「三時間世界一周」八十日間世界一周 いやよセブンさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「八十日間世界一周」 > レビュー > いやよセブンさんのレビュー
メニュー

八十日間世界一周

劇場公開日 1957年7月20日
全8件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

三時間世界一周

コメディの大作だが、ウリはTODD-AO方式による大画面だったと記憶している。
1956年製作なので、バカでかいカメラでの移動撮影はさぞ大変だったろうと思う。
80日間で世界一周できるという賭けにより、主人公(デビッド・ニーブン)は召使を引き連れて出発する。
スペインではフラメンコと闘牛、スエズ運河を通りインドにいくが、ここでお姫様(シャーリー・マクレーン)を助け、香港、横浜(実際は鎌倉)を経てサンフランシスコに。
西部劇ではシナトラのピアノを楽しむ。
あの時代、世界一周なんて夢物語だった庶民に、大画面で観光を楽しませてくれた。

いやよセブン
さん / 2017年7月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報