「カッコイイとは、こういうことさ。」カサブランカ syu-32さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

カサブランカ

劇場公開日 1946年
全20件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

カッコイイとは、こういうことさ。

思わず「紅の豚」のキャッチコピーをレビュー・タイトルに書いてしまいましたが、この映画にもぴったり! そのまま当てはまると思います。
画面から溢れ返りそうなほどのダンディズムが堪りません。それをあくまでも自然体な演技で表現しているハンフリー・ボガートが、渋い、渋過ぎる! まさに“男が惚れる男”と言いましょうか! 全ての紳士諸君が見習わなければならないだろう要素が、存分に詰まっているのではないでしょうか?(ホンマかいな…(笑))
「君の瞳に乾杯」というあまりにも有名な名台詞とともに語り継がれる名作です。翻訳史上最高の名文・名訳ではないでしょうか。

突然消えた恋人と偶然再会したリック。かつて情熱的に愛し合ったその女性は、ナチス・ドイツへ抵抗するレジスタンスのリーダーを名乗る夫を連れていました。
それでもリックは今でも深く愛する女のため、自らの人生を懸けて、そのリーダーと共に国外逃亡する手助けをしようと奮闘します。
アメリカへ渡るためには必ず通らなければならない、カサブランカというこの作品の舞台が、悲しいメロドラマにスリルの妙味を与えてくれています。
追手の追撃をかわしながら、ニヒルな魅力を振りまくボガートと、可憐な美しさの中に、芯から出て来る強さを秘めたイングリッド・バーグマンがとても煌びやかです。映画史上に残る名カップルだなと感じました。
ハードボイルドとは“痩せ我慢”のことなのだ、とその美学の神髄を教えられるような、色褪せない魅力たっぷりの名画だと思います。

syu-32
さん / 2018年5月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi