劇場公開日 1985年8月31日

「カンボジア内戦、クメール・ルージュ(ポルポト派)の悲惨さをカンボジ...」キリング・フィールド キッスィさんの映画レビュー(感想・評価)

3.86
23%
56%
21%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0カンボジア内戦、クメール・ルージュ(ポルポト派)の悲惨さをカンボジ...

2017年7月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

カンボジア内戦、クメール・ルージュ(ポルポト派)の悲惨さをカンボジア人ジャーナリストとアメリカ人ジャーナリストの友情を軸に描いていく。

まず、ポルポトが虐殺したのは知っているものの、そこに至るまでの経緯や対立構図などが分かっていないとこの話はなかなか入ってこない。

ポルポト兵士はまだ思想的に純粋な10代ばかり。社会を見てないだけに洗脳するには容易いことなのだろう。

経済援助が打ち切られることを見越して、地方で農業させられている人々。その人々に紛れ、カンボジア人のプランはひっそり生活するが、うまくすり抜けながら逃れて隣国へと脱出し、アメリカ人ジャーナリストのシドニーと劇的な再会をする。

日本人の平和ボケを再確認させられた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キッスィ
「キリング・フィールド」のレビューを書く 「キリング・フィールド」のレビュー一覧へ(全6件)
「キリング・フィールド」の作品トップへ