ヒドゥン(1988)

劇場公開日:

解説

凶悪なエイリアンを追う謎のFBl捜査官とロサンゼルス市警の刑事の姿を描く。製作総指揮はスティーブン・ダイナー、リー・ミュール、デニス・ハリス、ジェフリー・クライン、製作はロバート・シェイ、マイケル・メルツァー、ジェラルド・T・オルソン、監督は「エルム街の悪夢2 フレディの復讐」のジャック・ショルダー、脚本はボブ・ハント、撮影はジャック・ヘイトキン、音楽はマイケル・コンヴァーティノが担当。出演は「フラッシュダンス」のマイケル・ヌーリー、「ブルー・ベルベット」のカイル・マクラクランほか。

1988年製作/96分/アメリカ
原題:The Hidden
配給:ジョイパックフィルム

ストーリー

ロサンゼルスで、今までごく普通の人間と思われていたデヴリーズ(クリス・マルキー)という男が、突然凶悪犯に変貌し、数々の凄絶な事件を引き起こしていた。ロサンゼルス市警の刑事トム・ベック(マイケル・ヌーリー)は、激しいカー・チェイスの末に彼を撃ち倒し、ひとまずこの事件は解決したかに見えた時、ベックの前にFBI捜査官でロイド・ギャラガー(カイル・マクラクラン)と名乗る男が姿を現わした。その頃、病院に収容されたデヴリーズの口から謎の生き物が吐き出され、同室のミラー(ウィリアム・ボイエット)の体に乗り移り、今度は身動き1つできない重態患者であった彼が犯罪を繰り返してゆく。この凶悪事件の原因こそが、この人間の口から口へと乗り移りその体を乗っ取るエイリアンの仕業だったのだ。事件が進展してゆくにつれ不審の念を深めるベックにギャラガーは、自分こそがこのエイリアンと同じ仲間で、自分の妻子を殺された復讐に長年それを追い続けているのだと告白するが、ベックにはとても信じることができない。その間にもエイリアンは、警官の攻撃で体がズタズタになるたびに他の者へと乗り移り、ミラーからストリッパーのブレンダ(クラウディア・クリスチャン)へ、ベックの上司マスターソン(クラレンス・フェルダー)の愛犬を通して彼の体へ、そしてベックの同僚ウィリス(エド・オロス)へと体を換えてゆきついには次期大統領候捕ホルト(ジョン・マッキャン)へと乗り移ってゆくのだった。マスターソンとギャラガーの会話から彼の告白を信じるに至ったベックは、後の全てをギャラガーに任せホルスの銃弾に倒れる。そして、ギャラガーはホルスを火だるまにして、彼の持つ謎の銃でエイリアンを撃ち破壊するのだった。復讐を遂げたギャラガーは、自らを犠牲にすることによりベックに新たな生命を吹き込み、息絶えてしまうのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

3.5既視感のあるSF物

2022年8月22日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

単純

🎦ターミネーターの原型の様なサスペンス感がたまらない。隠れた名作、傑作と言って良い。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mark108hello

3.5ヒトの身体を乗っ取る《エイリアン》

2022年8月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

1998年(アメリカ)
凶悪犯を追っかける刑事物のスタイルに、異星人をプラスした
とても楽しいエンタメ作品。
銃撃されて瀕死の状態から、近づいてきた人間に、直ぐに乗り換わってしまう。

カーチェイスもお手のもの。
真っ赤なフェラーリとか、パトカーとの追いかけっこが派手で楽しい。
主役の2人。
ロス市警のトム・ベック刑事(マイケル・ヌーリー)
FBI捜査官のカイル・マクラクラン。
2人のバディモノの刑事ドラマとしても見られる。
ただし人に寄生するエイリアンが凶暴で不死身。
次々と宿主を変えて、警察はてんてこまいさせられる。

唯一の寄生される女性。
ストリッパー役のクローディア・クリスチャンが、実に魅力的。
凄いナイスバディで胸なんか山盛りです。
目の保養になりました。
「ツインピークス」でFBI捜査官になる直前のカイル・マクラクラン。
この作品のFBI捜査官を見て、デビッド・リンチがキャスティングしたらしい。

テンポも早く、ラストも良くて、なかなかの娯楽作品でした。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
琥珀糖

3.0ハードロックとフェラーリ

2020年12月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

怖い

興奮

小学生の頃には頻繁にTVで放映されていた記憶が、今回しっかりと観た結果、断片的に覚えている場面もチラホラと。

物語は単純でもあるがそんな単純にアクション映画の類にはならない方向性で、ラストはある意味エグい乗っ取りが達成的な、無駄に思えたりクダらないシーンなどは見当たらないシンプルさ。

カイル・マクラクランのハマり具合と、ダニー・トレホが囚人役で無駄死にと、役者陣も皆が良い感じ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
万年 東一

4.0子供の頃の思い出!

2019年10月14日
スマートフォンから投稿

楽しい

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
映画は生き甲斐
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ヒドゥン」シリーズ関連作品