劇場公開日 1965年12月11日

「海中大作戦!」007/サンダーボール作戦 近大さんの映画レビュー(感想・評価)

3.215
7%
43%
39%
9%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0海中大作戦!

近大さん
2020年5月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

シリーズ4作目。1965年の作品。

NATOの爆撃機がハイジャックされ、搭載していた原爆2基が奪われた。
程なくして、1億ポンドを要求。受け入れられない場合は、イギリス及びアメリカの主要都市に原爆を投下するという。
この恐るべき計画を実行したのは…

前作は諸事情で未登場だったスペクター、再び!
これまで幾度もボンドに阻止され、いよいよNo.2を投入!
大柄で眼帯姿が印象的なラルゴ。
ただふんぞり返ってるだけじゃなく、潜水して自ら指揮を取るなど意外や行動派。
プールにサメを買っており、無能な部下はプールに落としてサメに食わせる冷酷さ。
演じたアドルフォ・チェリも存在感たっぷり。

00エージェント全員に召集が掛けられ、未曾有の危機に対する。
ボンドは手掛かりを基に、バハマはナッソーへ。
原爆捜索、そして危機を未然に防ぐ事は出来るのか…!?
作戦名は、“サンダーボール”!

美しい南国や蒼い海原。
そこで繰り広げられる、シリーズ初の水中アクション!
要所要所、そしてクライマックス…水中に掛けて言うなら、文字通りの“息詰まる”攻防戦!
迫るサメはリアルにスリリング。(ショーン・コネリーも撮影中、襲われそうになったハプニングがあったとか)(明らかにサメに実際に危害を加えているように見え、あれ、当時問題にならなかったのかな…?)
疾走する船でのボンドvsラルゴの決戦はハラハラ迫力。
アクションもスケールもこれまでで最大。
トム・ジョーンズによる主題歌もお聴き逃し無く。

ボンドガールはタイプの違う2人。
爆撃機パイロットの妹、ドミノ。ラルゴの情婦であったが、兄が殺された事を知り復讐する正統派。クローディーヌ・オージェが魅力的。
殺し屋フィオナもある意味ボンドガールと言って差し支え無いだろう。ボンドと寝た女は天国の快楽を味わって改心するが、最期まで悪女。こちらルチアナ・バルッツイは魅惑的。

アカデミー視覚効果賞受賞。次受賞するのは、2012年の『スカイフォール』(主題歌賞・音響効果賞)までナシなのだから、いやはや長かった!

シリーズ王道とでも言うべき作品で、エンタメ度も非常に高い。
降板したショーン・コネリーが1983年にラブコールに応え、番外編『ネバーセイ・ネバーアゲイン』としてリメイクされたほど。
まさしく、シリーズ絶頂期の痛快作!

またしてもボンドに計画を潰されたスペクター。
次作は遂に、No.1ことブロフェルドが動き出す。
しかも、ここ日本で!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
近大
「007/サンダーボール作戦」のレビューを書く 「007/サンダーボール作戦」のレビュー一覧へ(全15件)
「007/サンダーボール作戦」の作品トップへ