ネバダ・スミス

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
18%
82%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ハロルド・ロビンスの原作『大いなる野望』を素材に「栄光の丘」のジョン・マイケル・ヘイズが脚本を執筆し「エルダー兄弟」のヘンリー・ハサウェイが監督した西部劇。撮影も「エルダー兄弟」でコンビのルシエン・バラード、音楽はアルフレッド・ニューマンが担当した。出演は「シンシナティキッド」のスティーヴ・マックィーン、「西部開拓史」のカール・マルデン、「生きる情熱」のスザンヌ・プレシェット、「ビッグトレイル(1965)」のブライアン・キース、「ハーロー」のラフ・ヴァローネ、「エルマー・ガントリー 魅せられた男」のアーサー・ケネディ、「リサの瞳のなかに」のジャネット・マーゴリンなど。製作はヘンリー・ハサウェイ。総指揮にはジョセフ・E・レビンがあたった。

1966年製作/アメリカ
原題:Nevada Smith
配給:パラマウント

ストーリー

白人の父とインディアンの母の間に生まれ、砂漠と山の中を走りまわって育ったマックス(スティーブ・マックィーン)にとって、人生は何一つくったくのない、のん気なものであった。ところがある日、マックスの両親が、3人の殺し屋ジェシ、ビル、トムに殺された。この事件を境にして、マックスの心には、どす黒い怒りと、悲しみが沈殿するようになった。やがて、マックスは、3人の殺し屋に復讐するために、1頭の馬と1挺のライフルをたずさえて、旅立った。そして、とある日。マックスは、町から町へと流れ歩く鉄砲かじ屋ジョナスにめぐり会い、彼から拳銃の扱いかたを習った。―ーどんな時にも油断してはいけないー―というジョナスの言葉は世間知らずのマックスにとって、貴重な教訓であった。やがて、町から町、酒場から酒場へ流れ歩いたマックスは、遂に殺し屋の1人ジェシを見つけ、壮絶な死闘の末、彼を倒した。この闘いでマックスは総身に傷を負ったが、彼を慕うインディアン娘ニーサの手厚い介抱で、身体も次第に回復していった。そうするうちに、マックスは、ルイジアナの刑務所に2人目の殺し屋ビルが服役していることを知り、彼は、わざと強盗をたくらみ保安官に捕まって刑務所に入った。そして、巧みにビルをそそのかして2人は脱獄し、彼らに同情したフランス人の血をひく娘ピラー(スザンヌ・プレシェット)に助けられて逃げのびた。やがて、マックスは素性をあかし、ビルと対決し、ビルを撃ち倒した。5年の月日が流れ、今ではマックスは、お尋ね者の身になっていた。そしてある日、マックスは遂に念願の3人目の殺し屋トムに会いトムの両足を撃ち抜いた。が、今、念願を果たしてみるとマックスの心に宿るのは、復讐を成就した快感ではなく、血なまぐさい生活を続けてきた、自らに対する幻滅でしかなかった。マックスは過去から脱け出すため、銃をすて、かつて彼に、目がさめたらまともな仕事を世話すると約束してくれた、ジョナスを探しに旅立った。彼はその後、ネバダ・スミスと呼ばれるようになった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

3.0まあまあ。

oracionさん
2020年9月15日
Androidアプリから投稿

まあまあ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
oracion

4.016歳という設定に無理やり主演してしまうところさえ目をつむれば名作です

あき240さん
2019年5月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

さすがに撮影時36歳のマックイーンが16歳の設定の主人公を演じるのは無理があります
彼も懸命に少年らしく演じようと努力していはいるのですが、無理なものは無理です

しかし、お話が進むに従って主人公が成長し凄みのある復讐者になってからは16歳という設定はどこへやら、もう本来のマックイーンの映画になりす

単なる復讐譚にとどまらない深みがあります
インディアンとの混血であるという設定、恩人コードや牧師との出会い
この二人のそれぞれの教えがクライマックスに活かされます
またインディアンの娼婦やタピオカなどの女との出会いと別れも花を添えるだけでない切なさがあります
ルイジアナの沼地の囚人キャンプもサザンコンフォートの源流を彷彿とさせます
とまあこのように盛りだくさんです

両親を惨殺した三人組への復讐の物語ですから、構成は、発端と一人づつの復讐で都合4部構成となります

最後のトム・フィッチが名優カール・マルデンです
もう流石としか言い様のない素晴らしい演技を見せてくれます
カメラも西部やルイジアナの美しい光景を感嘆する程の色彩と深みのある映像で撮っています

16歳という設定に無理やり主演してしまうところさえ目をつむれば名作です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

2.5マックィーンが渋い

2017年4月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

単純

親殺しに復讐する定番ストーリーだが三部構成の流れで中盤、囚人になってからの場面が西部劇っぽく無くて違うジャンルの雰囲気。

復讐心に燃える若者を演じるマックィーンだが犯人を憎む描写が薄いのと渋さ全開なので無知な若者役に違和感もあるし二人殺しといて最後の一人は殺さない中途半端な終わり方に復讐心の弱さが窺える。

無難に乗り越えて行く事柄と周りに助けられ過ぎな感じに平静とただ鑑賞。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る