「虹を超えなくても」オズの魔法使 awahiraさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

オズの魔法使

劇場公開日 1954年12月25日
全11件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

虹を超えなくても

少女が不思議な世界へ迷い込みます。

大方の人はあらすじを知っているだろう、寓話を元とした名作。挿入歌over the rainbowも有名。

80年前とは思えないメイク、映像の美しさであり、全盛期(かはわからないけど)における映画の良さを感じられる。内容的に子供向けではあるのだけれど、メッセージは普遍的であり、あったかい気持ちになれるので大人にも勿論おすすめ。

自己認識と真実は必ずしも一致しない、思い込みから抜けるためには、それを指摘してくれる仲間や第三者が必要。

awahira
さん / 2017年12月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi