかしい人間達がやってる設定ですけど、実際にはごく普通の人なんですよね。掲示板で酷い事してるの。
実際には、殺人予告など入れるとすぐに本人が判明しますから。だめですよ。いたずらしちゃ。

佐藤浩市(刑事)
昔はただの野菜でしたが、最近、結構、いい味出してますよね。「マジックアワー」でも。

志田未来(犯人の妹)
テレビドラマで、お姉ちゃんに散々苛められてました。うちの子と同い年とは思えない。しっかりした演技

柳葉敏郎(ペンションのオーナー:3年前刑事が追っていた薬中の男に息子を殺された)
この映画でもいい味出してます。この映画で一番重要な役どころですからね。秋田訛りが取れないのがいいんだよね。前の会社の人が中学のときテニスのダブルス組んでたそうです。

佐々木蔵之介(記者)
この人の役、必要だったの?意味不明。いらん。もうちょっとマスコミ系をちゃんと表現できないのかな。監督が悪いのかな?
(この役者は好きです)

松田龍平(後輩刑事)
優作のむすこ なんか不思議な魅力?下手なんだかどうかわからんが変な味がある。そういえば、ジーパン刑事もそうだったな。

とりええず、この映画もお勧め映画です

主題歌が、医龍のAesthetic と似た曲です。菅野よう子のNHKスペシャルのとかこういう曲好きです

『Libera』
イギリス、サウスロンドンに住む7歳から18歳までの少年達のなかからオーディションにより選抜結成されたボーイ・ソプラノによるユニット。

現在までに映画「ハンニバル」のメインテーマの他、ビョークやエルトン・ジョン、パヴァロッティ、アレッド・ジョーンズなどアーティストのアルバムへの参加などで注目を集めてきたリベラ。孤高の美しさと純粋さを表現するコーラスが世界中のTOPクリエイター達からも絶賛されている。

だそうで少年合唱団じゃん

おじさんパワーの
メリケンサック楽しみ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
赤いおじさん

4.5不満は残るが素晴らしい

2009年2月25日

悲しい

知的

難しい

凶悪犯罪が後を絶たない昨今!メディアも事件その物を取りあげてはコメンテーターなる人が様々な分析をしては事件の背景を探ってくれる!
しかし、事件後に犯人やその関係者がどのような人生を歩む事になるのか、または歩んだのか?それを報道しようとするメディアは少ない!
私が日々知りたがっていたその後のストーリーを映画化してくれたのはこの上なく嬉しい!しかもその家族の中の妹に焦点を当てるアイデアは素晴らしい!

しかし、少々リアリティに欠ける場面が目立ったのが残念だ!
マスコミ連中の傍若無人ぶりや警察相手にカーチェイスは少々オーバーではないだろうか?警察の人間性に欠ける対応も非現実的だし、監督の思惑が見え透いてしまう。
ネットの炎上も暴力的過ぎてかなり大げさ!恋人の少年が取った裏切り行為は非現実的で理解に苦しむ!
監督の君塚良一氏がテレビ番組でリアルに描けば逆にリアリティが無くなる!オーバーな方がリアルだとコメントしていたが、映画を見た限り甚だ疑問に思ってします。
ただ、非常にデリケートで重い内容だけに短時間の映画では表現しきれないのかもしれないし、一般客はエンターテイメント性を持たせなけれべ喜んで貰えないのかもしれない!
重要なセリフもストレート過ぎて重みがなかったのではないだろうか?
個人的にはもっと深くデリケートな内容にして欲しかったというのが本音だ!

最後に俳優陣だが、主役の佐藤浩市の演技が素晴らしいのは勿論であるが、志田未来の迫真の演技はベテラン勢を凌駕するほど素晴らしかったと思う!まさにこの作品の柱になっていると感じてしまうのは私だけだろうか?松田龍平も良く知らなかったのだが、この作品を見るかぎり個性的でいい役者さんだと感心した。
作品に大きな不満は残るが、それを差し引いても十分に素晴らしいと思える作品であった!
私は君塚良一監督に今後更なる作品に期待せざるを得ない!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スネーク

4.0いつ自分に起きても不思議じゃない話。

2009年2月5日

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
レナカナママ

5.0ズドン!っと心に重しが・・・

ゆりこさん
2009年2月4日

泣ける

悲しい

怖い

かなり重たく難しいテーマ。
深く考えさせられる映画でした。
でも素晴らしい!早くも今年の心に残る映画の1つになりました。

旬なネタとして報道するマスコミ。
歯止めがかからないネット暴走。
私も以前、ある未成年犯罪者の画像が流出してると知ったことがありゾッ!っとしましたが
便利な世の中になる反面、益々プライバシーが保たれない現状。
特に日本人は家族連帯が強い傾向にあるので
身内に犯罪者がいたら、さぞ暮らしづらいでしょう・・・
でもその傍らに、もっと悲しんで辛い思いを虐げられている被害者の家族もいる訳で・・・
難しいですね(涙)

人間は常に大切な人と共に生き、大切な人と共に生活をしている。
一人一人そう責任を感じて人生を歩みたいものですね。
私の子供にも観せたい映画。
決して観て損はないと思います^^

        1月28日109シネマズ高崎にて観賞

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆりこ

4.0犯人の顔、1万円で買いますよ

shimoさん
2009年2月3日

泣ける

悲しい

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
shimo
「誰も守ってくれない」の作品トップへ