ダラスの熱い日

劇場公開日

0%
62%
38%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

多くの謎に満ちたジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件にメスを入れ、当時のドキュメンタリー・フィルムを挿入しながら真実をさぐる。製作は「ホースメン」のエドワード・ルイス、監督は「ニューマンという男」のデイヴィッド・ミラー。マーク・レーンとドナルド・フリード共著の原作を「ジョニーは戦場へ行った」のダルトン・トランボが脚本化。撮影はロバート・ステッドマン、音楽はランディ・エデルマン、ドキュメントフィルム編集はアイヴァン・ドライアーが各々担当。出演はバート・ランカスター、ロバート・ライアン、ウィル・ギア、ギルバート・グリーン、ジョン・アンダーソン、コルビー・チェスター、ウォルター・ブルック、ジェームス・マッコール、オスカー・オンシティ、ジョン・ブラッシアなど。

1973年製作/91分/アメリカ
原題:Executive Action
配給:ヘラルド映画

ストーリー

1963年6月、コロラド州レッドロックスの谷まで4人の男達がライフル銃の狙撃実験をしていた。彼らは元CIA(米・中央情報局)高官ジェームス・ファーリントン(バート・ランカスター)から暗殺を依頼され、そのための予備実験をしていたのだが、その内容は知らされていなかった。同じ日バージニア州ベンナにある元軍人ロバート・フォスター(ロバート・ライアン)の邸宅では、4人の男達によって会議が開かれていた。メンバーはフォスター、ファーリントン、テキサスの石油王、ハワード・ファーガソン(ウィル・ギア)そして右翼の退役将校ウィリアム・ハリディ(ジョン・アンダーソン)である。1963年初頭、米・第35代大統領ジョン・F・ケネディは、東南アジアからの米軍撤兵、ソ連との核実験禁止条約の締結、共産主義社会との緊張緩和外交、石油消費制限令、防衛費の削減、人種差別撤廃運動などの進歩的な政策を推進していた。フォスターを始めとする4人は、これらのケネディ政策がアメリカの未来に重大な危機をもたらすとの結論を下し、大統領暗殺を実行しようとしていたのだ。ファーリントンはただちに暗殺グループの首領テクニシャンに暗殺を正式に依頼した。同時に綿密な計画が練られ、暗殺をカムフラージュするために、この暗殺は政治的陰謀によるものでなく、1人の政治的狂信者によって行なわれたという印象を与えるために囮りを使うことにした。多くの候補の中から1人の囮りが浮び上がった。リー・ハーベイ・オズワルド--元海兵隊員。ロシア修得後ソ連に渡り、2年間過ごした。表向きは社会主義者を装っていたが、実はFBI(連邦検察局)の下級スパイだった。フォスターは、オズワルドの”左翼の顔”を”極右の顔”にデッチあげるための状況を設置した。9月13日、ダラスの全ての新聞が、”大統領、当地に4度めの遊説”を大々的に報じた。9月25日、大統領一行がモンタナ州ビリングをパレードしたとき、暗殺グループの実地訓練が行なわれ、大成功を納めた。ファーリントンがらテクニシャンのもとへ決行日の暗殺文が届いたのは、ちょうど”ベトナムより全ての米軍撤兵”というケネディ声明に世間が騒然としているときだった。一方、暗殺本部では決行日の通信の撹乱、ライフルマンの位置、オズワルドを犯人に仕立て上げるための確乎たる証拠づくりが検討されていた。フォーリントンはオズワルドそっくりの男(ジェームス・マッコール)を雇い、オズワルドの奇行を印象づけるために行動させていた。11月22日--ダラスを包む柔らかな光は平和そのものだった。人々は、アメリカに輝かしい未来をもたらしてくれる男をひと目見ようと、パレード・コースの沿道を埋めた。アメリカの、そして全世界の歴史に悲劇的なプロローグをもたらす決定的な瞬間が、数時間後に迫っていることも知らずに…。その頃、3人の殺し屋が断定の位置についた。その3人が結ぶ三角形ラインの真ん中に大統領の車が入った。午後1時30分--銃口が火を吹いた。大統領の後ろ首に血が滲み、数秒後、2発目が隣のコナリー州知事の背中をぶち抜いた。さらに致命弾が大統領の前頭部へ…。オズワルドは計画通り逮捕されたが、2日後、暗殺計画本部より仕向けられたジャック・ルビー(オスカー・オンシティ)によって射殺された。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

4.0ただただ感心。

たまきさん
2017年12月20日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

知的

 私が生まれた頃に、製作された映画。
 JFK暗殺事件が描かれている。

 つい最近、当時の資料が開示されたようだけれど、
 それでも、まだ全てではない。

 まだまだ謎が残る事件。

 当時の実際の映像が所々に差し込まれて来たり、見応え充分。

 そして、40年以上も前に作られているのに、
 (少なくとも私は)古さは感じなかった。

 今でさえ謎が多いのに、
 当時、こんなに具体的で詳細な内容で作られていたことに、
 ただただ感心しながら観ていた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たまき
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る