君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956

劇場公開日

君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956
25%
50%
25%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1956年の“ハンガリー動乱”を背景に、自由を求めて闘う恋人たちの愛と運命を描いた感動作。ソ連による弾圧が続き、自由を求める声が高まりつつあるハンガリーの首都ブダペスト。オリンピック出場を間近に控えた水球選手カルチは、革命を信じて活動する女学生ビキと出会う。それまで政治には関心を持たずにいたカルチだったが、ソ連軍との衝突で多くの市民が犠牲になるのを目の当たりにし、ビキと共に闘いに身を投じていく。

2006年製作/120分/ハンガリー
原題:Szabadsag, Szerelem
配給:シネカノン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C) 2006 GIBS KFT.AND FLASHBACK KFT. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.0水球シーンは100点なんだけど...

2013年3月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

十五年前のバルセロナ五輪の最終日。私は、水球の決勝試合・スペイン対イタリアに度肝を抜かれた。

 ボールの奪い合い時の水中の足蹴りの応酬、コートチェンジの時も選手どうしでの罵り合い…。水球を見たのがそれが初めてだった私は、テレビに映る格闘技まがいの乱戦に呆気にとられてしまった。が、両チームの選手たちが必死に戦っている姿に、国の威信やプライドをかけた「聖戦」のように見えた私は、その試合から感動以上のものを与えてもらった。今回見た映画のクライマックスとなった、1956年メルボルン五輪大会水球準決勝・ハンガリー対ソ連が、五輪史上に残る「聖戦」だったことを知ったのは、そのすぐ後のことだった。
 この作品は、ハンガリーとソ連が対戦する直前まで起こっていたハンガリー動乱の物語だ。自由を求めて立ち上がった若者たちや市民たちが、侵攻してきたソ連軍の戦車へと立ち向かっていく姿が画面に何度となく映し出され、その結果が歴史上の事実として分かっているだけに、ハンガリー国民が受けた悲しみに観客は胸を痛める。そして、物語が水球の試合へと移ると、当時のハンガリーの国民が受けた感激がどのようなものかを実感する。この作品を観ていると、ハンガリー動乱当時の人々になったような気分になってくるのだ。
 ただ、この作品の水球は、「聖戦」には私は感じなかった。それは、演出が水球選手と革命戦士の女性との恋に偏り、ソ連軍に立ち向かった者たちの心の琴線まで触れられなかったからだ。結局、ソ連と戦った水球選手たちの心意気を描くところまでも演出は至らず、その試合が国民の威信をかけた「聖戦」だったはずなのに、そこまで緊迫したものを感じられなかったのである。情緒的な物語にせずに、革命を志す者たちを描くことに演出が集中していれば、ハンガリー国民の「聖戦」が描かれたものになっていただろう。演出の舌足らずが目立った惜しい作品だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こもねこ
すべての映画レビューを見る(全1件)

他のユーザーは「君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956」以外にこんな作品をCheck-inしています。