キャット・ピープル(1981)

劇場公開日

0%
25%
67%
8%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

現代のニューオリンズを舞台に猫族という数奇な運命を背負ってこの世に生まれた美しい娘の禁断の恋を描くファンタスティック・ホラー映画。42年にRKOが製作した同名映画のリメイク。製作総指揮はジェリー・ブラックハイマー、製作はチャールズ・フライズ、監督は「アメリカン・ジゴロ」のポール・シュレイダー。ドウイット・ボディーンの原作を基にアラン・オームズビーが脚色。撮影はジョン・ベイリー、音楽はジョルジオ・モロダーが担当。主題歌の歌詞をデヴィッド・ボウィが作り自ら歌っている。出演はナスターシャ・キンスキー、マルコム・マクドウェル、ジョン・ハード、アネット・オトゥール、ルビー・ディー、エド・ベグリー・ジュニアなど。

1981年製作/98分/アメリカ
原題:Cat People
配給:ユニヴァーサル=CIC

ストーリー

アイリーナ・ガリエ(ナスターシャ・キンスキー)は、別々に育った兄ポール(マルコム・マクドウェル)を訪ねて、ニューオリンズにやって来た。空港でポールの迎えを受けた彼女は喜びと新しい生活への期待で胸をふくらませた。フィマーリ(ルビー・ディー)という女性が面倒をみるポールの家は、なぜか謎に満ちた雰囲気が漂っていた。その夜、1人の娼婦がフレンチ・クォーターで黒豹に襲われ、翌日ニューオリンズ動物園から園長のオリヴァー(ジョン・ハード)、助手のアリス(アネット・オトゥール)、係員のジョー(エド・ベグリー・ジュニア)がかけつけ、オリヴァーが捕獲に成功する。その日、街を見学に出かけたアイリーナは、無意識のうちに動物園の黒豹の檻の前に来た。夜、黒豹をスケッチしている彼女を見かけたオリヴァーは、彼女と食事を共にし、売店の仕事を世話した。ある日、捕えられていた例の黒豹にジョーが腕を喰いちぎられる。その場に居あわせたアイリーナは、それがポールであることに気づく。オリヴァーが銃殺しようとした時、すでに檻は空だった。アイリーナの部屋へやってきたポールは、彼女がオリヴァーを愛し始めていることを嫉妬しつつ自分たちの猫族(キャット・ピープル)としての呪われた運命を言いきかせた。人間を愛した時は、その相手を喰い殺さねばもとの人間に戻ることはできない…と。迫るポールを拒否するアイリーナ。街では黒豹による被害が再び起き、警察はポールの家を捜索し、黒豹が飼われていた檻を発見した。オリヴァーの家に避難していたアイリーナを追って現れるポール。やがてオリヴァーとアリスによって彼は殺される。愛する人を殺しかねない恐怖からアイリーナは1人旅に出るが、忘れられず戻ってき、オリヴァーを訪れ処女を捧げる。1度豹に変身するが、オリヴァーを殺すことなく去った。2人の思い出の場所である釣り小屋へ向かったオリヴァーは、予想どおり彼女を見つけ、手足をベッドに縛ると彼女を抱いた。その後、動物園を巡回中のオリヴァーは、黒豹の檻の前に立ちすくみ、その豹をみつめた。一瞬、目と目が合う。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第40回 ゴールデングローブ賞(1983年)

ノミネート

最優秀作曲賞 ジョルジオ・モロダー
最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0あれもこれもやりたいことが一杯で未整理のまま撮ったとしか思えない

あき240さん
2019年9月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

厳しい
監督自体が何をテーマとするのか、何を撮りたいのか考え抜かず未整理のまま撮られた作品のように感じる
キャットピープルと名の付く作品は本作を入れて3作あり、本作はその最初の作品のリメイクという触れ込みだが内容はほとんどオリジナルだ
基本、豹に変身する人間を巡るホラー映画だ
しかしグロテスクなシーンもあるものの、それはメインではなく、どちらかといえばエロスだ
しかしそのエロスもふらついて、豹人間のヒロインを主人公に描くのか、動物園園長を主人公としてヒロインを女性の理想として崇める物語とするのか、定まらない
ホラーなのか、エロスなのかもも定まっていない
その両方を狙ったにしてもどちらも中途半端なのだ

救いはナスターシャ・キンスキーを主演に配役していること
そうでなければ悲惨な結果になったろう

彼女21歳、
テスの時は18歳で本作とはたった3年しか違わないが、唇と頬に膨らみがあり、腰から尻に女らしい曲線が見られるようになった
しかし細い腰、薄い胸は同じだ
処女という設定に全く違和感のない容姿を保っている
しかも女性としての性を意識する膨らみと曲線がその処女性のある肢体の中に熱く閉じ込められている様を見せてくれる

ざっくりしたセーターを突き上げる小さく尖った乳房や、カニ釣りでカメラに向けてつきだす丸い尻は監督の意図したエロスだろう
クライマックスの緊縛しての性交も狙ったに違いないシーンだ

しかしそれは徹底していない
彼女の魅力を引き出すなら、相手役の兄や園長はもっと身長のある男優を配役して、彼女をより小柄に見せるべきだ
髪の毛もショートカットはキュートでも必然性はない
劇中にダンテの神曲の一節をだして、ダンテに取ってのベアトリーチェのような、男を惑わす運命の 女を演出するなら、何故ロングヘアでなくショートカットにさせたのか疑問だ
豹女としての野性味をだしたいからだろうが、それではどちらをとるのかブレている

舞台をニューオーリンズという異国情緒のある街に設定したのは成功だ
豹女というホラーが良く似合った
観光名所のフレンチクォーターを歩かせたり、バイユーでボートに乗ってボートハウスに行かせたり、クレオールのメイドに名物のガンボ料理を振る舞わせたりも良い

しかし近親相姦の設定は不要だし、アフリカのシーンも不要だし、クレオールのメイドもそんなに登場させる必要があったのか

あれもこれもやりたいことが一杯で未整理のまま撮ったとしか思えない

エンドクレジットで漸くかかるデヴィッド・ボウイの主題歌もつまらないし、使う意味もない

ナスターシャ・キンスキーのエロス
ニューオーリンズの街並
ジョルジオ・モロダーの音楽

この三つでオマケしてやっと星3つとするしかない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.0ナターシャ・キンスキー!

neonrgさん
2015年7月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

寝られる

ナターシャ・キンスキーの裸が見れます。
豹への変身シーンも◯。
あとは・・・、とにかくよく寝れました。
イカしたシンセとデビット・ボーイの歌で加点
総合60点。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
neonrg
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「キャット・ピープル(1981)」以外にこんな作品をCheck-inしています。