劇場公開日 1952年10月9日

「死に直面した時の人間の在りようの難しさをひしひしと感じた。鬼気迫る...」生きる(1952) tsumumikiさんの映画レビュー(感想・評価)

4.137
47%
41%
9%
1%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0死に直面した時の人間の在りようの難しさをひしひしと感じた。鬼気迫る...

2019年2月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

死に直面した時の人間の在りようの難しさをひしひしと感じた。鬼気迫る志村喬の目つきが怖かった。所詮死んでいく気持ちは自分自身でしか分からないものであり取り巻く人々は自分の都合のよい解釈を後づけで語る。時間の経過とともに存在していたことはいずれ消え去ると思うと「生きる」という切なさが募った。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki
「生きる(1952)」のレビューを書く 「生きる(1952)」のレビュー一覧へ(全37件)
「生きる(1952)」の作品トップへ