ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記 : 映画評論・批評

2007年12月18日更新

2007年12月21日より日劇1ほかにてロードショー

ジェットコースターを楽しむように見る映画

ジェットコースターを楽しむように見る映画だね、これは。コーナーを曲がる度に新しい謎と仕掛けが出てくるけど、考えている暇がないほど先を急がされる。キャラクターの誰かがすぐに答えを言ってくれるから考える必要もないんだけどね。ベン・ゲイツ以下の登場キャラはみーんな博覧強記で頭脳も度胸も満点。すごーく簡単に何でも分かって何でも出来ちゃうから、悪いヤツラが襲って来て困った状況になりかけても、全然心配にならない。彼らに全てお任せして、こっちは他人事みたいにジェットコースターのスピードを楽しむっきゃない。

もちろん気になるところは山ほどあって、積もりつもったその疑問が、長いエンド・クレジットを見ている時に爆発。あれぇッ?ベンは祖先の汚名をそそぐために黄金都市を探し出すのに、それがどうして祖先の潔白を証明することになるんだか、ワカラナーイ!! お宝探しの手がかりはすべてビクトリア女王が持っていたものなのに、彼女はどうして自分でゲットしなかったの? エド・ハリスは悪役じゃなかったの? 一番気になったのはニックのおでこの生え際がすごく遠くなっていること。カツラが合わなかったのかなあ?

(森山京子)

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」の作品トップへ