心霊写真

劇場公開日

11%
22%
56%
11%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

母国タイで社会現象を巻き起こすヒットを記録した心霊ホラー。女性をひき逃げしてしまった主人公の周囲で、恐ろしい出来事が連発する。

2004年製作/97分/タイ
原題:Shutter
配給:クロックワークス=メディア・スーツ

ストーリー

カメラマンのタン(アナンダ・エヴァリンハム)は恋人のジェーン(ナッターウィーラヌット・トーンミー)と、大学時代の友人トンの結婚式に出席し、楽しい一夜を過ごす。その帰り道、二人が乗る車の前に、突然女が飛び出してきた。ジェーンのブレーキは間に合わず、女をはねてしまう。駆け寄ろうとするジェーンをタンは引き止め、そのまま現場から逃げ去る道を選ぶ。数日後、タンが現像した写真に女の顔のようなものが浮かび上がった。心霊写真だと騒ぐジェーンをなだめるが、それ以降、2人の周りでは次々と不可解な出来事が起こり、ジェーンはひき逃げした女性の呪いだと怯えだす。タンは女性の行方を探るが、どの病院にも事故で運ばれた女性はいなかった。ある日、タンの元にげっそりとやつれたトンが訊ねてくる。「あの写真のせいだ!」と叫び、詰め寄るトンを必死になだめるが、トンはいつの間にか姿を消してしまう。心配したタンがトンの家を訪ねると、リビングの机の上には、タンのものと同じ不気味な光が映っている写真があった。タンが振り向いたその時、トンはベランダから飛び降りてしまう。友人の死に放心状態となったタンは、トンの妻から更なる衝撃の事実を知らされる。結婚式に出席していた他の二人の仲間も、同じように自殺していたのだった。なぜ事故に関係のない彼らが死んだのか。タンは混乱するが、次は自分の番なのだと気付いていた。死の運命から逃れるため、タンとジェーンは必死でその謎を解こうとする。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • メメント
  • ヒッチハイク
  • フェノミナ
  • 魔性の夏 四谷怪談より
  • HAZE
  • 愛を複製する女
  • ディスコード
  • トーク・トゥ・ザ・デッド
  • クロユリ団地
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

4.0恐怖を楽しめました。

scopyさん
2014年9月4日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

悲しい

怖い

主人王がカメラマンと言うことで写真を利用した恐怖を上手く表現していると思う。
過去に、日本のテレビで放送した心霊写真と似たような写真が出て来たのを観て、心霊写真は万国共通なのかなとも感じた作品です。
主人公が交際していた女の子を冷たく捨てたことに対して、自分勝手な奴だ呪い殺されても仕方がないなと思っったのですが、しぶとくラストまで生きておりました。
女性の皆さん、こんな男とは交際しない方が良いと思いますよ。
余計なおせっかいだと言われそうですがね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
scopy

3.5アナドレナイ、タイホラー

2014年9月4日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

悲しい

怖い

レビュー0の映画をレビューしていく、勝手にレビュワン映画祭(笑)

第1回目は…

『心霊写真』

このホラーは、当時見てたらトラウマには確実になってましたね。ちなみに『シャッター』という名前でハリウッドリメイクもされています。

ストーリー的には『呪怨』『リング』より遥かに怖いし、よく練られているホラー。

この作品、なんとも恐怖演出が秀逸。

常に「何かくる」というのを持続させているので緊張感が途切れない。

さらにカメラという設定だけ入れて幽霊をバンバン出すという感じじゃなく、カメラのシャッターの光や写真の演出、最後のカメラの演出など伏線の回収の仕方もカメラの設定を最後まで生かしていてゾッとさせられます。

音でビクらせる系でもあるけど幽霊の姿も結構恐いのでドキッとさせられるし恐い。

最後の扉のガラスをうまく使った演出もお見事。

だけど今作はただのホラーではなく悲しいホラーでもある。

確かに伏線を回収してゾッとはさせられるのだが、それでも一緒にいたいという思いがこちらに伝わってきて悲しい愛の物語にも感じました。

とにかく恐い作品でもあり、悲しくもなる、なかなかアナドレナイホラー。

夏の時にでも見てみてください。

ちなみにハリウッドリメイクの方は個人的にイマイチでした。奥菜恵が綺麗だけど…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
作品に向き合うゆき平
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る