暗くなるまで待って

劇場公開日

14%
68%
16%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ブロードウェイで大ヒットとなったフレデリック・ノットの舞台劇をロバート・キャリントンの夫妻が脚色し、「トリプルクロス」のテレンス・ヤングが監督したサスペンスもの。撮影は「シャレード」のチャールズ・ラング、音楽は、「いつも2人で」のヘンリー・マンシーニが担当している。出演は「いつも2人で」のオードリー・ヘップバーン、「アメリカ上陸作戦」のアラン・アーキン、「砲艦サンパプロ」のリチャード・クレンナ、エフレム・ジンバリスト・ジュニア、サマンサ・ジョーンズなど。

1967年製作/アメリカ
原題:Wait Until Dark
配給:ワーナー・ブラザース・セブン・アーツ

ストーリー

カナダからニューヨークに帰る途中に知り合った女から、夫のサムが人形を預かって来たことで、盲目の妻スージー(オードリー・ヘップバーン)は、思いがけない事件にまきこまれていった。サムもスージーも知らないことだったが人形の中には、ヘロインが縫いこまれていたのだ。そのヘロインをとり戻すべくマイク(リチャード・クレンナ)、カルリーノ、そして犯罪組織のリーダーであるロート(アラン・アーキン)の3人が、スージーのアパートに集まった。部屋中探しまわったが、人形は見つからなかった。そこへスージーが帰宅したが、盲目の彼女は、3人がいることに気がつかなかった。その翌日、妙な予感からスージーが止めるのもきかずに、サムはニュージァージーに仕事に行った。サムが出ていって間もなく、スージーはサムが煙草の火を消し忘れていったのが煙を出して、見えない彼女は恐怖から大声で叫んだ。そこへマイクがサムの海兵時代の仲間といつわって入って来て、火を消しとめ、人形のあり場所をと思ったが、いつもスージーの手伝いをしてくれる、グローリアという少女が入ってきたので、引き上げざるを得なかった。しばらくしてグローリアが買物に出たあと今度はロートが初老の男に化けて現れ、自分の息子の妻がよその男と不貞を働いているらしい。その相手がどうもサムらしいといい、不貞の証拠を探すふりをして部屋中をかきまわしたが、やはり人形はみつからなかった。そこへ再びマイクが忘れ物をしたという口実で入ってきて、乱暴者を送り出してやろうと警察に電話をした。だが、呼ばれて入ってきたのは警官をよそおったカルリーノだった。いったん外に出たロートは今度は、老人の息子として再び入ってきて、サムがもし人形を持っていたら、サムの命は危ないとスージーを脅した。ロートが帰ってからスージーはマイクに、確かにサムが人形を持って帰ってきたが、それがどこにあるのかを自分は知らないと話した。マイクはもしスージーが人形を探したら、サムの安全は守ると言った。マイクが帰って間もなくグローリアが買物から帰った。彼女の腕には問題の人形が抱かれていた。スージーは喜んでマイクにそのことを知らせたが、その直後、自分は3人にだまされているのだということに気づいた。スージーはサムへの連絡をグローリアに頼み、自分は警察に電話をした。だが、電話線はすでに切られていた。1人残された自分を守るためスージーは部屋の明かりを、次々と壊していった。やがて3人はやって来たが3人は仲間割れを起こしており、カルリーノとマイクはロートに殺されてしまった。闇の中でスージーはロートと対峠。スージーが消し忘れた冷蔵庫の灯りをたよりに迫った。だが、その時、サムと警官たちがなだれこんできた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第25回 ゴールデングローブ賞(1968年)

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) オードリー・ヘプバーン
最優秀助演男優賞 エフレム・ジンバリスト・Jr.
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像「ヤドカリ」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 封印映像「四角い跡」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 死霊の罠
  • 死霊の罠2 ヒデキ
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 復活編」【TBSオンデマンド】
  • オーディション
  • レザーフェイス 悪魔のいけにえ
  • 封印映像38
  • ジェーン・ドウの解剖
  • フェノミナ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

4.0「Wait Until Dark」見事なネーミング

2019年12月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

クレバーなプロット。だれない演習。ヘップバーンの好演。ドキドキハラハラでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

4.0ヒッチコックが悔しがったに違いない

あき240さん
2019年3月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

オードリー・ヘプバーン38歳
美しい、見とれてしまう
それなりに歳を重ねて全盛期の張りのある若さは失われているのは否めない
しかし、歳相応の大人の女性の美しさがある
超アップに耐えるどころかいつまでも見つめ続けていたいほど
その美しい顔が、盲目で困惑したり恐怖で歪む
か細い身体と相まって庇護したい
なんとか助けたいとの思いで画面に釘付けにされてしまう
その為衣装も体の細い線を強調したセーターとパンツルックを纏う
身体のラインはいささかも崩れてはいないのを誇示している
クライマックスのシーンではパンツをスカートに 履き替えさせてより無防備さ弱者さを強調している
監督の狙いは大成功しており、その意図をオードリー・ヘプバーンの素晴らしい演技が見事に達成に導いている

その他にもアラン・アーキン演ずる悪役が凄まじい
普段は至って余裕で平静
一人三役まで演じてみせる
しかし、クライマックスになってナイフをもった時に爆発的に恐ろしい本性をみせる
オードリー・ヘプバーンの足をつかむシーンには飛び上がった
すばらしいモンスター級の悪役の造形だ
現代の目から見るとありがちかも知れないが当時としては観客が初めて見るモンスターではなかったのではないだろうか

元は舞台劇だけにほとんど主人公のアパートの一室の内部だけで物語が進行する
そして主人公が盲目の女性という設定
ヒッチコックが悔しがったに違いない
暗くなるまで待ってという題名の意味がそうであったのか!と盲目と狭いアパートという設定が見事に活かされているからだ
利用される小悪党の二人組を自分ならもっとユーモアとウイットを効かせるのにと思ったかも知れない

もっと評価されても良い良作だ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.5思わず2回観賞‼️

たかさん
2017年10月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

犯人グループのリーダーのロートという人物が残酷に描かれていてすごく怖いかった‼️アランラーキンという俳優を初めて知ったけどすごい演技力だと感じた‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たか

3.0オードリー、危機一髪!

2016年1月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

怖い

単純

か弱き女性が圧倒的に不利な状況で凶悪犯に立ち向かうサスペンス&アクション映画は数あれど、盲目と言うハンディキャップを抱えた主人公を演じるのが、世界中の映画ファンから愛され続けたオードリー・ヘップバーンと来れば、応援する方も力の入り具合がまた違った。
元々は舞台劇だったからなのか、全編にそれほどショッキング的な描写がないので、若い女性でも安心して見ることが出来ます。
今なら多少ホラーの要素をブチ込んで来ないことには、観客は決して満足しないだろうが、恐怖に怯えるオードリーの表情は悶絶に値する。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みつまる。
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る