劇場公開日 1988年4月29日

「カタルシスはない」太陽の帝国 あき240さんの映画レビュー(感想・評価)

3.211
5%
42%
44%
5%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0カタルシスはない

あき240さん
2018年7月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

語るべきメッセージも特にない
その当時の上海の在り様を大いなる熱意でスクリーンに再現し切り取ってみせた
その力量は評価できる
しかし人間が形成される多感な少年期に戦争の混乱の中一人生き抜く姿を描くが、その苦労がテーマなのか、戦争の悲惨がテーマなのか、その悲惨がヨーロッパだけでなくアジアでもあったことを言いたいのか
焦点が絞り切れず終わる
主人公の子役はある程度上手いが、胸を打つまでには至らないから感情移入も限られてしまう
この反省から本当に作りたかったホロコースト映画は徹底的に観客を映画の中に引きずり込むしかないとスピルバーグに思いこませた作品だと思う
つまりシンドラーのリストへの習作だ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240
「太陽の帝国」のレビューを書く 「太陽の帝国」のレビュー一覧へ(全11件)
「太陽の帝国」の作品トップへ