スリザーのレビュー・感想・評価

メニュー

スリザー

劇場公開日 2007年12月8日
8件を表示 映画レビューを書く

面白いではないが、これぞ映画って感じです この感じクセになる

面白いではないが、これぞ映画って感じです

この感じクセになる

マリック
マリックさん / 2019年1月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シンプル&安定の侵略者

ジェームズ・ガンなんですね!
「うわ!気持ち悪っ(笑)!」と、思いながらも 楽しく鑑賞しました。

こう言った作品を観ると、どうしても昔っぽさを感じてしまうけれど、B級っぽさ全開で そこが逆に良いのかな。

エリザベス・バンクスのダンナが ハゲツルピッカのマイケル・ルーカーで、地球外生命体に乗っ取られ 徐々に変貌していく姿は、身を乗り出して凝視する程 気色悪かった(笑)
身体を乗っ取られゾンビ化した町の人達が「スタ~ラ~~…」「スタ~ラ~~…」ってウヨウヨしてるのには流石に笑った。

m@yu-chan-nel
m@yu-chan-nelさん / 2018年11月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大ナメクジの侵略

これでもかと言うほどの典型的なアメリカのB級SFだ。狩猟解禁日に沸く田舎の村人たちだったが、そんな中落下した隕石からエイリアンの侵略が始まる…というもの。
過去作のオマージュなのか、どこか見覚えのある場面がちらつくが、本作は近年のこの手のB級SFの中でもかなりのグロさを誇る。体が真っ二つに裂かれ、内蔵が飛び出す描写は見所の1つだ。エイリアンの個体はナメクジ状のタイプだが、人に寄生して人をゾンビ化させる。本作のこの湿った空気感にはゾンビが丁度良かったと思う。そこまで魅力がある作品ではないものの、本作の独特な構成はやや癖になるかもしれない。

MASERATI
MASERATIさん / 2017年8月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

B級の小気味よさ!

後から知りましたが、ガーディアンズオブギャラクシーの監督の初監督作品。
CGやキャラの立ち方のおかげで、ちょうどよく楽しめます。

tomato
tomatoさん / 2017年7月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

途中で笑いを堪えるのに必死 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

B級“病気持ちの腐れチ○ポ映画”
この手の奴は大好物だから楽しかったですね〜(^-^)v

登場人物達がエロに走ると謎の生物に次々と寄生される。何というホラーの王道か!…楽しいです(笑)
『エイリアン』系プラス『ヒドゥィン』系と来て、後半はおもいっきりゾンビ映画で攻め込んで来ます。
途中の“イカ臭い”辺りからは笑いを堪えるのに必死になり、それは《爆裂女》の登場で頂点へ、此処から来ました“ナメクジ大行進”(笑)
登場人物達にはそれぞれ過去からの人物相関図があり、ディフォルメされていてとても解り易い。基本的にはどうでも良いんですけどね(笑)
一応は理由付けがあって、最初に寄生した人物が《ビッグマザー》になり、結局は“やりたい時にやれなく、奥さんに対する嫉妬心”とゆう、何とも下らないところに着地する辺りがいかにもB級っぽくて愛おしいですね。

ところで、みんなでギャル曽根を監視していないと日本も危ないんじゃないのか?(笑)

(2007年12月11日スバル座)

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年3月30日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

B級モンスターパニックとしてはグリードに次ぐ良作

ガーディアンオブザギャラクシーの監督作ということで借りてみた。
全く別ジャンルで脚本まで担当しているにも関わらず、緩急も展開の盛り上げ方もさすが、超大作に8年後大抜擢されるだけある力強い作品だった。まさかの主要キャストに驚きつつ、きちんとスリラーの定番要素と、新しい展開を織り交ぜ最後まで楽しめる出来となっている。
やはり誰にも癖があるので、タイトルインやBGMの使用箇所がまんま監督だなと思える。小ネタの使い方も嫌いではないが、少々この作品ではやりすぎたかな。

willstrong
willstrongさん / 2014年9月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

食事中には観ない

気持ち悪いです。なんか。
スプラッタはそれほどではありませんが、
登場するエイリアン(ナメクジ!)と最強のラスボスがやけに不快。
この手のSFホラーは「パラサイト」や、「ボディ・スナッチャーズ」、「インベージョン」などがありますが… その中でも抜群の気持ち悪さです。
ま、そこが良いんだけども。
エイリアンに寄生された人間はだいたいの他作品では異常な行動を見せるだけですが、本作は完璧にゾンビです。ま、「ドーン・オブ・ザ・デッド」の脚本家だから納得…?
グロ苦手な人は止めましょう。

カピバラ
カピバラさん / 2014年6月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

B級ホラーだがエリザベス・バンクス別格の美しさ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

どこか観たことがあるエイリアンが人を操りその星を侵略する。おそろしく速い大量のナメクジが人の体に入り込み操りますがいわゆるボスキャラを倒してハッピーエンドって映画です。グロいエイリアンは面白い。人の体が真っ二つになるシーンが見ものです。よくできてる(CGっぽくない)アメリカのエイリアンホラーって必ず田舎町(テキサスとかカナダの田舎の方)のカーニバル(感謝祭とかこの映画は鹿撃ち解禁祭り=笑)が必須ですな。とにかくグロは多いのでそのシーンが苦手な人は観ない方が良いかもですね。それにしても個人気にはエリザベス・バンク一押し。

としぱぱ
としぱぱさん / 2010年12月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

8件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報