「『シェーン』~一篇の叙情詩に組み込まれた活劇」シェーン 細谷久行さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「シェーン」 > レビュー > 細谷久行さんのレビュー
メニュー

シェーン

劇場公開日 2016年4月9日
全24件中、23件目を表示
  •  
映画レビューを書く

『シェーン』~一篇の叙情詩に組み込まれた活劇

わたしは西部劇をあまり観ないし食指も動かない。それには幾つかの理由がある。先住民への偏見、汗ににじんだ男臭さ、頻繁にみられる暴力シーン。もともとアメリカには「男らしさ」を美徳とする風土があるが、それにしても殴り合いなどのシーンが多すぎると思う。しかしそれらを差し引いても観たいと思う西部劇が幾つかある。『シェーン』もそのひとつだ。
注目すべきはこの映画がシェーンを少年ジョーイの目を通して進行する事、美しいワイオミングの山なみを背景に流れる叙情的なテーマ音楽の素晴らしさだ。

シェーンと名乗る流れ者がふとしたきっかけで開拓農民の小屋に寄留することになる。おりしも近隣の開拓農民たちは悪徳牧畜業者のライカー一族に立ち退きを迫られていた。そのために嫌がらせもうけていた。この無体な要求にシェーンは小屋の主ジョー・スターレットの力になろうと心に決める。いっぽう少年ジョーイは端正で銃の名手でもあるシェーンに強く憧れるようになる。

開拓農民たちが連れ立ってライカーの店に買い物に行く。そこで難癖をつけられ殴り合いとなる。思うにこれはやり過ぎではないか。

独立祭の日、開拓農民たちは祝祭とともにダンスに興じる。シェーンはジョーの妻マリアンとダンスをする。このときすでにシェーンとマリアンはほのかに魅かれあっていたのではないか。

数日後、開拓農民のひとりが、ライカーに呼び寄せられた、名うての殺し屋ウイルスンにあえなく殺される。この報に開拓農民のうちに動揺が広がり土地を捨てようと言い出す者がでる。義憤を覚えたジョーはライカーの酒場に死を覚悟でひとり乗り込もうと決意する。しかしこれは罠であった。シェーンに、改心したクリスが密かに知らせたのだ。そこでシェーンは妻子あるジョーを格闘のすえ殴り倒し自分が身代わりにライカーの酒場にむかう。ジョーイ少年が後を追う。

天性の早撃ちでシェーンはライカー一族を葬り去る。このガン・ファイトは類ない見せ場であり映画史に残ると思う。一段落ついたシェーンは馬に跨り再び当てもない旅に出ようとする。シェーンへの憧れが極まったジョーイは留まるよう懇願するが諭される。それでも諦めきれないジョーイの呼びかけ声は山々にこだまする。
         「シェーン!カムバック!」

細谷久行
さん / 2014年3月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi