「駄作と傑作は紙一重」ゴッドファーザーPARTII mark108helloさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ゴッドファーザーPARTII

劇場公開日 1975年4月26日
全39件中、13件目を表示
  •  
映画レビューを書く

駄作と傑作は紙一重

映画としての構造の素晴らしさが無かったら0.5の評価だ。素晴らしい映画はその難解さをもってしても映像の迫力で眠気などは誘わないものだ。この作品は映像にする意味があったのか疑問。小説としてならドストエフスキー並の作品だが映像の緊張感は役者によって支えられているだけ。映像の美しさは感じなかった。映画はもっとシンプルで絵的に美しくあるべきだ。絵的に美しくあったうえで構造の複雑さを追及してほしい。

mark108hello
さん / 2017年8月2日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報