「全然、古びてない」グレムリン 万年 東一さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「グレムリン」 > レビュー > 万年 東一さんのレビュー
メニュー

グレムリン

劇場公開日 1984年12月8日
全26件中、14件目を表示
  •  
映画レビューを書く

全然、古びてない

大人が観ても新鮮で子供向けのようで人は殺すし残忍過ぎる性格のグレムリンが楽しいし映像もショボくなくて寧ろ今の時代だからこそ新しい。

映画館で白雪姫を観ているグレムリンの群れなんか最高だし刑務所を抜け出した囚人みたいだ。

とにかく素行の悪さが逆に愛らしくて気持ち悪いよか可愛く思えてくるキャラが堪らない。

良い子過ぎるギズモも可愛いケド。

元の飼い主に謝る前に主人公家族は町全体に謝罪しなければならないし多大なる損害を与えているのにラストのホノボノとした感じは何か腹が立つし死人も出てる訳で罪は重い。

親父の発明に文句一つ言わない健気な奥さんがグレムリンを一人で三匹も退治する逞しさ。

幼稚園児から小学低学年の子供たちに観せるべき映画だし80年代のアメリカ映画はそんなんがゴロゴロある。

とにかくモグワイとグレムリンのデザインキャラが素晴らしく永遠に廃れないでしょう。

万年 東一
さん / 2017年2月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報