劇場公開日 1980年7月5日

ファイナル・カウントダウンのレビュー・感想・評価

3.07
3%
30%
53%
11%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全7件を表示

4.0当時では最高

Kayoさん
2020年10月4日
Androidアプリから投稿

一生の中で忘れられない!と、いうかなぜか覚えてる映画の一つ!タイムトラベル今から過去へ!そして未来!この手の映画の先駆けですよね!テネット見てこの映画思い出しました!良かったわ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kayo

2.5もっと早く決断して欲しかった…

2018年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しゅうへい

1.0戦争のロマンなき世界、トップガンへ

2016年8月19日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

興奮

 この作品のわずか6年後に「トップ・ガン」が製作されている。米海軍の原子力空母での撮影が両作品の見どころとして共通している。そのいくつかの具体的なショットは、この作品のものがほとんどそのまま、後年の作品に受け継がれている。
 例えば、上昇する艦載機のエレベータを水平に捉えたショット。艦載機と床の影が甲板に昇りつめると、ぽっかりと空いた舷側に水平線が現れる。
 甲板の作業員のジェスチャー。カタパルトで発信するトムキャット。緊急着艦する機体を受け止めるネット。
 男の子が喜びそうなカットの連続で、両作品とも多くの主に男性の観客を、スクリーンにくぎ付けにした。
 この二つの作品の異なる点は、「リアリティ」の点であろう。「ファイナル・カウントダウン」はタイムスリップという超常現象が物語を生起させるが、「トップ・ガン」では友人の死、教官との恋という、現実に起きうる出来事が語られる。
 しかし、タイムスリップは荒唐無稽で非現実的だが、美人教官とのラブストーリーは現実味があるということにはならない。どちらも、現実に起きる可能性は天文学的に低く、両方とも男どもの夢想に他ならないのである。
 1980年代という、東西冷戦の構造が固まった時代には戦争というロマンが説得力を失っていった。航空母艦やジェット戦闘機は、まさに戦争のための舞台設定である。その目的である戦争に男のロマンが失われたとすれば、これまでそれを求めてきた者たちに映画はどんなロマンを与えることができるのか。
 この二つの作品が、まさにそのことへの答えを示している。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よしただ

3.5ハリウッド版戦国自衛隊みたいなもんか。

2016年8月15日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

興奮

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
としぱぱ

4.0実に面白い

A1さん
2015年2月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

興奮

知的

実に面白い映画です。
「戦国自衛隊」「ジパング」に共通するテーマですが、この映画の完成度は高いと思います。
100分弱のこの映画には無駄がなく、最初からぐんぐんと引き寄せられます。
零戦(もどきですが)とF14の空中戦は見ものですし、テーマ音楽の軽快さが映像とあって見ててとても興奮します。
空母上の緊張感もGoodです。でも、時々鼻につくスタジオ撮影が悲しいかったです。
もし、今のCGでこれを作ったらどうだっただろう?と考えしまいます。(野暮ですが)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
A1

3.5楽しかった

2014年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
古泉智浩

3.5ニミッツとトムキャット

Cape Godさん
2013年3月9日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル

興奮

総合:65点
ストーリー: 65
キャスト: 70
演出: 75
ビジュアル: 75
音楽: 65

 アメリカ側の立場から見た場合、撮影当時最新鋭の超大型攻撃型原子力空母と最新鋭戦闘機がもし開戦前のハワイ沖に現れたらという設定は、ありがちだけど面白い。時間旅行の不整合性とか歴史上の事実の誤りとかあるし、しかも今回の敵役は日本人だとか、気になる部分はある。物語のほうも、さんざん時間を使っておいて、物語の最後は結局こんなあっさりと終わっちゃうのかとかという思いもあった。
 でも短い時間であまり歴史を無茶苦茶にしないように、日帰り旅行のこの話をうまくまとめていた。それに時間を飛ばされた艦の乗員の混乱と決断にいたる過程が、軍の規律や歴史への干渉への倫理性とかと一緒に真面目に描かれていて楽しめた。死人も機体の損失もあったわけで、その後艦長はこの話を上層部にどう報告したのかが気がかり。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God
「ファイナル・カウントダウン」の作品トップへ