劇場公開日 1980年7月5日

「ニミッツとトムキャット」ファイナル・カウントダウン Cape Godさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5ニミッツとトムキャット

Cape Godさん
2013年3月9日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル

興奮

総合:65点
ストーリー: 65
キャスト: 70
演出: 75
ビジュアル: 75
音楽: 65

 アメリカ側の立場から見た場合、撮影当時最新鋭の超大型攻撃型原子力空母と最新鋭戦闘機がもし開戦前のハワイ沖に現れたらという設定は、ありがちだけど面白い。時間旅行の不整合性とか歴史上の事実の誤りとかあるし、しかも今回の敵役は日本人だとか、気になる部分はある。物語のほうも、さんざん時間を使っておいて、物語の最後は結局こんなあっさりと終わっちゃうのかとかという思いもあった。
 でも短い時間であまり歴史を無茶苦茶にしないように、日帰り旅行のこの話をうまくまとめていた。それに時間を飛ばされた艦の乗員の混乱と決断にいたる過程が、軍の規律や歴史への干渉への倫理性とかと一緒に真面目に描かれていて楽しめた。死人も機体の損失もあったわけで、その後艦長はこの話を上層部にどう報告したのかが気がかり。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God
「ファイナル・カウントダウン」のレビューを書く 「ファイナル・カウントダウン」のレビュー一覧へ(全6件)
「ファイナル・カウントダウン」の作品トップへ