劇場公開日 1998年12月12日

「ベニスに行きたくなる」鳩の翼 kossykossyさんの映画レビュー(感想・評価)

3.33
0%
50%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0ベニスに行きたくなる

kossyさん
2018年11月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ミリー(エリオット)は病気で死期が近い。しかし憐れみを受けたくないので病気を隠している。そんな中、ケイト、ミリーとマートン、そしてスージーと共にベニスへ旅行に行くのだが、このベニスの風景がとても綺麗。巨大なセットと夥しい数のエキストラ。カーニバルの真っ最中ということもあって、下町文化と上流階級の衣装が美しく融合する。

 ミリーにはマートンとのことを友人だと紹介したために、ミリーも彼に恋をする。病気のミリーに同情したケイトはマートンを譲ろうとするが、キスシーンを目撃すると決心が揺らぐ。やがて、静かにミリーは逝ってしまうが、その描写があまりにも静かで、死んだのかどうかもわからないくらいだった。

 ヘレナ・ボナム・カーターが大胆ヌードにもなっているが、ロングショットでもあり、セックスシーンも体を合わせているだけの静かな演技。もっと彼女の心理描写を重要視するべきなのだろう。無駄にシャーロット・ランブリングやマイケル・ガンボンを出演させているような気もする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
「鳩の翼」のレビューを書く 「鳩の翼」のレビュー一覧へ(全3件)
「鳩の翼」の作品トップへ