スーパーマリオ 魔界帝国の女神

劇場公開日

スーパーマリオ 魔界帝国の女神
15%
36%
33%
8%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ファミコン・ゲームの人気キャラクターが、地底恐竜都市で大活躍をするファンタジー・アクション。監督は「D.O.A.(1988)」のコンビ、ロッキー・モートンとアナベル・ヤンケル。製作は「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のエグゼクティヴ・プロデューサー、ジェイク・エバーツと「シティ・オブ・ジョイ」の監督・製作のローランド・ジョフィ。脚本は「ミステリー・デイト」のパーカー・ベネットとテリー・ランチ、「ビルとテッドの地獄旅行」のエド・ソロモン。オリジナル・デザインは任天堂の宮本茂と手塚卓志。撮影は「パワー・オブ・ワン」のディーン・セムラー、音楽は「永遠に美しく…」のアラン・シルヴェストリが担当。主演は「フック」のボブ・ホスキンス、「心の旅」のジョン・レグイザモ、「ミッドナイト・ヒート」のデニス・ホッパー。他に、「ディス・イズ・マイライフ」のサマンサ・マシス、「マイ・レフトフット」のフィオナ・ショー、「運命の逆転」のフィッシャー・スティーヴンス、「ストレンジャー・ザン・パラダイス」のリチャード・エドソンらが共演。

1993年製作/アメリカ
原題:Super Mario Bros.
配給:日本ヘラルド映画

ストーリー

6500年前、現在のニューヨーク周辺。巨大隕石の落下によって、恐竜世界と人間世界が2つに引き裂かれ、絶滅したと思われていた恐竜は進化し、独自の世界を地下に作りあげていった 。そして現代、ニューヨーク、マンハッタン。その地底には人間に似た姿形を持つ爬虫類たちが生き続ける恐竜帝国ダイノハッタンが存在し、そこを支配する魔王クッパ(デニス・ホッパー)は、地上に逃亡したプリンセスが持つクリスタル石を狙っていた。その石には人間世界と恐竜帝国を融合する力が備わっているのだ。ブルックリンで配水管エグ を営むマリオ(ボブ・ホスキンス)と弟ルイージ(ジョン・レクイザモ)は、ルイージがひと目惚れした考古学を専攻するデイジー(サマンサ・マシス)と、マリオの恋人ダニエラと共に楽しく食卓を囲んでいた。それを遠くからクッパの手下イギー(フィッシャー・スティーヴンス)とスパイク(リチャード・エドソン)が見つめていた。それはデイジーこそがクッパの反乱を逃れたプリンセスであるからだった。デイジーに間違われたダニエラが誘拐され、次いで化石発掘現場でデイジーがイギーとスパイクにさらわれた。マリオとルイージは恐竜帝国と地上とを結ぶトンネルへ2人を助けるため飛び込んだ。マリオとルイージは不気味な爬虫類たちが歩くダイノハッタンにたどり着いた。2人が帝国に侵入したことを知ったクッパは、親衛隊のグンバ軍団を操り、マリオとルイージを追う。デイジーのクリスタルはルイージが持っていたのだ。囚われの身となったデイジーは赤ちゃん恐竜ヨッシーの力を借りて、クッパの愛人レナ(フィオナ・ショー)に立ち向かう。レナはクッパを裏切り、クリスタルを使って王位に就こうとするが、レナはクリスタルの力を使えずに死んでしまう。デイジーとルイージはダニエラたちを助け、クッパとマリオが闘っているところへ取って返す。マリオは武器ボムを使い、クッパをやっつけ、街に平和が戻った。キノコの姿にされていたデイジーの父は元の姿に戻るが、デイジーは街に残り、マリオとルイージは再び配管エグ に。数日後、2人の前に現れた戦闘服姿のデイジーが叫ぶ。「またあの世界が大変」と。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5Trust the fungus. マリオ関係無しのドタバタコメディ。

アキ爺さん
2020年4月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
アキ爺

0.5デニス・ホッパーの役者魂!??

2020年1月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

単純

寝られる

お正月はユックリと家で、映画でも観よう。

2019年、劇場鑑賞での観納めがD・ホッパーの「ラストムービー」だったこともあり、今年は所有DVD/Blu-rayから彼の出演作品の映画を観初めて。

丁度、Netflixに本作が配信されていたので箸休め程度に興味本位で鑑賞してみた。

クッパってマリオに構ってもらいたくて、その為に毎度ピーチ姫を拐ってマリオと遊んでいて、そんなマリオは学習能力が無いのか?毎度ピーチ姫を拐われて、壮絶な死と隣り合わせの如きクッパの遊びに付き合わされている。って、個人的解釈。

大の大人達が皆で集まって、こんな映画を撮ってしまい金の為とは言えどD・ホッパーまで参加してしまう為体にガッカリよりも、メチャクチャ過ぎて前にも増してD・ホッパーを好きになってしまう。

本作のレビューになっていないレビューですが、まぁ☆の数を見てもらえれば!?

この勢いで「ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀」でも観ようか!?

いや、D・ホッパー続きで「インディアン・ランナー」にしておこう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

3.5※ロクでもない感想です※

2019年6月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Twitterから映画感想を移行中のでんでん

5.0ゲ-ムの思い出をメタルに掘り起こして

さん
2019年4月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

幸せ

見た瞬間からスーパーマリオでした。設定やゲーム内の事がジョフィ流にかみ砕かれて盛り込んであります、ほらほらよく見て思い出して?!
笑いあり突っ込みあり、兎に角面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
魳
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」以外にこんな作品をCheck-inしています。