劇場公開日 2018年7月24日

  • 予告編を見る

第七の封印のレビュー・感想・評価

3.57
17%
51%
25%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全7件を表示

4.0現実というもの

2020年11月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

中世ヨーロッパ。ペストのパンデミック。科学が未発達な時代。「最後の審判」だと思い込む多くの人々。盲信。迷妄。魔女狩り。地獄さながらの恐ろしい光景。残された最後の手段は神頼み。確実に迫りくる死の影。何気ない穏やかな日をいつも以上に味わい噛みしめてみる。するとこれ以上ない幸福に気がつく。希望は未来ある一家に託す。最後の瞬間まで諦めずに天を仰いでみる。現実が王手をかける。

モノクロの持ち味が光る不気味な雰囲気。緊張感をジリジリと増幅させていく不穏な音楽。所々にユーモアがありほっこりさせられつつも、ジワリジワリと確実に押し寄せてくる不安感。ペストパンデミックの恐怖と混乱に陥った中世ヨーロッパの閉塞感が見事なまでに表現されていた。恐しいが病みつきになる様な不思議な世界観だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バンデラス

4.0信仰とどう向き合い、どう生きるべきかのメッセージ

あき240さん
2018年8月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

第七の封印が解けるとき、最後の審判が始まる
その時キリスト教会に帰依するものは天国に携挙され人類の滅亡から免れるはずだ
これらは聖書の黙示録に書かれてあることだ
つまり西欧人にとっては常識のこと
幼児の頃から刷り込まれて魂の一番奥底にあることだ

しかしそれは長く長く続く患難時代の果てのことである
献身に応えてくれない神
神の前での人間の死と虚無
今がその患難時代であるのならそれでも携挙を信じて、神の試練に耐え甘んじるほかないのだ

この現代に生きる我々はどう生きるべきか
どう信仰と向きあうべきなのか
それを本作は考えるべきものなのだろう

それぞれに人生に疲れ果てた人物
そして地に足をつけて今日を精一杯生きる旅芸人の一家
その対比にベルイマン監督の本作の主題がある

ラストシーンは旅芸人の若い夫婦と赤ちゃんの明るい陽光の下の幸せな暮らしが描かれる
つまり信仰なんか役に立たない
そんなものは人形劇のネタで十分

そんな事よりも地に足をつけた暮らしの方が大事だ
今ある命を精一杯楽しめと、そう訴えかけているのだ

しかし火炙りにされる魔女は恐怖と絶望の目をしていながら諦感している
それは神を否定したらこうなるという監督の恐怖の吐露だ
つまり理性は信仰から自由でも魂は呪縛されたままなのだ
騎士が救おうとするが手遅れと諭されて諦める
自分もこの呪縛を解くには最早手遅れであり、それでもなお、このような映画つくる自分への戒め、あるいは諦めなのかも知れない

難しいテーマでありながら、観る側を惹き付ける語り口と映像の力は流石というしかない
詩の朗読の様な台詞が深い

日本人にとって本作のキリスト教の信仰は分かりづらいのは確かだ
しかしそれを世間の目、周囲の期待、脱落者に厳しい社会、無言の同調圧力…これらによってがんじがらめに生きている日本人の息の詰まるような生活
いつ果てるともない長時間労働の日々、会社と家の往復だけの生活
そこに救いは有るのか?となぞらえて観てはどうか
皮相的かもしれないが、そのように観ても良いのではないか
仕事が信仰になってしまっていないか?と

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

4.5ネグレクトを受けた人たち

kkmxさん
2018年8月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

悲しい

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
kkmx

1.0難解で面白くない

Cape Godさん
2016年7月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

総合20点 ( ストーリー:20点|キャスト:60点|演出:50点|ビジュアル:60点|音楽:60点 )

 ベルイマン監督の作品は抽象的で芸術的な作品が多く分り辛い。そしてこの作品も難解で、自分は特に宗教に対して信心深くもないから余計に入ってこない。途中からはもうどうでもよくなっていた。
 観念的で芸術的で文芸的で高尚な作品ではある。でもそれが面白いかというと、ちっとも面白くは無い。はまる人にははまるだろう。でもこの演出でこの主題を楽しめる日本人は少ないのではないだろうか。冒頭で死神とチェスをするというのは面白いし、そこを中心に死神とのやりとりを膨らませてくれれば楽しめたかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God

2.5

高峰さん
2015年5月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
高峰

2.0ユーモアあふれる死神

2015年1月28日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

難しい

十字軍の遠征から帰還した男に死神のお迎えが来た。本人はそう思うのだが、死神からすれば「ずっと隣にいた。」らしい。そう、死はいつでも誰にとってもすぐそばにあるのだ。チェスの勝負で猶予を与えるかどうかの賭けに応じてくれるこの死神は、ずいぶんと人間味あふれる死神だ。教会の懺悔の部屋に潜んで、男のチェスの手をまんまと聞き出したりと、なかなか笑いのツボを知っている。
 陰鬱な映像が多い中で、明るい光に満ちているのは旅芸人の夫婦とその子供が出てくる場面である。映画の登場人物たちのうち生きる喜びがあふれているのはこの家族だけであることが、その光りによって象徴されている。
 男は最期のときに、この家族を死神の手から逃がすための時間稼ぎに成功する。満足げな表情を浮かべて死神に連れていかれるのだ。
 しかしこの死神は最後まで人情派である。男が人生の最後に自分の存在意義、生きることの素晴らしさを知ることになるのはこの死神のおかげなのだ。チェスの勝負はもとより、他の登場人物の死期まですべてこの死神の手の内にある。死期を悟った男に自分こそが旅芸人一家を助けたと思わせることも死神の心憎いばかりの筋書きではないだろうか。
 ここは死神の労をこそねぎらってもらわねば。

 この作品でもスターウォーズに影響を与えたと思われる演出が見られた。言うまでもなく死神のコスチュームであり、その頭巾の中で鼻と顎の輪郭だけが浮かび上がるシーンである。この演出はシスの暗黒卿、すなわち皇帝に用いられている。でも、本当のところはどうなのだろう?ジョージ・ルーカスに誰か聞いてくれないだろうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よしただ

3.5中世は怖い

2013年8月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古泉智浩
「第七の封印」の作品トップへ