劇場公開日 1975年4月26日

「父と子。残酷な運命の対比。」ゴッドファーザーPARTII シネマばかさんの映画レビュー(感想・評価)

4.145
45%
42%
12%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0父と子。残酷な運命の対比。

2017年1月1日
Androidアプリから投稿

泣ける

知的

悲しい

ゴッドファーザーはpartⅡまででひとつの作品と考えている。
父ヴィトのサクセスストーリーと息子マイケルの孤独を深めていく過程が見事な対比で構成されており悲壮感を一層深めているからだ。
親子の運命を分けたものはいったい何なのだろう?
答えは観る度に少しずつ変わっていく。
この奥深さが何度も観てしまう理由のひとつだ。

そして、個人的にはファミリーの相談役・トムの絶妙な立ち位置も見所。
partⅠではドンの意思を汲み取り、ソニーの暴走を抑え、partⅡではマイケルの苦悩を見守りサポートする見事なNo.2ぶりを見せている。
もちろんアル・パチーノ、デ・ニーロの演技も圧倒的❗

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
シネマばか
「ゴッドファーザーPARTII」のレビューを書く 「ゴッドファーザーPARTII」のレビュー一覧へ(全45件)
「ゴッドファーザーPARTII」の作品トップへ