デトロイト・メタル・シティのレビュー・感想・評価

デトロイト・メタル・シティ

劇場公開日 2008年8月23日
42件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

松ケン

なかなかデスタ。

sambalsoton
sambalsotonさん / 2018年10月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作のバカバカしさを再現

あの歌詞を歌うだけでもちょいと凄い。
キャストのイメージも近いと思う。
誤解と曲解でデスメタル界をのしあがってしまうのだが、ファンと言い、社長と言い皆さん狂っておられる(笑)
松雪泰子が下品なビッチ臭い社長でいい味を出しており、説明ばかりしているいつものファンを大倉孝二が演じているのだが、非常によく似合っている。
そもそも原作の雰囲気が軽い感じなので、実写化にさしたる違和感がない。

特に松山ケンイチの情けない主人公根岸の腑抜け具合は原作のゴボウ野郎らしい。
部屋に社長(匠)に改装される様は哀れであるが笑えてしまう。
原作未読でどこまで楽しめるか?は懐の広さ次第と思う

うにたん♪
うにたん♪さん / 2018年7月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD、VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

演技は上手いけど松山ケンイチじゃない

オープニングはカッコよかった。

ただそれ以外はあまり笑えなかった。

漫画原作の映画やドラマは、原作のイメージや設定と違う所があってあまり好きになれないんだけど、若杉先生の作品は特にそうかもしれない。

この人の漫画は、漫画だからこそ生きる。面白さを発揮する。

ただこれは漫画を読んでる僕が言ってる事で、他の意見では面白いという声が多いため、若杉先生の作品を世に広める為にも、漫画の面白さをもっともっと皆に知ってもらうためにも映画になるのはいい事だと思う。

ノビ
ノビさん / 2018年2月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

何度も観たくなるような面白さがある。面白いだけではなくて観ていて勇気が湧いてくるし、デスメタルやっているのに松山ケンイチ演じる主人公がいい人で、売れても基本的にいい人には変わりない感じが安心感がある。心温まる映画。

syocoa95
syocoa95さん / 2017年1月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

松山ケンイチが素晴らしい

あまり漫画の実写化は好きではないのですが、
これは面白かったです。
主人公根岸を演じる松山ケンイチ氏の演技が上手すぎます。
デスノートのLといいどんな役柄もそつなくこなす
個人的には現在日本トップクラスの俳優さんだと思います。
ただやはり原作改変が全てイマイチ、
映画の時間枠に収めようとしているだけで
ただただ改悪でしかなかった。
松山ケンイチの演技を楽しむ映画だと思いましたが、
それだけでも見る価値があるなと思います。

灰猫
灰猫さん / 2016年12月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何度見ても…

面白すぎ!!ケンイチさんの演技半端じゃない❗

tatsu
tatsuさん / 2015年8月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もう何回見たかも分からない

邦画で一番好きな映画。
気分が滅入った時とかに見ると元気をもらえる。

松山けんいちのクラウザーさんは最高。
見ている間これが松山けんいちだって全く感じさせない。ホントに漫画から抜け出してきたみたい。

ピアノ教室の前で小躍りするクラウザーさんがすごく好き。
クラウザーさんを崇拝する信者さんたちも好き。
"あたしはそんなんじゃ濡れねぇんだよ~~"って叫んじゃってる松雪さんも大好きだ。

おこげ
おこげさん / 2015年8月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑ったw 渋谷系、メタル、ヒップホップ、パンク、色んなジャンルの人...

笑ったw
渋谷系、メタル、ヒップホップ、パンク、色んなジャンルの人たちをデフォルメしてて面白かった。「怨みはらさでおくべきか」「SATSUGAI」とかタイトルがウケる。
音楽の琴線てホントに人それぞれだよね~
あまり深く考えず見るべし。

李
さん / 2015年8月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クラウザーさん、最高です。

デスメタルに乗って繰り広げられる馬鹿馬鹿しい
程のコメディ。原作とは違った面白さがあり
最後まで楽しめた。
ちょいちゅう挟まれる小ネタ的ギャグが秀逸。
松山ケンイチのち○ぽカットのくだりなんが
大受けします。
ここまで役に成りきると頭下がります。
若かりし加藤ローザも可愛らしい。
(クマのパンツもね)
パンツと言えば松雪泰子さん、
ゲスなマネージャー役が素晴らしい。
煙草、舌で消すは下ネタ連発、
しかもパンツ見せすぎです。
後、ジーン・シモンズ御大が登場で
物語もクライマックスへ。
全編、メタルと軟派ポップスが入り混じる
音楽もなかなか楽しめました。
クドカン作品ではないものの同様の
笑いが数多く有りました。
いやー、少年メリケンサックと並ぶ
音楽コメディ作品でした。

としぱぱ
としぱぱさん / 2015年8月13日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

DMCにSATSUGAIされたい

誰しも学校や職場で自分自身の理想と現実の違いにもがき苦しみ、それでも我慢しながら生きてるわけで。

それが
たとえ自分の偽りの姿であっても、
ヨハネ・クラウザーⅡ世は最高〰!

2015年7月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

no music ,no dream

DEATH NOTE のL役以来好きになった松山ケンイチが出ていたんで観たのですが、今度は完全に3枚目の役で、個人的にはLのようなクールな役のほうが似合っていると思う。 本当はラブソングを歌いたいのに、どういう訳かヘビメタのスターになってしまった青年の話。 最後はラブソングのフォークシンガーになるのか、ヘビメタのスターのままなのかが観ている人の一番の関心事であるが、 結果は、私の期待とは逆だったので、星2つです。 本物のヘビメタのジーン・シモンズ(KISSのメンバー)が出ています。 主人公が言った言葉、「no music ,no dream」(no music ,no life を主人公がアレンジ)が印象深い。

ジョニーデブ
ジョニーデブさん / 2015年5月18日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

漫画読んでない場合σ(^_^;)

めっちゃおもろかった!!
おっさんが見ても◎(≧∇≦)

小雪の旦那?ええ仕事しとるなぁ
松雪さんもいい感じ。
日本のマンガって面白いね〜

ビデオとかケーブルで見るのはオススメ!

DOA
DOAさん / 2014年7月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いやぁ笑った!

松山ケンイチってなんでこうどんな役でもピッタリするのかなぁ。これの前に見た松ケン作品が「人のセックスを笑うな」だったんだけど、全く違和感なかったのが不思議。
松雪泰子は、今までシリアスな役しか見たことなかったからすごく新鮮で良かった。部屋をぐちゃぐちゃにするシーンの狂気は凄まじかったな。もしや、普段は結構はっちゃけた人なのか?と思っておもしろかった。
宮崎美子がクイズ番組以外でテレビに出てるの初めて見た。バラエティの人だと思ってたら女優さんだったんだね。
原作に漫画は読んでいなかったからかもしれないけど、最初から最後まで純粋に楽しめた!メタルまではいかないけどロックが好きだから音楽も良かったし。かなり笑ったなー。特に、大分に帰ってきたクラウザー様が最高w爆笑した。

Chisa
Chisaさん / 2014年1月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こういうメタルは嫌いじゃない

映画評価:60点

メタルという文化が僕は理解できない!という事もあったので、ずっとスルーしてきた映画だったのですが、時間的に100分前後で見れる作品を探していて、調度手に取ったことから見ることとなりました

期待していなかったので、見終わってみての感想は以外に面白い…でした

なんか松山ケンイチの印象がデスノートの[L]だったので、オカッパで出てきた時は言葉を失いましたねw

クラウザーさんの衣装より笑えましたw
それが御洒落らしいです

あと、意外でしたがデスメタルの曲がとても良かったです!
僕も今度カラオケに行って歌ってみようかなとも思いましたね

演技力、構成、ストーリーは茶番でしたが、頭を使わず見れる点では、とても楽に笑えます

あとは、松雪さんのパンチラシーンがたくさんあったけど、全く嬉しくなかったよ

総評めっちゃ楽しめる作品でした

ヨコタス@名作探検家
ヨコタス@名作探検家さん / 2013年10月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

堤と品川監督は見習え

面白い!!
松山ケンイチのいい部分を
演出家・脚本家がうまく引き出している。

最後まで飽きない。何度でも見たくなる。

これは監督の統括力のたまものである。
現在の映画は組織で動く時代です。

またtv版は修正が入っているのでくれぐれも
DVDでみてください

やん
やんさん / 2012年10月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD、TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

毒も牙も抜かれてるシ───(-ω-)───ン ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

俺はこの映画のところどころにエキストラ出演していますワチョ――ヽ(・∀・)ノ――イ♪

撮影現場の雰囲気も良くて楽しかったし、だから他の映画と比べても思い入れは当然深いですイェ──ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ──ィ

それに原作の漫画も大好きで、松山ケンイチがクラウザーさんをやるということでかなり期待して楽しみにしてましたアヒャヘ(゚∀゚*)人(*゚∀゚)ノアヒャ

ところがいざ公開となって観に行ったら・・・

何だこの腑抜けたDMCは???( ゚Д゚)ゴルァ!!

原作の良さが全くと言っていい程抜け落ちてる。・゚・(ノД`)・゚・。

冒頭のライブシーンは良かったけど、そこから先が全然駄目!乂(´Д`;)

まず相川さんが加藤ローサってのがどうにもこうにも・・・(;・∀・)

相川さんは原作では黒髪の純和風な美人だけど、加藤ローサって思いっきりハーフだからその相川さんの持ち味であるおっとり感とぼんくら感が全く感じられません(´Д`)ハァ…

アサトヒデタカだってねえ~・・・「町中全部クロムハーツで飾ろう」とか単なる痛い人じゃねえか!!!ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

とてもおしゃれ四天王の1人には見えん(゚⊿゚)イラネ

ジャギだってもっとぶっ飛んでていいと思うし、カミュも全然狂気を持ってるように見えない。

金玉ガールズやMC鬼刃との対バンシーンだって短か過ぎる!!!!

ほんの一瞬で終わりだし、あれだけじゃ一体何があったのか全っっっっ然わからんですε-(´・_・`)ハァ・・

でも主役の松ケンは頑張ってるし、クラウザーさんに扮した時なんてほんと漫画の中から出てきたんじゃないかと思えるくらい瓜二つ(゚д゚)イーヨイイヨー

ただ根岸に戻った時のしゃべり方とか歩き方とか見ると、何かおかしな人にしか見えんのだな~(^_^;)

ストリートライブをしてる時だって普通にやればいいのに、変な振付をしながら歌ってるのが正直言ってわざとらし過ぎるアチャー(´・ω・`)

原作でも根岸宗一はストリートライブをやるたびに「ダサい」「キモい」と言われ続け、その怒りを糧にメタル楽曲を作って大喝采を浴わけだが・・・

後輩のテトラポット・メロン・ティーの佐治君の作る曲は根岸の曲調とそんな変わらない感じなのに、なぜかこちらは大人気という不条理極まりない設定で、漫画だからそこがなぜなのかはいまいち読者から見てもわかり辛い。

それを実写にしたからこそ、何でそうなるのかはっきりすると思ったけど、結局その原因が見た目だとか振る舞いの気持ち悪さっていうところに帰結してるのか?

根岸が社長に部屋をめちゃくちゃにされて、その怒りのエネルギーで新曲『恨み晴らさでおくべきか』を作るわけだけど・・・

原作では電車の中で痴漢に間違われたという結構ヘビーな状況だから怒りも分かるけど、部屋をめちゃくちゃにされた程度じゃ全然怒りの程度も弱い(-_-;)

グリとグラはなぜ犬になってんだ???

噴飯ものなのがジャック・イル・ダークとの対バンシーン(ノ∀`)アチャー

ジャックの衣装とギターは一体何ごとですか???

悪魔的な雰囲気とメタルの王者的な佇まいを見せたいがためだろうけど、誇張しすぎだし何より原作とかけ離れ過ぎてるヾ(゚Д゚ )ォィォィ

まあそれはいいけど、f**kを掛け合う速さが遅いし、何より全然対バン感がない(´д`)

そして火が一気に噴き出して、訳わからん形でクラウザーさんが買って、ギターをジャックからもらって、それで『甘い恋人』を歌うという流れはどうなんだろ?

メタルを続けるのが嫌で田舎に帰った根岸に、バンドメンバーと社長が借りてたものを宅急便で実家に送った時に"NO MUSIC NO DREAM"なと書いたメモが同梱されてて・・・

何でそういう綺麗なところに落ち着けようとするのか(´Д`)ハァ…

俺が思う原作に込められたメッセージは、好きな曲を作っても誰にも注目してもらえず、ファッションに気を遣ってるつもりでもファッションリーダーからは相手にされないという、鬱屈された日常送ってた根岸だからこそ「メタルモンスター」と呼ばれるほどの「怒り」「恨み」「欲望」「破壊衝動」を音楽に変えて世界に発信できることから、「コンプレックスを糧に這い上がれ!!!」という部分に尽きると思う。

それが結局「音楽に国境はない!」「どんなジャンルでも音楽は音楽だ!」みたいな感じで落ち着けるのはどうにもこうにも腑に落ちない( ´_ゝ`)

ただ松ケンのクラウザーさんはすごく良かったし、松雪泰子の社長、佐治君の高橋一生、そして俊君の加藤諒ははまってて良かったな~。

そして曲はどれも素晴らしい!!!ださいと揶揄される根岸宗一の『甘い恋人』なんてすごくいい曲じゃないか!!!!

サントラも買ってかなり聴き込んでるよ(`・∀・´)エッヘン!!

俺はメタルが大好きだし、さらにこのタイトルの元になった"Detroit Rock City"を作ったKISSのジーン・シモンズまで出演してもらったスタッフの頑張りは称賛できます。

『ファッキンガム宮殿』なんて完全にKISSの曲になってるし(^O^)

ただ・・・欲を言えばジャック・イル・ダークはオジー・オスボーンに演じて欲しかった(笑)

映画自体は正直俺は好きになれないけど、メタル好き、ロック好きは観てもいいかもネッ(oゝД・)b

初台験
初台験さん / 2012年7月10日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

裏表のギャップの面白さ

優しくピュアな草食系男子が泣く子も黙るような恐ろしいバンドに変身、この時点で何かパターンが見えてくるような感じがしました(笑)
しかしこの映画の最大の長所はそこであって裏表の生活観、世界観のギャップはとても笑わせてくれます。松山ケンイチさんの怪演もあって面白いことになっています。さらにその周りを取り巻くファンがこれまた面白く、クラウザー二世(主人公の裏の顔)が何をしても無駄に解釈し褒めちぎるのです。あんたも地獄からやってきたんかい!?っと突っ込みたくなるほど。
松雪さんの狂人っぷりもすごくまたこの人の新しい顔を見れた気がします(笑)。
ただちょっと気がかりなのが終盤のバンドシーンあたり。非常にベタなのですがちょっと今までよかったテンポが崩れ落ちた気がしました。わかりやすいが故、少々退屈でした。
とりあえずこの映画は前半、隙さえあれば笑いを入れ後半は主人公の成長を感じ取れる・・・といった感じでしょうか。いずれにしてもとても楽しい映画ではありました。

ソロモン
ソロモンさん / 2012年4月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 怖い 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コレジャナイ

ライブシーンに力を入れているのですが、なんかなぁ感がハンパないです。

エキストラが大勢出演しています。
エキストラの動かし方が下手なのでしょうか、演出が下手なのでしょうか
この映画は作られたものなんだ・・・作りものなんだ・・・
と認識してしまって冷めます。

いずる
いずるさん / 2012年1月3日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD、CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

むしろ原作より好きです。

原作の方も読んでいたのですが、
個人的には映画の方がわかりやすくて好きです。
クラウザーさんも忠実に再現されていましたね。
松山ケンイチさんのギャップのある演技もさすがと思いました。

終盤の方は少しだらだらしていた記憶がありますが、
それでも良かった。よくまとまってたと思います。

muckpiko
muckpikoさん / 2011年2月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

松山ケンイチ、やっぱりすごいなあ

全編マンガっぽいコメディですが、松山ケンイチ、松雪泰子、大倉孝二あたりの、ほとんどやり過ぎな演技が、作品全体を決定づけている気がしました。

松山ケンイチ、やっぱりすごいなあ。

ringo
ringoさん / 2011年1月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

42件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi