劇場公開日 2003年9月13日

クジラの島の少女のレビュー・感想・評価

3.73
9%
82%
9%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全3件を表示

4.0いきなりオスカーにノミネートされた感

kossyさん
2020年6月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 海辺にクジラの群れが打ち上げらて、村人が集まるシーンは壮観で、クジラを労わる彼らの努力がひしひしと伝わってきた。ここで思ったのが、この映画がアメリカで評価されたのもクジラを愛してやまないからなのかもしれないということでした。その後のシーンは想像ついたものの、『風の谷のナウシカ』を思い出させるファンタジーとなって気持ちが良かったです。子供が主役の映画と言えば、やはり学芸会!自然と涙を誘うケイシャの演技が見事でしたよ!

【2004年2月映画館にて】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

5.0マオリ族の間に生まれた少女の物語

2019年6月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
HIDE Your Eyes

3.5誰のせいでもない

rireさん
2016年1月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

族長である祖父が求める指導者としての血を引きながらも、女であることで認められない主人公。伝統が途絶えること、祖父が失望することに対し、彼女は何度も「それは私が女だったせい?」と考える。そして祖父もまた、ある事件をきっかけに、この不幸は誰のせいだ?と考える。そして彼女が、それは誰のせいでもないのだ、という結論に至り、それまでに、この小さな少女がどれだけ悩んだのだろう、ということに胸がいっぱいになるし、そこに辿り着けたからこそ、彼女は光を見出すことができたのだと思うと、自然と涙が出てくる。また観たくなるかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
rire
「クジラの島の少女」の作品トップへ