レ・ミゼラブル(1997)

劇場公開日

17%
53%
20%
9%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ジャン・バルジャンの波乱万丈の人生を描いた大河ロマン。ビクトル・ユーゴーの名作『ああ無情』の映画化。監督は「ペレ」「愛と精霊の家」の名匠ビレ・アウグスト。脚本は「死と乙女」のラファエル・イグレシアス。製作は「マイ・ビューティフル・ランドレット」のサラ・ラドクリフと、「山猫は眠らない」のジェームズ・ゴーマン。撮影のイェルゲン・ぺーション、編集のヤヌス・ビレスコフ=ヤンセン、美術のアンナ・アスプはアウグスト作品の常連。衣裳は「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」のガブリエラ・ペスクッチ。出演は「マイケル・コリンズ」のリーアム・ニーソン、「シャイン」のジョフリー・ラッシュ、「ガタカ」のユマ・サーマン、「レインメーカー」のクレア・デーンズほか。

1997年製作/133分/アメリカ
原題:Les Miserables
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

ストーリー

1812年のフランス。仮出獄したジャン・バルジャン(リーアム・ニーソン)は老司教(ピーター・ボーン)のところから銀食器を盗み警察に捕まるが、この出来事でバルジャンの心は変化する。9年後。バルジャンは市長になっていた。そこへかつて彼に鞭をふるったジャベール警部(ジェフリー・ラッシュ)が赴任してきた。その頃、職を追われたファンテーヌ(ユマ・サーマン)は娼婦となったが、いさかいで逮捕されてしまう。事情を知ったバルジャンは病身の彼女を手厚く看護する。同じ頃、バルジャン逮捕の知らせを耳にした彼は、自分が本物のバルジャンだと名乗り出る。再び追われる身となった彼は死の淵のファンテーヌに娘を引き取ることを誓う。彼女の娘コゼットを連れ出しパリへ潜入し、修道院の庭師として働くことになった。10年後、二人は俗世界に居を構える。そこでコゼット(クレア・デーンズ)は青年革命家のリーダー、マリユス(ハンス・マセソン)と愛し合うようになる。市街戦が起こり、マリユスらに囚われたジャベールをバルジャンは解放する。だが今度は負傷したマリユスを背負ったバルジャンをジャベールが逮捕する。死を決意したバルジャンが目にしたものは、自ら川に身を投げるジャベールであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.5ちょっとー飽きるー

shiaさん
2020年4月21日
iPhoneアプリから投稿

ちょっとー飽きるー

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shia

3.5アンハサウェイのやつか思ったらちゃうかった ララランドも何がおもろ...

こなさん
2019年3月24日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こな

3.5革命

すみれさん
2018年7月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

舞台とヒュー・ジャックマンの作品を鑑賞しており
興味があったのでDVDで見ました。

ファンテーヌとの交流の場面が
しっかり描かれていてよかったです。

ミュージカルは、壮大な歌の力で
迫力やエネルギーが伝わってきて
圧倒された印象ですが、
この作品も素晴らしかったです。
特に終わり方が印象的でした。

何度見ても、名作だな、と感じます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
すみれ

3.570点

2016年7月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

興奮

映画評価:70点

レ・ミゼラブルといえばミュージカル
そのイメージだったので字幕で観たのですが、全く歌がなかった(汗)

だけど面白かったです。

レ・ミゼラブル自体は有名でしたが、私自身はストーリーも知らず、初めて観ました。

パンを盗んだだけで20年の懲役とか、脱走して何十年も経っていても時効がないとか、色々と現代の日本とのギャップがあって少し違和感を感じましたが、そういう時代だったのでしょうね

ジャン・バルジャンという名前は覚えやすく好感が持てましたし、強い生き方をしていて憧れます

ジャン・バルジャンの様な強い生き方は自分には出来ないでしょうが、凄く前向きにさせてもらえました

あまり深くは考えず皆さんにも見ていただきたいです

【2016.7.3鑑賞】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まぁと@名作探検家
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「レ・ミゼラブル(1997)」以外にこんな作品をCheck-inしています。