ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場のレビュー・感想・評価

ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場

劇場公開日 1987年1月31日
3件を表示 映画レビューを書く

イーストウッド監督・主演・・

クリント・イーストウッドによる監督・主演の戦争映画。米軍の海兵隊の訓練と1983年に実際にあったグレナダ侵攻の実戦の作品。隊長に反抗的な若者らがとった行動は!?ある本に寄ると米軍の海兵隊の中では、訓練生に最初に見せる映画にこの作品が入っているようだ。アメリカの正義が感じられる作品・・1986年のアメリカ映画。よく考えたら30年以上前の映画。イーストウッドが若い筈だ(笑)

亮一君
亮一君さん / 2016年8月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「ハートブレイク・リッジ」を観て・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

1986年のクリント・イーストウッドによる監督・主演の戦争映画。アメリカの海兵隊の鬼軍曹ハイウェーが若者たちの小隊を厳しい訓練により鍛え、成長させる。軍曹ハイウェーは、朝鮮戦争、ベトナム戦争を経験している定年間近の強者だ。勲章も受けている。訓練に明け暮れていた小隊だが、ある日、グレナダへの出動命令によりまさかの実戦に・・
アメリカ軍のグレナダ侵攻は、1983年に実際に起きた作戦である。
グレナダとは、カリブ海に浮かぶイギリスから独立した小さな島。政局が不安定で軍によるクーデターが起きて、ソ連、キューバの影響力が及ぶ共産圏。当時は、東西冷戦の時代で核の脅威があり、レーガン政権は軍による攻撃を決めた。
ハイウェーの率いる小隊は、グレナダの大学にいるアメリカの民間人を救出して、軍と銃撃戦になり勝利した。その戦闘シーンは、かなりの迫力である。
そしてアメリカ合衆国に帰国して国民的英雄に・・
ハイウェーが寄りを戻したかった元妻アギーも迎えに来ていた。
イーストウッドのファンは必見。良い映画である。

Ryoichi
Ryoichiさん / 2015年11月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

副題の勝利の戦場って・・・

そりゃグレダナ軍1500人に対してアメリカ軍7300人で攻めこめば勝利するわな。というアメリカが大好きな実際にあった内政干渉の戦争シーンが最後にあります。アメリカとしては朝鮮、ベトナムと負け続けた所で久しぶりに勝利した戦争みたいなんですが・・・これを最後はアメリカ万歳な描き方になってるので、そこは抵抗を覚えます。フィクションと割りきればそれでいいのか?

物語は老兵となったクリント・イーストウッドが堕落してるマリーンの兵士を鍛え上げていく話がメインです。後ぬるーい恋愛ドラマもありますが。戦争シーンは割りとあっさりしてるので戦争物というよりはクリント・イーストウッドをいかにカッコ良く撮るかに重点が置かれています。戦争に行く前までが長く、戦時下ではない兵士がだんだんとたくましくなっていく様子は割かし楽しめたのですが。

クリント・イーストウッドは良く言えば安定、悪く言えばいつもと一緒。1986年からもうカッコいい老人キャラやってたんだなー。朝鮮戦争の英雄って設定を受け入れられるかどうかがポイントではないでしょうか?あのロクデモナイ戦争で英雄って言われてもなー。

監督もクリント・イーストウッドですし、クリント・イーストウッドによるクリント・イーストウッドの為の一作でした。エンターテイメントに徹しているので最近のクリント・イーストウッド作品のような訴えかけるモノはあまり見受けられません。逆にツッコみ所は多いです。クリント・イーストウッドファンだけにオススメします。

アキ爺
アキ爺さん / 2015年10月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi