白い酋長

劇場公開日:

白い酋長

解説

フェデリコ・フェリーニが1952年に発表した単独監督デビュー作。新婚旅行でローマにやって来た若い夫婦。妻ヴァンダは連続活劇「白い酋長」のスター俳優リヴォリの熱烈なファンで、密かに彼に会うことを楽しみにしていた。夫の隙を見てスタジオを訪れた彼女はリヴォリと念願の対面を果たし、さらに撮影現場まで同行することになり……。フェリーニの公私にわたるパートナー、ジュリエッタ・マシーナが娼婦カビリア役で出演。「情事」の監督ミケランジェロ・アントニオーニが原案。フェリーニ生誕100年を記念した「生誕100年フェデリコ・フェリーニ映画祭」(2020年7月31日~8月20日=東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか)にて、4Kデジタルリマスター版で日本劇場初公開。

1952年製作/85分/イタリア
原題:Lo sceicco bianco
配給:コピアポア・フィルム

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る