ロッキー4 炎の友情のレビュー・感想・評価

ロッキー4 炎の友情

劇場公開日 1986年6月7日
21件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

そこに強い奴がいるから戦う

今は亡きソ連とアメリカの熱い戦い。冷戦も程よい終わりに向かっていた時代だからかな。スタローンだからか。ソ連側を敵国バリバリではなく、真っ当な国の一つとして描こうとしている。怪しい科学技術や薬を使ってる部分はあるけど、最終的には男と男の熱い戦いとなる。
アポロが死んでからの復讐戦という形には見えるけど、ロッキーの戦う理由はそんなことではない。アポロの持っていた不屈の心を受け継いだからだ。どんなときでも戦いに挑む強い心を与えてもらったからだ。だからこそ、どんなに強力な相手でも怯まず突き進んで行ったのだ。アポロの意思を受け取り戦いに挑むことこそが彼の戦う動機なのだ。憎しみとかそういうつまらない理由ではないのだ。
そこに強い奴がいれば、彼らは戦う運命なのだ。

夢見る電気羊
夢見る電気羊さん / 2018年3月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

261-53

アポローーーー!!!
言いたいこと色々あるけどロッキー!最後のインタビューでアポロのこと触れてやれ!お前前作で奴のパンツ履いてたろ!!!

(映像3 脚本3 演出3 音楽3 配役4)×4=64

もやし
もやしさん / 2017年11月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観た ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

そろそろマンネリ化か。
親友アポロはソ連のファイターに敗れた。
ロッキーはその敵討ちをする。
音楽をやたら使ってる印象。

30代の嘆き
30代の嘆きさん / 2017年11月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロッキー4作目。人気作にとって宿命だが、無理やり続編を作りました感...

ロッキー4作目。人気作にとって宿命だが、無理やり続編を作りました感が否めない作品。
ソ連国民に向けた大演説と、アポロの咬ませ犬感が見所。
プレゼント貰ったにも関わらず罵声を浴びせるポーリーはやっぱり最高。

NORIDAR
NORIDARさん / 2017年4月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメリカ万歳! やばいでしょ、これ。ゴルバチョフとロシア国民に見せ...

アメリカ万歳!
やばいでしょ、これ。ゴルバチョフとロシア国民に見せて感想を聞きたい(笑)

もう何度目になるか、一緒にセリフを言えるほどです。大事な人を失い燃える、というのも前作踏襲でワンパターンなのだが、やっぱりいいんです。シンプルイズベストがこのシリーズの魅力。

にしてもスタローンの肉体の進化は凄まじい、惚れ惚れします。音楽の素晴らしさも圧巻、全曲歌えるぞ!サントラ聞きまくりました。
この世にありえない夫婦愛もこのシリーズの魅力。加えて今回は息子への愛。同じ境遇となって改めて見た今、最後のロッキーのセリフに感動、私も息子にあんなこと言ってみたい(笑)

大好きすぎます、ロッキーシリーズ。

はむひろみ
はむひろみさん / 2017年3月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Never give up の精神ここに、、、

音楽が多いのもいいとして、ロッキーシリーズで一番!!諦めず何度も立ち上がるロッキーの姿は正にHERO。やる気が出る作品。

橋本
橋本さん / 2016年3月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「人は変革する事ができる」

ジェームス・ブラウンとアポロのパフォーマンス

eli
eliさん / 2016年3月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館、CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

気持ちはわかるがさすがに飽きてきた。

気持ちはわかるがさすがに飽きてきた。

tsumumiki
tsumumikiさん / 2016年2月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

問題のラストのスピーチ

試合終了後のスピーチがやはり気になりますね。この場面の政治的な教訓を伝えようとする意思が強すぎて後味を微妙なものにしています。
てっきり好敵手であったアポロの話をするのかと思いきや、戦争で多くが殺し合うより2人が殺し合う方がマシだといういまいち腑に落ちない演説。誰も殺しあわないのが1番では?

この「殺す」という尖った表現も今までからつづくロッキー・バルボアのイメージとは乖離しているように思えました。高利貸しの手先からも足を洗いましたし、そもそもやりたくてやっていたわけではなかった。不器用だけれど心の優しい男がロッキーなのではないのだろうか。リングの上で「虎の目」になることはあっても殺し屋になっていたわけではないと思います。

観客の声をきき、リングで戦っているうちに復讐心から戦うのはよくなかった。人は変われるんだと思い、あえてアポロの話を出さなかったのかもと思えば納得できなくもないですが、やや映画からの説明不足を感じますね。その結論にロッキーがたどり着いたとしてもアポロを想う私たち鑑賞者の心は置いてきぼりになっているのではないでしょうか。
ロッキーシリーズに関してはもう少し共感できるラストに仕上がってもよかったのでは

個人的にはミュージックビデオ風のシーンを2つほどけずってラストのしめに時間をまわしてもよかったのかなあと思います。
3のアポロとロッキーのクロスカウンターの止め絵で終わるところなんて最高だったので比べると勿体無いなあと。

上記以外はいつも通りの熱い映画でした。スタローン、ロッキーの今後に期待です。

mimi
mimiさん / 2016年1月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アイウォンチュー!!アイウォンチュー!!

マンネリを気にした黄金のワンパターン崩しが裏目に。この作品はワンパターンでいいと思うんだ各作品に明確な主軸があるから。
それは
1=エイドリアンとの出会いとボクサーとしての覚醒
2=アポロへのリベンジ
3=挫折からの復活とアポロとの友情
このテーマがそれぞれにあって熱いのだ。それに起承転結のハッキリした展開とあのテーマソングにのせたトレーニングがあるからあがるんだ。

今回の4だってその主軸は素晴らしかった。今回の敵はソ連から来た最強のボクサードラゴ。すでに引退したアポロは自分はまだやれるとエキシビションとして彼とのファイトに臨む。
だが5年のブランクと老いからかつてのキレはなくなっていて、ドラゴのパンチを受け続け、そのまま命を落としてしまう。
親友の敵討ちとしてドラゴの挑戦をアウェーのソ連にて受けて立つロッキー。そして地獄のトレーニングの日々が始まる。

当時のアメリカとソ連の関係を作品に反映したらしく、少し政治的なとこがうかがえる。それは別に構わない。1番ダメだったのがラストのインタビューにもそれを反映してしまうこと。アポロの敵討ちというと主軸がブレまくり、消えてしまっている。みんな変わることができる。とてもいい言葉だけど違くない?誰のためにあなたは戦ったの?国のためじゃなかったはずでしょ?ってなった。

だからすごくこの作品は残念。前作がすごく良くてなおかつアポロがいいキャラしてたのに。悲しいなぁ。

ただボクシングシーンはすごくよかった多分ドラゴは史上最強早くてデカくてコンパクトなボクサー。
ロッキーなぜ勝てたんだって思うけど多分そこは場数の違い的なやつでしょうね笑。
あとトレーニングシーン!メインテーマ流さないとはどうゆうことだ!あとスパーも無し!フィラデルフィアも無し!勝てるわけないだろ!笑

オレ
オレさん / 2016年1月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

雪融けのメッセージ

かつてのライバルであり、親友のアポロを死に至らしめた非情のソ連ボクサーに挑むロッキー。
互いの国のプライドを賭けた戦いは、やがて自らのための死闘へと変わっていく。東西冷戦下の国家観、イデオロギーの戦いと、ボクシングという個人競技を重ねて見てしまう時代性。
「人間は変わることができる。」というロッキーの最後の言葉が、憎悪やこだわりを捨てることで人は友愛の可能性に辿り着くことができると訴える。

よしただ
よしたださん / 2016年1月24日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3よりは良い

最後のメッセージは感動した。
「今日2人のガイがここで殺し合った。でも2千万人が殺し合うよりはマシなはず。試合が進むにつれてみんなが変わったように、おれが変わったように、だれでも変われるはずだ。メリークリスマス」
簡明にして奥深い。それまでなんだか変な話しだなあ、と思ってたけどこれは凄くよかった。

でも音楽の使い方はひどい。あのテーマの使い方も下手だし、歌詞を字幕で流さなくってもいいだろう?

J-ta
J-taさん / 2016年1月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 映画館で見てアホみたいなアクション映画になってしまったと思っていたのだが、改めて見たらすごくよかった。ただ、ポンコツのロボットとMTV感覚溢れるサバイバーの曲がフルコーラスで流れる場面などはいかがなものかと思った。

 試合の場面がすごくよかった。死ぬほど殴られて立ち上がるロッキーの姿が素晴らしく感動的でまた、試合後のマイクも冷戦当時の世相を反映した素晴らしいメッセージで涙が出た。

 ロッキーはそもそも1の時点でパンチで脳がやられている人物設定だったように思っていた。しかし、80年代にビルダー体型になったせいか、アメリカを代表するチャンピオンという肩書じゃないと体型に追いつかないようなどっちが先か分からないけど、脳もすっきりして明晰な頭のキャラになっていた。1作目からずっと引退をほのめかしていたのにどんどん強くなっていく。エイドリアンもどんどん美しくなっていた。ドラゴの奥さん役のブリジット・ニールセンが、私生活では後にスタローンの奥さんになるなど、いろいろなねじれを感じる一作だった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2016年1月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロッキー4は、ミッキーもいないし、アポロもいないので、少し寂しい感...

ロッキー4は、ミッキーもいないし、アポロもいないので、少し寂しい感じだけど、ロシアのボクサー、ドルフラングレンがとても良い。
やはり敵役はこれくらい魅力的でないと。ロッキーシリーズの中でベストファイトだと思う

saikimujin
saikimujinさん / 2016年1月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ミュージックビデオと言われても

しょうがない。でも当時ってこんな感じやったかも。そういう意味でのロッキーっぽさはなかったけど、それでもロッキーなのは存在感なんだろうなぁ。

ワイナオ@フロワク@映画おじさんの風呂が沸くまで
ワイナオ@フロワク@映画おじさんの風呂が沸くまでさん / 2016年1月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アポロの挑発するキャラがここで活きてきた。ドルフラングレンのサイボ...

アポロの挑発するキャラがここで活きてきた。ドルフラングレンのサイボーグ感!ソ連の悪役表現。これが当時の関係なんだろうね。曲も良かった。

マサロック
マサロックさん / 2015年12月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

米国とソ連の代理戦争映画

レーガン政権下の強い米国を象徴するロッキーとソ連の最強ボクサー・ドラゴとの宿命の対決は、まるで米国とソ連の代理戦争を見ているようでしたね。
前作まではあくまでも個人 対 個人との対戦だったのに、本作では突如、国家 対 国家の対戦へとバージョンアップされてんじゃん。
そして、その争いの最大の犠牲者となるのが、大観衆の目前でサイボーグのような豪腕ボクサーになぶり殺しにされるアポロ・クリードではなかったか。
いくらロッキーの錆び付いたハングリー精神を奮い立たせる為とは言え、盟友アポロの死は余りにも悲しすぎる。
だが、この冬、ロッキーがアポロの忘れ形見であるアドニス・ジョンソンとタッグを組み、再びスクリーンにカムバックする。これは楽しみだ ♪

みつまる。
みつまる。さん / 2015年11月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Rocky IV

ロッキーは米国版寅さんっていう私の勝手なイメージ。
毎度お馴染みの展開で、逆にわかりやすく楽しめる。
前作でタッグを組んだアポロがまさか本作で死んでしまうなんて。
もうちょっと、二人で闘っていく話も見たかった。
敵のロッキーと敵対する役ってなんでだろう、すごくわかりやすくみんなから愛されない明らかな悪役キャラ。
そしてロッキーはいつもみんなのヒーロー。
彼のファンとしては本作も楽しめる1作品。

penginbon
penginbonさん / 2014年6月16日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

純朴なロッキーがいなくなって、国家の英雄となってアメリカの敵と対決

総合65点 ( ストーリー:60点|キャスト:70点|演出:65点|ビジュアル:70点|音楽:65点 )

 冷戦が終わりに近づいてきた時代に、一人のボクサーとしてだけでなく国家的立場から見ても徹底的に悪役のソ連人と戦う。あまりそういうのを入れてしまって話を変に大袈裟にしてしまうと、もうボクシング映画としての純粋さが失われてしまう。科学的鍛錬をする敵役のドラゴと山小屋で古い鍛錬をするロッキーといった対比、冷酷なドラゴの描写とそれに怒りを燃やすロッキーが描かれロックが流れる、そんな演出もわざとらしさがある。かっこの悪い純粋さがあってかっこよかったロッキーが、ここではアメリカを代表するかっこのよい英雄になろうとしてしまって逆に外してしまった。でも試合開始直後のドラゴの怒涛の攻撃は凄くて迫力はありました。

Cape God
Cape Godさん / 2013年5月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やめてくれ

スライに大義やら国家やらを背負わせたら、ロクなことが起きません。
だってロッキーははみ出し者だから光り輝くんですよ。ランボーの魅力も忠誠を尽くしてた国家に見放されたからこそです。そんな人が官製プロパガンダの主役になっちゃいけません。
以上。

ジャワカレー澤田
ジャワカレー澤田さん / 2013年1月4日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

21件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi