ネバダ・スミスのレビュー・感想・評価

メニュー

ネバダ・スミス

劇場公開日 1966年7月23日
1件を表示 映画レビューを書く

マックィーンが渋い。

親殺しに復讐する定番ストーリーだが3部構成の流れで中盤の囚人になってからの場面が西部劇っぽく無くて違うジャンルの映画の雰囲気。

復讐心に燃える若者を演じるマックィーンだが犯人を憎む描写が薄いのと渋さ全開なので無知な若者役に違和感があるし2人殺しといて最後の1人は殺さない中途半端な終わり方に復讐心の弱さが窺える。

無難に乗り越えて行く事柄と周りに助けられ過ぎな感じに平静とただ鑑賞。

万年 東一
万年 東一さん / 2017年4月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi